若手社員の連鎖退職が問題になっています。
 
連鎖退職を防ぐ方法について書いてみたいと思います。
 
モンスター部下ということと併せて検索数が増加しています。
 
人手不足になったこともあり、社員が相対的に強い立場になった影響でしょうか。
 
 
このキーワードは上司の立場の方が検索されているのか?
 
連鎖退職を企んでいる部下の方が検索されているのか?
 
わかりませんが、このコラムはどちらかというと上司側対象に書いています。
 
退職される若手の方にお伝えしたいことは、”逃げ癖”だけはつけないでいただきたいなと思います。
 
どこの会社に行ってもやっぱり不満はありますからね。
 
完璧を求めるならそのような会社を自分で立ち上げてみてください。
 
ただ、本当にブラックなところもあるので、その時は逆にサッサと逃げてください(;^_^A
 
社外の周りの先輩に尋ねてみて、8割以上の人が”それブラックやで”といったらブラックと思っていいかもです。
 
精神的に追いつめられると周りが見えなくなるそうなので、相談相手を確保しておきましょう(^^)
 
 
上司側に話しを戻します。
 
 
結論的に行けば、
 
コミュニケーションスキルを強化してください。
 
もっと言えばコーチングスキルを身につけてください。
 
と言います。
 
 
なんで上司がコミュニケーションスキルを強化せなあかんねん。
 
逆ちゃうんか?って言われそうですが
 
上司の方がコミュニケーションスキルを強化した方が、スムーズです。
 
理由は下に書いていこうと思います。
 
連鎖退職に話しを戻します。
 
 
以前はどうやって社員に辞めてもらおうかと悩んでられた方たちが
 
今はどうやったら辞められないようになるかを悩まれています。
 
 
 
あまり周りでは連鎖ってのは聞かないですけどあるんですね。
 
 
一人辞めたのをきっかけに、
 
 
他の社員の辞めたい気持ちに火が付くこともあるみたいです。
 
 
辞めようか迷っている社員の背中を押してしまうんですね。
 
 

 
 
会社としては、ダメージでかいですよね。
 
 
抜けられることで、仕事が他の人に負担が行く。
 
 
連鎖で複数人同時に辞められてしまうと
 
 
そのしわ寄せがひどいことになります。
 
 
これまでに育成にかかったお金も無駄になりますし
 
 
新しい人材を採用して、同じレベルにまで
 
 
育てるのが大変ですし、大きなコストがかかります。
 
 
機会損失まで加えると大きな損害です。
 
 
 
こういった連鎖退職を防ぐにはどうすれば良いか。
 
 
 
単純に、「この会社で働きたい!」って気持ちにさせることですね。
 
 
 
同時に「この会社、しんどい!」って気持ちを減らすことですね。
 
 
 
「この会社、しんどい!」を作り出す要素は
 
 
 
”会社を辞める理由ランキング”や
 
 
”会社で感じるストレスランキング”でわかります。
 
 
 
それを裏返して良いものにすれば、「この会社で働きたい!」に変わると思います。
 
 
「職場の人間関係が悪い」のであれば、「職場の人間関係を良くすれば良い」に変えればいいと思います。
 
 
 
ただ、「職場の人間関係」が悪いとは、お互い表面上はいい顔をするので、感じていないかもしれないですけど(^^;
 
 
人間関係は、いかに密なコミュニケーションがとれているかで判断できるかなと思います。
 
 
 

 
 
その中で
 
 
「給料が低い」は「給料が高い」に変えればいいと思いますが
 
 
変えられないところも多いと思います。
 
 
だから、その他の項目を優先的に改善してもらえればと思います。
 
 
 
給料が低くても「この会社で働きたい!」って思ってもらうにはどうすれば良いか?
 
 
を考えてみてください。
 
 
その他の要素をザクっと言えば
 
 
”やりがい”ですね。
 
 
給料が低くても”やりがい”のある仕事を与え続けてくれるなら
 
 
「この会社で働きたい!」の気持ちは強くなると思います。
 
 
 
御社の社員が感じる”やりがい”は何ですか?
 
 
それは、御社だけでしか感じられないものですか?
 
 
 
 
 
 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋