先日。
 
 
「中小企業が”銀行より上の立場”にたつ方法」
 
 
というタイトルのコラムを見ました。
 
商品開発
 
中小企業が弱い立場ということが前提としての
 
 
コラムだと思います。
 
 
貸し渋りとか貸しはがしとか
 
 
話題になったことがあるだけに
 
 
銀行との距離感は敏感なのかもしれません。
 
 
 
基本的には特にはどっちが上とか下とか
 
 
ないと思います。
 
 
銀行は貸したお金で
 
 
その企業が成長して
 
 
利息を載せて返済してくれたら
 
 
その利息分が会社の利益になるので
 
 
嬉しいことだと思います。
 
 
 
中小企業は中小企業で
 
 
銀行からお金を融資してもらえないと
 
 
持続可能性が低くなる会社があります。
 
 
だから共存共栄の関係だと思います。
 
 
 
課題は、
 
 
銀行側に、対象企業の成長性を
 
 
精査する能力があまりないことかと思います。
 
 
また、マイナス金利など
 
 
あまり利率を取れないため、
 
 
できるだけ多く貸さないと
 
 
銀行の利益が落ちるというプレッシャーだと思います。
 
 
できるだけ多く貸さなきゃいけない
 
 
というプレッシャーから
 
 
成長できるかどうか分からない会社に
 
 
お金を貸してしまう。
 
 
そしてその会社が赤字続きで回収できなくなくなる
 
 
可能性がでてきた
 
 
というときに、銀行が上という立場に
 
 
なってしまうのではないかと思います。
 
 
銀行側に
 
 
「これだけの資金があれば、
 
 
このような成長ができます」
 
 
という約束を中小企業側が
 
 
守り続けることができるなら
 
 
常にWIN-WINの関係でいられると思います。
 
 

 
 
たとえ計画の途中で赤字に落ちたとしても
 
 
それまでの関係性をどのように築いていたかによって
 
 
銀行は敵になるかもしれませんが
 
 
仲間にすることもできます。
 
 
 
銀行は貸し倒れたくないから
 
 
延命するように新規融資してくれるだろうと
 
 
軽視していると、痛い目に合うかもしれません。
 
 
思っている以上に、取引先が数社貸し倒れても
 
 
大丈夫なように銀行も経営しているという話を聴いたことがあります。
 
 
 
だから経営者の誠実さというのはとても大切な資質だと感じます。
 
 
 
つまり
 
 
銀行と良好な関係を築くためには
 
 
経営計画を丁寧に説明して、
 
 
銀行側の融資意欲を高めることと
 
 
経営計画以上の成果を引き出すような
 
 
マネジメント能力を発揮することが
 
 
基本になるかと思います。
 
 
 
では、まず経営計画ですが
 
 
どのように立てていますか?
 
 
昨年がこうだったから
 
 
今年はこれぐらいかな~
 
 
と作りますか?
 
 
何をするか?よりも数字が先
 
 
数字に根拠が少ない
 
 
大手企業は多いかもしれませんね。
 
 
下請け企業の場合は、
 
 
親企業次第だから
 
 
経営計画は親会社から降りてきたもので
 
 
作るという場合があるかもしれません。
 
 
 
 
どちらも達成している場合は良いですが
 
 
達成しなかったときの説明がぎこちないものになりそうですね。
 
 

 
 
だから私は数字よりも
 
 
何をするかを重視した経営計画の方が
 
 
望ましいと考えています。
 
 
 
ビジョナリー経営を導入すると
 
 
自然とそのような形になるのではないかと思います。
 
 
 
この会社を3年後、このような姿にしたい
 
 
というビジョンが明確であれば
 
 
その為には1年後どのようになっている必要があるかも
 
 
明確になっていると思います。
 
 
 
では、1年後のビジョンが明確であれば
 
 
そうなるために何をする必要があるか明確になると思います。
 
 
それをしたらこのような効果がある。
 
 
の積み重ねで経営計画ができると思います。
 
 
こうしたらこうなるという
 
 
計画がきちんとできていれば
 
 
銀行と、それは保守的だなとか
 
 
過大評価しているな
 
 
とかコミュニケーションをとりながら
 
 
すり合わせていけると思います。
 
 
 
併せて計画通りにいかなかったときの
 
 
会社の持続性を維持するためには
 
 
どれぐらい投資を抑えといた方が良いか
 
 
ということも見えてきます。
 
 
経営計画が丁寧にできていたら
 
 
計画通りに進めることも
 
 
できるようになると思います。
 
 
 
経営計画があり、その通りに着実に進捗している
 
 
 
それが銀行との良好な関係を築くために
 
 
必要なことだと思います。
 
 
 
銀行との関係が悪いと感じていたら
 
 
経営計画がしっかり根拠も示しながら
 
 
説明できるか確認してみてください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋