また大規模な検査データの改ざんが
 
 
発表されました。
 
働き方改革法
 
今度はスカイツリーなどに採用されている
 
 
オイルダンパーについて
 
 
検査データが改ざんされていたそうです。
 
 
 
発表したのは
 
 
オイルダンパーの国内シェアNo1のKYB・・・
 
 
またしても、かなりの大手です。
 
 
 
三菱マテリアルの子会社であったり
 
 
日産自動車
 
 
SUBARU
 
 
神戸製鋼
 
 
などなど
 
 
上場企業での不正発覚が
 
 
止まらないです。
 
 
エアバッグの品質問題で
 
 
経営破綻したタカタのことを考えると
 
 
不正の発覚が
 
 
どうつながっていくか不安ですね。
 
 
KYBのような国内トップシェアの
 
 
会社が不正する意味が分からないんですけど
 
 
どうしてなんでしょう。
 
 
 
ここからは私の想像にはなります。
 
 
経営において、
 
 
QCD(品質、コスト、納期)が
 
 
大切と言われますが
 
 
納期を重視しすぎる傾向にあるのかなと感じます。
 
 
品質を重視すると、納期に間に合わない
 
 
ということが、もうごまかしちゃえ!
 
 
って感じにつながってしまうのかなと思います。
 
 
最近あった事件に
 
 
国民データの年金入力処理を
 
 
間に合わないからと、
 
 
禁止されている、中国系の企業に
 
 
委託して納期に間に合わせようとしていた
 
 
ということもありましたね。
 
 
仕事の受注や売り上げを重視するあまり
 
 
不正に走らせてしまうような感じがします。
 
 
もはや、不正に走らせるような
 
 
体質、社風になっているように感じます。
 
 
その原因は経営理念の欠如
 
 
形骸化が原因だと感じます。
 
 
口では品質が大切だとか
 
 
お客様が大切とは言っているけど
 
 
結局は売り上げが大事なんかよ
 
 
となっているのが現実です。
 
 
それが社風として根付いていると
 
 
問題は根深いものになりそうです。
 
 
日産自動車や三菱マテリアル系の会社では
 
 
発覚後も、不正が続いていた
 
 
という報道もありました。
 
 
なかなか変われないんでしょう。
 
 
そんなにしっかり検査したら売り上げが落ちる。。
 
 
株主に責められる。。。
 
 
ってなるのでしょう。
 
 

 
不正で顧客離れを起こした方が
 
 
売り上げ落ちるし
 
 
下手すれば経営破綻するのに。
 
 
社員の判断が短絡的な方向に
 
 
進みやすくなっています。
 
 
 
そういう問題が起きていて
 
 
どうして誰も止めようとしないのか。
 
 
社員にとって
 
 
止めることにメリットが無いからでしょうか
 
 
指摘したら、
 
 
指摘した人に責任がのしかかる
 
 
目を付けられる
 
 
などなど
 
 
日本は内部告発者が
 
 
痛い目に合う環境にあるように感じます。
 
 
雪印の不正を告発した会社もそうでしたね。
 
 
今回のKYBは子会社の告発だったので
 
 
取引をきられるとかはなさそうですが。
 
 
いろいろ不正があっても
 
 
みんな見て見ぬふり
 
 
そうした方がよいという
 
 
圧力が常にかかっているように感じます。
 
 
 
このような圧力を回避するにはどうすればよいか
 
 
まずは経営理念を軸にした
 
 
ビジョナリー経営をしっかり
 
 
確立させていくことだと思います。
 
 
どうして経営理念よりも
 
 
売り上げの方が優先されるのか
 
 
というと、経営理念が形骸化されているからです。
 
 
経営理念をもっとも重要な意思決定基準とする
 
 
ビジョナリー経営にしていくことが大切です。
 
 
経営理念が全従業員に浸透していれば
 
 
顧客満足が本当に大切という意識があれば
 
 
納期に間に合わせるために、
 
 
少しぐらい検査データをごまかしてもいいや
 
 
ということは起きないと思います。
 
 
納期が遅れたとしても
 
 
品質をまずは重視する。
 
 
そして、品質と納期を実現するために
 
 
どうすれば良いかを考える
 
 
という行動に移ると思います。
 
 
検査の不正を何年も放置したりすることは
 
 
絶対に起きないと思います。
 
 
御社の従業員は経営理念に沿った
 
 
意思決定をしていますか?
 
 

 
 
 
ビジョナリー経営を導入したうえで
 
 
次に大切になるのは
 
 
コミュニケーションです。
 
 
組織の風通しの良さという言葉でも
 
 
表現されると思います。
 
 
先ほど述べたように
 
 
問題があるとわかっていても
 
 
指摘しづらい組織であれば
 
 
問題は放置されつづけるでしょう。
 
 
指摘しても何のメリットもなければ
 
 
何も報告されないでしょう。
 
 
キャノンの過去の経営者で
 
 
悪いことを報告をしたときのほうが褒められた
 
 
という話を聞いたことがあります。
 
 
そうでもしないと、
 
 
従業員は報告しづらいでしょう。
 
 
どんな上司、同僚であれば
 
 
従業員間のコミュニケーションはスムーズになるでしょう?
 
 
私からの提案は
 
 
コーチングスキルの導入です。
 
 
コーチングスキルについては、
 
 
大阪で無料の体験講座を
 
 
行っていますのでお越しください。
 
 
これ以上、不正の発覚が無いように願います。
 
 
 
 
 
 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋