いま、採用したい社員に求めるスキルの第一位は
 
 
コミュケーション能力と言われています。
 
ストレス要因
 
 
皆さん自身はコミュケーション能力あると思いますか?
 
 
コミュケーション能力は自分のものは、
 
 
ほとんど正確に見えません。
 
 
職場の問題の多くが、人間関係から生まれるといわれているので
 
 
多くの方がコミュニケーション能力が低いと考えられます。
 
 
ただ、気づきにくいです。
 
 
同僚や部下のコミュニケーション能力の低さを指摘するが
 
 
自分のコミュニケーション能力は大丈夫と思っている方が多いです
 
 
そのようなことないですか?
 
 

 
 
ある記事に、職場内のコミュニケーションレベルが
 
 
低くなる要因は2つあると書いてありました。
 
 
一つは
 
プライドの高さ。
 
もう一つは、
 
気を使いすぎること。
 
 
だそうです。
 
 
確かに、言われてみると納得できますよね。
 
 
「プライドの高さ」は
 
 
「聴く力」を妨げます。
 
 
自分が正しいと考えてしまうと
 
 
相手の話は間違っていると前提で聴いているので
 
 
実際には頭に入ってきてないことが多いです。
 
 
そのため、相手は、話しても理解してないようだし
 
 
話しがいがないなと感じてしまいます。
 
 
そして、話さなくなります。。
 
 
 
「気を使いすぎること」
 
 
これは日本人っぽいですよね。
 
 
こんなこと言ったらいけないかな?
 
 
発言したら批判されるかもしれない。
 
 
発言したら責任をとらなきゃいけない。
 
 
などなど。
 
いろいろ気を使った結果
 
 
話さなくなります。。。
 
 
 
積極的に話す方が少なくなって、
 
 
職場内のコミュニケーションが表面的なものになります。
 
 

 
 
コミュニケーションが表面的なものになると
 
 
会議などでも、本当に重要な話し合いができません。
 
 
何か問題が起きても、報告されにくくなります。
 
 
仕事の生産性は落ちますし
 
 
問題の隠ぺいなども発生するかもしれません。
 
 
職場内の問題が蓄積されていくことになります。
 
 
そのため、コミュニケーションが重要であると
 
 
言われ続けていますが、
 
 
「プライドが高いこと」
 
 
であったり。
 
 
「自分のコミュニケーション能力は大丈夫と思い込んでいる」
 
 
ことから、改善される方向には進みません。
 
 
 
こういう状況に陥りがちですが、
 
 
皆さんはどのように改善しますか?
 
 
 
 
 
 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋