経済成長と幸福度は比例しない
 
 
みたいな記事を読みました。
 
中小企業
 
 
それの内容的には
 
 
経済成長=GDPが成長しても
 
 
国民の可処分所得は増えてないよ
 
 
というものでした。
 
 
今はアベノミクスによって
 
 
景気が回復して
 
 
人手不足が発生し
 
 
人材獲得競争が起こっています。
 
 
人材獲得するため、
 
 
または辞められないようにするため
 
 
中小企業ですらも
 
 
賃金をアップし始めています。
 
 
だからデフレ時代に比べたら
 
 
だいぶ家計に余裕のある人が増えているかもしれません。
 
 
ただ、円安の進展などによって
 
 
物価の上昇にもつながっているので
 
 
購入できるものはそんなに変わっていません。
 
 
 
だから日本は景気が回復してきている
 
 
と政府は主張していますが
 
 
国民はそれほど良くなっている感じがしない
 
 
ということでした。
 
 
 
この問題はなかなか
 
 
改善が難しいかもしれませんね。
 
 
会社側は、働き方改革などで
 
 
コストが増える可能性がありますし、
 
 
また来るはずの不景気に備えて、
 
 
キャッシュを蓄えておく必要があります。
 
 
だから、なかなか企業は利益が出ても
 
 
従業員にその恩恵が回ってきません。
 
 
従業員側から見ると、
 
 
もっと給料くれると、
 
 
もっと消費に回せるから
 
 
もっと景気が良くなるはずなのに。
 
 
という主張になります。
 
 

 
 
日本人の消費が増えないから
 
 
企業は外国人に期待します。
 
 
中国人の爆買いとか見ていると
 
 
日本人の消費力がアジアの人たちに
 
 
追い抜かれていっていると感じますね。
 
 
外国人が買ってくれるから
 
 
企業は日本人の賃金をなかなか上げてくれません。
 
 
 
それよりも、増えた外国人の客に対応するため
 
 
賃金の安い外国人の採用に力を入れ始めています。
 
 
 
日本人はおいて行かれていますね。
 
 
そんな風に感じます。
 
 
とは言っても、会社が存在できて初めて給料がもらえるわけなので
 
 
会社が事業継続を最優先に考えることは正しいことだと思います。
 
 
 
来年には消費税アップがあり、
 
 
景気が冷え込む可能性があります。
 
 
その翌年には、東京オリンピックがあり
 
 
オリンピック後は必ず景気が悪くなる
 
 
と言われています。
 
 
それに備えている企業は確かに良い会社かもしれません。
 
 
 
 
流れを簡単にまとめてみると
 
 
景気拡大中→
 
 
企業の利益拡大→
 
 
不景気に備え、内部留保蓄える→
 
 
社員の給料は増えるが、支出も増える→
 
 
社員の幸福度、モチベーション低下→
 
 
景気後退期→
 
 
企業の利益縮小→
 
 
内部留保縮小→
 
 
さらなる支出を抑えるためにリストラ→
 
 
社員の幸福度、モチベーションさらに低下
 
 
 
のような負のスパイラルに入っている感じがします。
 
 
その間に向上心の高い途上国の企業が
 
 
追い抜いてくるでしょう。
 
 
そのような外国の企業の成長を見ていると
 
 
やはり従業員のモチベーションと会社の成長は
 
 
リンクしているなと感じます。
 
 
 
そして、日本の会社は
 
 
社員のモチベーションを下げるような
 
 
仕組みにできているなと感じます。
 
 
御社の社員はどのような気持ちで働いていますか?
 
 
御社の将来に期待していますか?
 
 
 

 
 
幸福度というと別の視点もあると思います。
 
 
ここまで、
 
 
可処分所得の多さ=幸福度
 
 
のような話でしたが
 
 
 
世界幸福度ランキングとかを見ると
 
 
GDP=幸福度
 
 
では無いことが分かります。
 
 
お金が無くても幸せと感じている人は多いです。
 
 
逆に日本人は
 
 
これだけ豊かになっても
 
 
幸せと感じれていません。
 
 
家電に囲まれて
 
 
安全で美味しい食べ物に囲まれているのに
 
 
幸福度ランキングでは順位が低いです。
 
 
その差は何故生まれているのでしょう。
 
 
様々な人が分析していると思います。
 
 
そこまでは良いと思います。
 
 
 
問題は、”ふーん・・”で済ませているところです。
 
 
 
御社では社員の幸福度を
 
 
上げるためにどのようなことをしていますか?
 
 
 
何かいろいろ施策を行っているところは
 
 
あるかもしれません。
 
 
ただ、こんなことをやったら幸せと感じるはずだ
 
 
と幹部が考えた施策を押し付けているだけかもしれません。
 
 
やるにはお金がかかる。
 
 
うちにはお金がないということで、何もしていないかもしれません。
 
 
GDP≠幸福度
 
 
とお話ししたように
 
 
お金があっても不幸な人はいます。
 
 
逆にお金が無くても幸せに感じている人はいます。
 
 
 
お金が無くても幸せな従業員のいる会社にするにはどうすればよいでしょう?
 
 
ぜひ考えてみてください。
 
 
 
 
 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋