働きがいのある会社とない会社
 
 
業績に差があるのか?
 
価格決定力
 
 
 
素直に持つ疑問だと思います。
 
 
 
疑問を持つのは働きがいの無い会社の関係者だと思いますが
 
 
「働きがいを与える会社にする」
 
 
ということは、ものすごくめんどくさいこと
 
 
本当にやる価値があるのか?
 
 
と感じている人が思う疑問かなと思います。
 
 
 
そう感じている人は、売り上げ優先で
 
 
「働きがい」などは後回しにしてしまうのでしょう。
 
 
結論的に言うと
 
 
働きがいのある会社はない会社に比べて
 
 
業績アップ率は高いそうです。
 
 
偏った視点での調査かもしれませんが
 
 
いろんなところが調査しているので
 
 
傾向的には正しいのではないかなと思います。
 
 
 
素直に物事を見ればそうなるだろなと感じるのでは無いでしょうか?
 
 
 
働きがいを感じず、社員がダラダラと働いている会社
 
 
働きがいを感じ、社員がイキイキと働いている会社
 
 
どちらの生産性が高いか?
 
 
 
というと、多くの方が後者の方とイメージされるのでは無いでしょうか?
 
 
実際、そうだと思います。
 
 
また、別の視点で
 
 
どちらの方が、求職者をひきつけるのか?
 
 
求職者が働きたいと思う会社はどちらか?
 
 
というと、それも後者の方をイメージされるのではないでしょうか?
 
 
 
つまり働きがいのある会社は
 
 
優秀な社員を惹きつけ、採用しやすく
 
 
そして、社員がイキイキと働いている。
 
 
ますます業績が良くなる方向へ力が働くと思います。
 
 
 

 
 
 
業績の悪い会社の多くは
 
 
働きがいが小さい会社なのかと思います。
 
 
 
業績が悪い会社は、
 
 
特に働きがいが急降下する感じがします。
 
 
働きがいを感じないから、さらに業績が悪化する。
 
 
そして経営者自身が自身の会社を
 
 
卑下するようになってきます。
 
 
将来性が無いとか
 
 
どこの会社にでもできることをやっているとか
 
 
 
そのような会社に優秀な社員が来たいと思うでしょうか?
 
 
 
そんな会社ほど、優秀な社員が来てくれないと言います。
 
 
好景気だから、大企業に人材を持っていかれているからだと信じています。
 
 
 
そのような会社は不景気になると
 
 
新たな従業員を雇う余裕がなくなるでしょう。
 
 
この景気が良いうちに、優秀な人材が来てくれるような
 
 
会社にしておく必要があると思います。
 
 
けどそれを冒頭のように
 
 
めんどくさいこととか
 
 
本当にやる価値があるのか
 
 
と感じているため、なかなか進みません。
 
 
 
たしかにどれぐらいで効果が出てくるかは
 
 
会社の状態によって変わります。
 
 

 
 
本当に手探りの状態でいつ結果がわからないものに力を入れるよりも
 
 
目の前の売上の方に集中してしまいます。
 
 
そして社員の働きがいが小さくなっていくので
 
 
それに伴って力を入れていた売上も小さくなってきます。
 
 
 
働きがいアップする作業
 
 
無い状態から有る状態への
 
 
作業は本当に手探りです。
 
 
 
こうやったら上手くいくっていう絶対的な方法はありません。
 
 
 
 
だから当初は険しい道のりだと思います。
 
 
だから会社に余裕のある、好景気な今のうちに進めておく方が良いと思います。
 
 
 
結局は経営者の熱意の大きさによるとおもいます。
 
 
社員のモチベーションが低いと社員に対する不満を口にする方も多いですが
 
 
結局は社員のモチベーションを上げるだけの共感を得られていない
 
 
経営者がいるだけです。
 
 
 
経営者自身が自社をどのような会社にしたいというビジョンはありますか?
 
 
 
その会社では従業員はどのように働いていますか?
 
 
もしその会社で従業員がイキイキと働いているなら
 
 
あとはそれを本当に目指そうとしている経営者の熱意がどれぐらいかです。
 
 
 
そうしたいとは思ってるねんけど。。。
 
 
 
と言いながら後回しにしているなら
 
 
従業員はその熱意を感じないでしょう。
 
 
だから、会社に対して働きがいを感じないかもしれません。
 
 
働きがいとか
 
 
働きやすさとか
 
 
お金のある会社にしかできないことと感じている経営者も多いと思います。
 
 
福利厚生とか給料が必要なんだと考えていると思います。
 
 
 
確かにある程度、最低限のものは必要だと思います。
 
 
しかし、給料が低くても
 
 
従業員がイキイキと働きがいを感じながら
 
 
働いている会社はあります。
 
 
そのような会社がどうして働きがいを生んでいるのか
 
 
考えてみると良いと思います。
 
 
自分の会社では働きがいを持てないと
 
 
思い込んでいるうちは、改善されることは無いでしょう。
 
 
本当にそうか?
 
 
と疑ってみることが大切かなと感じます。
 
 
 
 
 
 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋