御社では新商品開発にどれぐらい力を入れていますでしょうか?
 
 
先日、アイリスオーヤマについての記事を読みました。
 
 
発売する商品の6割が新製品だそうです。
 
イノベーション
 
 
なぜそんなに新商品を開発できるのでしょうか?
 
 
お客様の不満点から商品開発がスタートしますが
 
 
会議を進めているうちに、上司の意見が反映され過ぎて
 
 
もとのお客様の不満点という部分が軽くなっていく
 
 
という課題があったそうです。
 
 

 
 
それから会議の仕方を見直したそうです。
 
 
読んでいて感じたのは
 
 
誰でも発言しやすい環境を整えている
 
 
ということでした。
 
 
 
新商品開発には、コミュニケーション能力の高さが必要だと
 
 
私は考えていますので、とても納得いく仕組みでした。
 
 
私が推奨する、「デザイン思考」のプロセスを活用した
 
 
新商品開発もコミュニケーションが決め手になります。
 
 
 
 
特にデザイン思考に関わらずアイデア抽出によく用いられるのが
 
 
ブレインストーミング
 
 
ブレインストーミングとは
 
 
アイデア出しの手法で、以下のルールがあります。
 
・批判はしない
・あり得ないぐらいの自由な発言を歓迎する。
・質より量が大切
・他の人のアイデアに乗っかることも歓迎
 
このように、思い切ったアイデアをどんどん発言することにより
 
新しいアイデアが創発されていくという手法です。
 
 
よく会社で発生する、否定・批判が禁止されているので
 
 
発言しやすい環境ができるのです。
 
 
 
 
あと「批判しない」ということとも近いと思いますが
 
 
「失敗を歓迎する」ってことも必要です。
 
 
失敗すると批判されると
 
 
失敗することが怖くなり
 
 
チャレンジしない組織になります。
 
 
新商品開発にはチャレンジが必要です。
 
 
そのチャレンジにも「デザイン思考」は有効です。
 
 
デザイン思考には”プロトタイプ””テスト”という
 
プロセスがあります。
 
 
 
デザイン思考では”小さな失敗”をいっぱい繰り返そう
 
という考え方があります。
 
 

 
 
プロトタイプ。
 
紙や紐などどこででも手に入るようなもので
 
簡単な試作を行います。
 
 
それで”テスト”を行うことにより
 
 
それの使い勝手などを実際に商品化する前に
 
簡単にテストします。
 
 
問題があっても、しっかり金型から試作するよりも
 
 
大幅にコストダウンできています。
 
 
だから気軽に失敗を繰り返すことができます。
 
 
ざくっとまとめると
 
新商品開発には
 
・発言しやすい環境
 
・失敗を歓迎する環境
 
を整えることが望ましいと感じています。
 
 
デザイン思考を取り入れてみませんか?
 
 
 
 
 
 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋