人手不足倒産が増えているという
 
 
コラムを書きました。
 
ベトナム
 
 
中小企業でも人材を集めるために
 
 
いろいろ取り組んでいく必要に迫られています。
 
 
その中で一番に思いつくのが働き方改革ではないでしょうか。
 
 
働き方改革と言われ始めて
 
 
だいぶ時間がたっている感じがします。
 
 
中小企業からみたら
 
 
大企業だけのにしかできない
 
 
改革だという認識が強いように感じます。
 
 
残業時間を増やしたり
 
 
休日を増やしたり
 
 
働きやすい環境を整えていく
 
 
という改革が主になると思います。
 
 
 
が、それはもともと人材に余裕がある
 
 
大企業だからできることで
 
 
もともとギリギリの人数でやっている
 
 
中小企業では
 
 
残業減らしたり
 
 
休日増やしたりしたら
 
 
仕事が回らなくなる
 
 
という状況に追い込まれます
 
 
 
そう思い込んでいるという方が
 
 
正しいかもしれません。
 
 
そのため、
 
 
中小企業の多くは
 
 
働き方改革ということに対して
 
 
不満は言うだけで
 
 
あまり積極的に取り組んでなかったかもしれません。
 
 
ただし、中小企業側はそのような理由があるかもしれませんが
 
 
労働者側はそのような事情はどうでもいいことです。
 
 
労働者側としては
 
 
残業時間が少なくて
 
 
休日が多いなど
 
 
福利厚生が整っている
 
 
会社で働きたいと思っています。
 
 
そのような労働者に対して
 
 
甘すぎると考える
 
 
経営者もいます。
 
 

 
 
確かに、経営者自身の
 
 
働き方や働くことに対する考え方からみたら
 
 
甘すぎるのかもしれません。
 
 
ただ、それが現実なんだと思います。
 
 
人手不足倒産が増加している現実を見ている限り。
 
 
このような場合
 
 
経営者自身の考え方を変えるか
 
 
労働者側の意識が変わるのを待つか
 
 
どちらかになると思います。
 
 
ただ、多くの経営者が
 
 
後者を選んできた結果が
 
 
今につながっているように感じます。
 
 
つまり待っている間に、
 
 
働きやすい環境をさらに整えている
 
 
大企業を労働者が選んでいってしまった
 
 
という状況になっています。
 
 
中小企業であったとして
 
 
いろいろ言い訳したい理由は
 
 
いろいろあったとしても
 
 
もう待っている場合じゃない
 
 
という状況に迫られています。
 
 
いろいろ課題があったとしても
 
 
少しずつでも前進していく必要があります。
 
 
 
 
では、何から始めますか?
 
 
まず、
 
 
働き方改革=働かない時間を増やすこと
 
 
と捉えていたなら
 
 
それをやめるところから
 
 
始めたらいいかもしれません。
 
 
働く時間が多いのに
 
 
ストレスや疲れがたまらない
 
 
という環境をつくっていけば
 
 
現状よりは働きやすい環境が整っていくと思います。
 
 
また、働いている人、従業員の
 
 
感情などを理解しておくことが必要だと思います。
 
 
経営者がこれぐらいの仕事楽だろうと思っていることも
 
 
従業員にとってはきついことかもしれません。
 
 
きついと感じているのに放置してしまっていたら
 
 
辞められてしまうかもしれません。
 
 
求職者も見るからにきつそうとわかれば
 
 
面接にも来ないでしょう。
 
 
働き方改革というものではなく
 
 
シンプルに仕事の仕方の見直しと
 
 
考えてもよいかもしれません。
 
 

 
 
また、中小企業はもともと
 
 
人が少ないので
 
 
休みの多さや
 
 
残業時間の長さ
 
 
それに対する給料や福利厚生
 
 
大企業と比較されると
 
 
かなり不利になると思います。
 
 
良い人材は大企業にとられて
 
 
余った人材が中小企業に来ると
 
 
嘆いている方もよく見かけます。
 
 
それは経営資源の大きさの差が決定的なので
 
 
仕方がないかなと思います。
 
 
そのような中、
 
 
どうやって中小企業が
 
 
人材をひきつけるのか
 
 
それは中小企業のメリットを全面的に押し出すことだと思います。
 
 
大企業で面白くもない仕事を一生続けていくのか
 
 
中小企業で面白い仕事に挑戦し続けていくのか
 
 
全部が全部そんな風に比較できるわけではないですが
 
 
中小企業が大企業に対して優位に立てるとしたら
 
 
こんなところでないでしょうか。
 
 
御社だったらこんなことができる!
 
 
それが大企業にないことであれば
 
 
とても魅力的にうつるのではないでしょうか?
 
 
そのうえで、その仕事がきついのであれば
 
 
どうすれば、もっと簡単にできるようになるだろうか
 
 
それを考えて改善していくのも
 
 
働き方改革になるのではないでしょうか
 
 
まずは今いる社員が、今の会社が
 
 
楽しい!って思えるようにすることが
 
 
大切かと思います。
 
 
御社の従業員は、仕事楽しんでますか?
 
 
 
 
 
 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋