経営資源とは
 
 
一般的に
 
 
人・モノ・金・情報
 
 
のことを言います。
 
商品開発人材を育成する
 
 
日本の会社で問題になっている
 
 
生産性について、向上させるには、
 
 
この経営資源を有効活用する必要があります。
 
 
「人」は、従業員のことですね。
     人がモノを作ったり、販売したり
     人がいないと仕事が進みません。
     
「モノ」は、什器であったり、パソコンであったり
      設備であったり、道具であったり
      業務をより効率化させるモノですね。
      性能の良いモノを所有しているほど
      生産性が高くなります。
      
「金」は、お金のことですね。
     他の経営資源を調達するのに、必要です。
     お金が無いと、「人」を雇えないし
     「モノ」を調達できなくなります。
     そのため、「金」が無いと仕事が回らなくなります。
     
「情報」は、世の中にある情報ですね。
      最近言われるようになった経営資源です。
      ユーザーのニーズがどこにあるのか?
      どのような技術が世の中にあるのか?
      などなど、経営の精度を上げるためには
      有益な情報を握ることが大切です。
      
      
これらの経営資源の中で最も重要なのは?
 
 

 
 
「金」という答えが多いのではないかと思います。
 
 
「金」が無いと、何も調達できないから
 
 
何も回らないとなる。。。。
 
 
確かにそうかもしれません。
 
 
まず最初は確かに一番重要だと思います。
 
 
ただし、少し会社が稼働し始めると
 
 
「情報」を分析し、
 
 
「モノ」は何が必要かを考え、
 
 
「金」を調達してくる
 
 
その中心になるのは「人」である
 
 
と、私は考えています。
 
 
「情報」「モノ」「金」
 
 
最大限に有効活用できるような「人」
 
 
重要であると考えています。
 
 

 
 
「人」は最も重要で、
 
 
最も調達に時間のかかる経営資源です。
 
 
どのように採用活動し、どのように教育してくのか
 
 
採用では、思うような人材が取れない可能性があります。
 
 
だから私は、社員教育がとても重要だと思います。
 
 
その社員教育が効果的に行え、
 
 
質の良い「人」が確保できたら
 
 
他の経営資源も有効的に活用してくれるでしょう。
 
 
ぜひ社員教育に力を入れてほしいと思います。
 
 
 
 
 
 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋