働き方改革の話題をよく聞きますね。
 
ストレス要因
 
皆さんの会社でも取り組みが進んでいるでしょうか?
 
 
働き方改革が進み、従業員の残業時間を減らした分
 
 
管理職にそのしわ寄せがきている
 
 
という話がでています。
 
 
もっと広い視点で見れば
 
 
働き方改革が進んでいるのは大企業だけという話もあります。
 
 
大企業が残業時間を減らすために、仕事量を減らす。
 
 
その仕事量の減らし方が、外注範囲を増やすことで対応しているそうです。
 
 
中小企業には仕事が増えているから、良いことに見えるかもしれませんが
 
 
中小企業は慢性的な人手不足の状態です。
 
 
人手が増えないのに、仕事が増える
 
 
ということで、しわ寄せで残業時間が増えてしまう。。
 
 
働き方改革を逆行するようになってしまっている
 
 
という話をききます。
 
 
すべての中小企業がそうかと言われると
 
 
そうでは無いと思いますが。
 
 
 

 
 
この流れで見てて思うことは
 
 
中小企業はやはり大企業に比べて立場が弱いのだなということ
 
 
そんなに人手不足で負担が増えるなら
 
 
仕事を断ればいいのにって思うのですが
 
 
断ったら、二度と仕事が来ることが無い
 
 
と思って、仕事を断れない。
 
 
だから仕事を抱えすぎて、生産性改善に手が回らない。
 
 
というジレンマが生れています。
 
 
本当は
 
 
生産性改善→残業時間削減
 
 
であるべきなのに
 
 
残業時間削減→生産性改善できない
 
 
という流れになっているように感じます。
 
 
大企業が働き方改革を急ぎすぎなように感じますが
 
 
その流れは換えられそうにないので
 
 
中小企業は自己防衛していく必要があると思います。
 
 
 
仕事が来たから、それを従来通りこなすことだけに
 
 
夢中になってしまうと
 
 
生産性改善に対しては前進しません。
 
 
仕事を受けてもいいけど
 
 
生産性改善を後回しにすることは避けていただきたいと思います。
 
 
生産性改善の仕方が分からないなら
 
 
相談に行けばいいだけです。
 
 
 

 
 
社内で採用して、生産性改善担当者を育成するよりも
 
 
大幅に費用を抑えて相談できるところが多くあります。
 
 
生産性改善に使われるお金は
 
 
費用ではなく投資なのだという意識を持ってもらいたいと思います。
 
 
 
 
 
 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋