人材不足を補うために、働き方改革を進めようという動きが活発になっています。
 
副業解禁
 
 
どのようにしたら、従業員の方が辞めずに働いてくれるか。
 
 
その答えの一つがテレワーク、在宅勤務という働き方になっています。
 

 
子育て、もしくは介護などで
 
 
長時間家を空けられないという方には、
 
 
最適な働き方ではないかと思います。
 
 
 
ということで会社側も進めていますが、
 
 
実際に進んでいるのは、ほとんどが大企業だそうです。
 
 
中小企業で進んでいない理由は、テレワークに適した仕事が無いから
 
 
ということらしいです。
 
 

 
 
確かに、中小企業はもともと人が少ないということ。
 
 
そして、現場での作業など人に依存した仕事が多いということ。
 
 
があげられると思います。
 
 
 
ただ、それも、伝統的な思い込みで言われていることだと思います。
 
 
それよりもシステムの導入負担が大きいのではないかと思います。
 
 
 
町工場や飲食店など、現場に出なければならない人の
 
 
在宅勤務は難しいと思いますが、
 
 
事務や営業、開発などの仕事は
 
 
出社しなくてもテレワークなどで大丈夫だと思います。
 
 
VPSでセキュリティを確保したネットワークを組んで
 
 
ZOOMやスカイプなどテレビ会議システムを組む。
 
 
開発、営業、事務などのデータをクラウドで共有する。
 
 
などすれば、テレワークが可能になってくると思います。
 
 
おそらく、経営者と社員の意識の問題でしょう。
 
 
社員自身が、出社しなくても、出社する以上の成果を生み出そうという意識があるか。
 
 
経営者自身が、出社しない社員を信じることができるか。
 
 
などの意識がテレワークを進める上で必要になります。
 
 
その意識が壁になっているのではないかと思います。
 
 
 
壁になっているものが分かれば、その意識を育てるために
 
 
どんなステップを踏んでいくか考えるだけです。
 
 
テレワークの働き方はこれからどんどん広まっていくでしょう。
 
 
そして従業員側もそのような働き方ができるところを選んでいくでしょう。
 
 
だから、将来従業員が働きやすい環境を整えたいと考えるなら
 
 
言い訳を無くして、一歩ずつでも、何かを変えて行く取り組みが必要だと思います。
 
 
 
 
 
 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋