ネットニュースを見ていると安倍首相が
 
 
予定通り来年2019年10月1日からの
 
 
消費税増税を実施する方針を
 
 
固めたとありました。
 
 
ストレス要因
 
また延期してくれるかな~
 
 
と期待していたのですが
 
 
さすがにもう延期はできないのかもしれませんね。
 
 
日本の財源のことを考えていると
 
 
税金を効果のないものに使っていることが
 
 
問題だと思うんですがね~~
 
 
といって、旧民主党みたいなことやられたら
 
 
もっと悪くなってしまうので
 
 
政治って難しいなって思います。
 
 
ここでは政治の話は置いておきます。
 
 
詳しいわけではないので。
 
 
 
消費税増税で懸念されるのは
 
 
景気への影響ですね。
 
 
消費税増税を行ったら
 
 
高い確率で景気が悪くなる
 
 
というのが過去の事例です。
 
 
だから今回も
 
 
消費税増税とともに
 
 
景気が下向きになる可能性があります。
 
 
企業としては売上減に耐えられる
 
 
経営体質で備えておく必要があります。
 
 
景気がいいから
 
 
人手不足だからと人を多く採用し
 
 
自動化のために、
 
 
ロボットなど新しい機械や設備を
 
 
導入していたら
 
 
固定費が膨らんでいるかもしれません。
 
 
売り上げが2割ぐらい減少しても
 
 
きちんと利益が出る状態に
 
 
なっていますでしょうか?
 
 
2020年にはオリンピックがあるので
 
 
サービス業や小売業への
 
 
影響は1年猶予があるかもしれませんが
 
 
製造業などが落ち込むと
 
 
消費も落ち込む可能性は高いです。
 
 
本当に外国人頼みですね。
 
 
 
それではどうすれば良いのか?
 
 

 
 
それは、先ほど述べたように
 
 
売り上げが2割ぐらい減少しても
 
 
きちんと利益が出る状態に
 
 
しておくということだと思います。
 
 
 
そして3割ぐらい減少しても
 
 
大丈夫なように
 
 
得られた利益を
 
 
内部留保に蓄えておく
 
 
ということが重要だと考えています。
 
 
その前に得られた利益で
 
 
生産性を高めるための
 
 
投資を行っておくということが
 
 
重要ですが。
 
 
 
金融機関からの借り入れで
 
 
投資を行ってから
 
 
その直後に景気が悪くなり
 
 
利益が出ない状態になったら
 
 
支払利息分さらに
 
 
収益を圧迫します。
 
 
 
事業を始める段階などでは
 
 
やはり投資が先行してしまうので
 
 
仕方がない部分はありますが
 
 
生産性を常に上げておくという
 
 
意識は大切です。
 
 
事業を始めたばかりだから
 
 
仕方がないよね。
 
 
とは市場は言ってくれませんので。
 
 
特に、日本は先進国の中でも
 
 
生産性が低いと言われています。
 
 
その中でも特にサービス業。
 
 
固定費がほぼ人件費と言われるところでは
 
 
生産性が低くなっている可能性が高いです。
 
 

 
 
売り上げ減少に耐えられる
 
 
収益構造になっているかは
 
 
損益分岐点売上高を計算すると分かります。
 
 
 
損益分岐点売上高を求めるには
 
 
 
まず変動比率を出します。
 
 
変動費率=変動費÷売上高
 
 
そして損益分岐点売上高は
 
 
損益分岐点売上高=固定費÷(1-変動費率)
 
 
で求めることが出来ます。
 
 
損益分岐点比率=損益分岐点売上高÷現在の売上高
 
 
を求めて、
 
 
損益分岐点比率が0.8以下なら
 
 
売り上げが2割下がっても
 
 
赤字にはならないとなります。
 
 
簡単に計算できるのでやってみてください。
 
 
 
計算式から分かるように
 
 
固定費が増えても
 
 
変動費が増えても
 
 
損益分岐点売上高は上昇します。
 
 
その中でも
 
 
変動費は売り上げがゼロならゼロと
 
 
売り上げに併せて変動しますが
 
 
固定費は売り上げがゼロでも発生し続けます。
 
 
 
工場を持たないファブレスの製造業は
 
 
固定費を極力抑えた状態を
 
 
作り出しているのですね。
 
 
その代わり、生産に関するノウハウが蓄積できない
 
 
などのデメリットもあります。
 
 
固定費の中で大きいのが
 
 
人件費です。
 
 
その人件費を売り上げに併せて
 
 
調整できるのが人材派遣の活用
 
 
ということになります。
 
 
人材派遣の人件費は
 
 
変動費になります。
 
 
 
そうして固定費を変動費にすることはできますが
 
 
会社の将来を担う人材の育成ができない
 
 
などのデメリットが存在します。
 
 
 
メリット、デメリットを
 
 
考えると本当に経営って複雑ですね(^^;
 
 
 
あと、損益分岐点比率を下げる方法として
 
 
売上高を上げるという方法があります。
 
 
売上高=単価×数量
 
 
で表されますよね。
 
 
つまり
 
新しい市場を開拓して数量をもっと増やす
 
 
もしくは
 
 
単価を上げても売れる魅力的な商品を開発する
 
 
などの方法が考えられます。
 
 
要は高くても無くては困る
 
 
魅力的な商品を提供し続けられる
 
 
ことが大切ということです。
 
 
私が商品開発支援に力を入れている理由は
 
 
そのためです。
 
 
いくら変動費や固定費を抑えても
 
 
それ以上に売上高が上がらなかったら
 
 
損益分岐点比率は下がりません。
 
 
 
消費税増税まであと1年しかありません
 
 
ぜひそれに耐えられる経営体質を作り上げてください。
 
 
 
 
 
 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋