中小企業では働き方改革について
 
 
検討中であるところがほとんどで
 
 
実施している会社はまだ一部だそうです。
 
強いストレス
 
 
働き方改革を取り組むにあたって障害になっているのが「人材不足」
 
 
「人手不足」だから、各社員の働く時間を減らすことができないということですね。
 
 
 
そして働き方改革を進めてない会社だから
 
 
人材を獲得できない。
 
 
そして「人手不足」から抜けられない。
 
 
だから「働き方改革」ができない。
 
 
抜けられない悪循環ですね。
 
 
この悪循環から抜け出すにはどうするか?
 
 
 

 
 
 
「働き方改革」を進めて、求職者が働きたいと思うような
 
 
会社に変わることですね。
 
 
 
 
「働き方改革」導入イコール劇的に変化させる
 
 
という感覚から逃れることができたら実施できると思います。
 
 
「働き方改革」をすることは、一人一人の労働時間を単純に減らすこと
 
 
と思っていたら、単純に生産量が落ちますよね。
 
 
そしたら収益が悪化しますので、危険です。
 
 
 
それよりも、いつもの仕事を、短時間でできるようにするには
 
 
どうすれば良いのか?
 
 
それをまず最初に考えて実施する。
 
 
業務の無駄を見つけてそれを排除する。
 
 
ITを導入して、人手を要していたところを自動化する。
 
 
などなどすることにより、同じ人数、少ない時間でも
 
 
同じ生産量を維持できるようになります。
 
 

 
 
そのような内部の仕組みを見直すことをすれば、
 
 
自然と「働き方改革」ができている状態になってくると思います。
 
 
少ない時間でも生産性を落とさない。
 
 
生産性向上につながるので、収益向上にもつながります。
 
 
 
その収益を、さらに働きやすい環境づくりに投資することにより
 
 
さらに生産性向上が見込めるかもしれません。
 
 
 
また、その体制を先に作っておくと、
 
 
景気が循環し、不況が来たとしても
 
 
耐性がついています。
 
 
 
先に「人手不足」の解消を優先し、
 
 
まず人を採用しようとすると
 
 
固定費が増加します。
 
 
この状態で不況が来ると、固定費が高い状態で、売上が落ち込むので
 
 
大幅に生産性が悪化します。
 
 
まず、今の生産性を向上させる方向を優先していただければと思います。
 
 
 
 
 
 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋