コーチングスキルへの注目が大きくなっているような感じがします。
 
コーチング
 
 
多くの大企業では、管理職研修にコーチングスキルを学ぶ研修があると聞きますし
 
 
銀座コーチングスクールでも、企業研修の申し込みが増えていると聞きます。
 
 
 
コーチングを学ぶ人が増えていますが、学べる媒体も増えています。
 
 
本屋に行くと、コーチング関連の書籍がありますし、
 
 
個人が勉強会として、コーチングセミナーを開いている場合もあります。
 
 
そして銀座コーチングスクールのように、スクーリングで資格取得を目的として学ばれる方もいます。
 
 
 
 
コーチングの学び方は様々ですが、
 
 
知っておいてほしいことがあります。
 
 
 
それは、「ものすごく練習が必要なスキルである」ということです。
 
 
本で読んだり、セミナーで聴くと、承認や傾聴、質問のスキルはとても簡単そうに聞こえます。
 
 
どのようなレベルであれ、普段皆さんが使っているスキルでもありますから。
 
 
 
ただ、コーチングで必要とされる承認、傾聴、質問のレベルは、全然違うレベルのモノが求められます。
 
 
この感覚をなかなか言葉で伝えられないのが課題でありますが(;^_^A
 
 

 
 
 
企業研修や本を読んで分かった気になっている方が多いのが、少し問題に感じます。
 
 
それでコーチングができるような気になって、コーチングをやってみたら上手くいかない。
 
 
コーチングって役に立たないなってレッテルを貼ってしまった方に会うと
 
 
そんなに簡単にできるもんじゃないって言いたくなります。(;^_^A
 
 
 
その点、スクーリングで資格取得まで頑張られた方は、少し違うと感じます。
 
 
 
 
コーチングを様々な学び方をした人に会った結果、私が感じるのは
 
 
コーチングスクールで学ぶ方が望ましい
 
 
しかも、何回も人相手に練習できる環境がちゃんと整っているところが望ましい
 
 
と感じます。
 
 

 
 
多くのコーチングスクールの資格では、
 
 
コーチングセッションの回数と累計時間
 
 
を最低基準にしているところが多いです。
 
 
 
コーチングには実践回数が必要であるということを、経験上分かっているからです。
 
 
コーチングスキルを実際に”できる”ようになるまで身に着けたい方は
 
 
コーチングスクールに通うことをお勧めします。
 
 
 
 
 
 
 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋