BCPという言葉を聞いたことがありますか?
 
ものづくり白書
 
「すでにBCPを作成している」というところもあるかもしれません。
 
 
BCPとは事業継続計画のことです。
 
 
東北大震災の時、頻繁に言われた感じがします。
 
 
被災した会社は、事業停止せざるを得ない状況でしたが
 
 
東北の企業から部品や材料を調達していた企業も
 
 
生産を停止に追い込まれました。
 

 
また、計画停電などで、思うように生産性があげられない状況になりました。
 
 
それ以降も日本は自然災害の多い国です。
 
 
熊本の地震もありましたし、大豪雨による浸水被害などもありました。
 
 
このような、不測の事態が発生しても、事業が続けて行けるように
 
 
事前に計画を立てておくものを事業継続計画、BCPといいます。
 
 
 
一旦作成したけど、それ以降見直ししてなかったというところも
 
 
多いのではないでしょうか?
 
 
不測事態もいろいろあるかと思います。
 
 
この前、ある集まりで議題にあがったのが、
 
 
社員が被災して、出勤できなくなった場合どうするのか?
 
 
1日や2日ではなく、1ヵ月、2ヵ月となった場合どうするのか?
 
 
給料を払うべきなのか?
 
 
その間、代わりの人材を採用した方が良いのだろうか?
 
 
などなど、
 

 
いろいろ意見は出ましたが、
 
 
これが絶対的な正解というものはありませんでした。
 
 
会社に体力が無ければ
 
 
やりたくてもできないという状況になります。
 
 
ただ、そういうときのために
 
 
BCPを作成したり
 
 
内部留保をためておくなど
 
 
日ごろから、不測事態が発生しても、うろたえないように
 
 
準備しておくことが必要だと思います。
 
 
何よりも重要なのは
 
 
会社が継続することだと思います。
 
 
会社が無くなると、社員の生活
 
 
お客様、地域など
 
 
大きな影響を及ぼします。
 
 
社員が被災する場合もありますように、
 
 
前日の大豪雨のように
 
 
会社が操業できなくなる可能性もでてきます。
 
 
そのような時、いかに早く復旧するか
 
 
その間、社員の生活をどのように守るか
 
 
顧客の信頼を失わないようにどうするか?
 
 
もし仕入先も被災しているなら
 
 
どこを代替の仕入れ先にするのか
 
 
などなど
 
考えることは多くあります。
 
 
考える範囲が広くて気が滅入りそうになりますが。。
 
 
普段から、社員の病気などのリスクもあります。
 
 
リスクマネジメントをしっかりしておくことをお勧めします。
 
 
 
 
 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋