補助金頼みで失敗する起業家が多い。
 
 
というような記事を先日見ました。
 
デザイン経営
 
特に起業家だけではなく、
 
 
多くの事例で補助金には問題があると感じています。
 
 
 
少し前ですが、
 
 
ものづくり補助金の効果を検証した
 
 
記事もありました。
 
 
ほとんど効果が無かったという結果でした。
 
 
投資して、機械は導入したけど
 
 
それほど生産性は上がらなかった
 
 
というところが多いという結果になったそうです。
 
 
 
補助金はほぼ、税金が使用されています。
 
 
税金が無駄遣いされているようで
 
 
もったいないなと感じます。
 
 
 
どうして、そんなに効果が生れないのか。
 
 
それは
 
 
「お金がもらえるから」
 
 
という理由だけで、補助金をとろうとするからです。
 
 
 
「お金がもらえるから、そのために計画を考える」
 
 
 
という順番になってしまっていて、
 
 
 
その計画が、そのためだけに作られたものになっているからです。
 
 
 
本来は、
 
 
「まず計画があって、それを実行するために資金調達が必要になった。
 
 
補助金という選択肢もあったね。」
 
 
ということで補助金申請するのが本来の姿と思います。
 
 
 
失敗するのは、
 
 
補助金の申請が通らなかったら、
 
 
べつにやらなくてもいいや
 
 
という程度の熱意しか無いからかもしれません。
 
 
 
補助金が無くても、絶対実行しなければならない
 
 
という熱意があって、やるものだったら
 
 
もっと戦略的に事業を計画していると思います。
 
 

 
 
「お金がもらえるから」
 
 
という理由だけでは
 
 
結局もらったところで、それを上手に活かせないようです。
 
 
補助金の申請が通る企業と通らない企業
 
 
どこで見分けが付けられているのかも曖昧です。
 
 
効果のない企業を申請を通している時点で。
 
 
 
補助金申請のために提出した
 
 
業績の計画と大きく乖離があったら
 
 
返金しなければならないとなったら
 
 
自信のある企業しか申請しなくなるかな?
 
 
 
補助金よりも、無利子での融資とかにした方が
 
 
企業側も本当に必要なのか真剣に考えるのではないかな
 
 
と思います。
 
 
 
 
私は
 
 
「補助金をもらえるから計画を立てる」
 
 
ではなく、
 
 
「常にビジョンをもって計画を立てている」
 
 
”ビジョナリー経営”の導入をお勧めしています。
 
 
ビジョンに向かった計画に沿って
 
 
事業を進めるなら、
 
 
補助金の有無は関係ありません。
 
 
有っても無くてもその事業は前進させる必要があるから
 
 
別の方法でも資金を調達するでしょう。
 
 
会社の成長にとって必要な投資と判断したうえでの
 
 
投資になるので効果に結び付きやすいと考えます。
 
 
 
お金のためにとってつけたような
 
 
たてた計画に比べると。
 
 
 
そしてその計画は、会社全体的なものでないと
 
 
不完全なものになるでしょう。
 
 
 
いくら補助金で生産性の高い機械を入れたとしても
 
 
販売量が変わらなければ、
 
 
収益面にほとんど効果が無いでしょう。
 
 
 
ITシステムを導入しても
 
 
社員がそれを本気で使いたいと思っていなかったら
 
 
ただの飾りになるでしょう。
 
 
 
なんのために補助金を活用するのか
 
 
それが明確でないと
 
 
そしてそれを社員が理解していないと
 
 
その効果はほぼなくなります。
 
 

 
 
”ビジョナリー経営”はそういった目的
 
 
なぜこの会社はそれをする必要があるのか?
 
 
なぜこの会社はそのビジョンに向かうのか?
 
 
などを全社員が共有します。
 
 
 
目的意識が高くなると、
 
 
その目的に不要なことはしなくなります。
 
 
ビジョナリー経営は理念経営とも言われ、
 
 
経営理念を大事にします。
 
 
経営理念がその目的になるからです。
 
 
 
その経営理念に沿わないことはしません。
 
 
だから経営理念に沿ってなければ
 
 
補助金も必要ありません。
 
 
経営理念に沿っていれば
 
 
補助金の有無にかかわらず
 
 
資金調達し投資を行います。
 
 
 
なんのためにその投資をするのか
 
 
目的を全社員が理解していれば
 
 
その投資効果を最大限に引き出すように
 
 
全社員が行動するでしょう。
 
 
 
補助金に限らず、
 
 
全社員が”なんのために?”
 
 
と言っているような投資では
 
 
ただ、資金が流出しただけで
 
 
終わってしまうでしょう。
 
 
 
ビジョンをしっかり固め
 
 
全社員で共有していくには。
 
 
経営者のリーダーシップ
 
 
コミュニケーション力が必要です。
 
 
 
無駄にならない投資をどのように行っていくのか
 
 
考えながら進めてください。
 
 
 
 
 
 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋