最低賃金が徐々に上がっているそうですね
 
 
その状況に中小企業の悲鳴が上がっているそうです。
 
価格決定力
 
あまり最低賃金さえ守っていればいいわ
 
 
という考えの企業は少ないのではないかと思っていましたが
 
 
結構影響が大きいんですね。
 
 
ただでさえ人材不足状態が続いているから、
 
 
最低賃金では、人を集められないのではないかと思います。
 
 
別に最低賃金を上げる必要は無いのではないかなと思いますが
 
 
国が決めることなので。。。(;^_^A
 
 

 
 
逆に景気が悪くなった時、
 
 
大きな負担に乗っかってくるのではないかと思います。
 
 
 
来年からは消費税も上昇します。
 
 
売上の減少圧力とコストの上昇圧力が
 
 
同時にやってきます。
 
 
収益構造を今のうちから見直していく必要があります。
 
 
 
最低賃金の上昇などとなると、
 
 
真っ先に収益が悪化する懸念が生れるとおもいますが、
 
 
基本的にはそれを上回るぐらい、単価アップと販売量アップを狙うことを
 
 
優先してもらえれば、いいのではないかと思っています。
 
 
 
感覚的に、ある程度、歴史のある企業は
 
 
とても保守的な社風になっているように感じます。
 
 
外部環境の変化にコストダウンを優先的に行って乗り切ろうとします。
 

 
 
 
コストダウンも大切ですが、
 
 
それが長くなりすぎると、組織が疲弊します。
 
 
コストダウンもだんだん限界が近づいてきます。
 
 
売上を上げる方には上限がありません。
 
 
売り上げが下がり始めると、
 
 
リストラや事業規模を縮小して、じり貧になりながら乗り切ろうとしていませんか?
 
 
そして、最終的にはお金も使い切って
 
 
身動きが取れなくなる。
 
 
まだお金のあるうちに、新しい展開をしていれば
 
 
乗り切れていたかもしれないのに
 
 
と思う企業が再生支援をしていて多くあるように感じます。
 
 
最低賃金の上昇は、一見コストアップだけにしか
 
 
見えないかもしれません。
 
 
良い人材を集めたいと思うなら、あまり最低賃金を意識するよりも
 
 
集められる給料を支払うためには、どれだけ収益を増やす必要があるかを
 
 
考えていただければと思います。
 
 
 
 
 
 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋