関西の中小企業が新卒採用に
 
 
接近戦に出ている
 
 
という記事がありました。
 
経営相談
 
就活ルール廃止による影響を懸念して、
 
 
中小企業にには危機感があるそうです。
 
 
だから、積極的に
 
 
学生たちとの接点を持つ機会を増やそう
 
 
という取り組みをしているそうです。
 
 
説明会や交流会
 
 
インターンシップなどです。
 
 
「努力せず放っておいたら
 
 
中小企業には誰も来ない」
 
 
との担当者の言葉が書かれてました。
 
 
 
それはそうですよね
 
 
就職する側の立場から言えば
 
 
よくわからない会社に入るよりは
 
 
良く知っている会社の方が
 
 
入りたいと思いますよね。
 
 
学生が大企業を志望するのも
 
 
そういう理由からではないかと思います。
 
 
 
実際大企業のこともよくわかってないと思いますが
 
 
中小企業よりはマシだろう
 
 
ということは知っているので。
 
 
そのような中、
 
 
中小企業であっても
 
 
自社で働くメリットを
 
 
伝えていくことは大切だと思います。
 
 
そのような状況の中ですが
 
 
「御社で働くメリットは何でしょうか?」
 
 
と訊かれて答えられますか?
 
 
「大企業に負けないメリットは何でしょうか?」
 
 
と訊かれて答えられますか?
 
 
大企業に良い人材持っていかれる
 
 
と嘆いているなら
 
 
この問いに答えられる必要があります。
 
 
答えられないなら、やっぱり大企業目指した方がいいか
 
 
ということになります。
 
 
すぐ人が辞めてしまう
 
 
なかなか人材が来ないと嘆いてるのを
 
 
よく聞きますが
 
 
学生や従業員の方が
 
 
自分自身の幸せを考えたら
 
 
正しい行動ですよね。
 
 

 
だってその中小企業で働くメリットが感じられないのであれば。
 
 
だから、
 
 
本気で新しい人材を採用したいと
 
 
考えるのであれば
 
 
御社で働くメリットを明確にしてください。
 
 
どのようなメリットがあるでしょうか?
 
 
例えば
 
 
・事業内容がとてもニッチ。
 
 この仕事ができるのはここだけ。
 
 
・こんなスキルが身につけられる。
 
 
・3年後にはマネージャーとして活躍できる。
 
 など出世するスピードが速い。
 
 
・転勤がない。
 
 もしくは逆に海外に行くチャンスが高い。
 
 
・AIやロボット技術など
 
 次世代のものにすでに取り組んでいて
 
 数十年後にはでっかく成長している
 
 可能性が高いベンチャーである
 
 
・社長が敏腕社長で、
 
 これまでいろいろな事業を手掛けてきた。
 
 
・社風がユニーク
 
 
などなどが考えられるかと思います。
 
 
もしメリットが明確にできたなら
 
 
あとはそれを知ってもらう必要があります。
 
 
マーケティングです。
 
 
合同説明会やインターンに
 
 
来てもらうための活動ですが
 
 
その時点で中小企業は
 
 
大企業に対して不利になります。
 
 
学生側も大企業だけでも
 
 
情報のやり取りで日々忙しい状況と
 
 
なっています。
 
 
だから、
 
 
学生が仕方なくでも
 
 
会ってもらえるような
 
 
戦略が必要だなと思います。
 
 
実際、中小起業家同友会など
 
 
そのような活動に出ていますね。
 
 
興味を持ってもらうためには
 
 
やっぱりイメージは大切だと感じます。
 
 
会社のパンフレットをどうするか
 
 
採用ホームページにはどのようなことが書かれているのか
 
 
会ってもらうには
 
 
いろんな戦略が考えられます。
 
 
その中で上手いなと
 
 
感じる中小企業もあります。
 
 
その会社が特別すごい
 
 
採用マーケティングを
 
 
行っているという様子は感じないのですが
 
 
毎年、定員以上に募集があるそうです。
 
 

 
その会社は、
 
 
”社員の働きがい”
 
 
”社員の働きやすさ”
 
 
を重視している会社です。
 
 
”働きがい”と”働きやすさ”があるから
 
 
社員が自分の会社を自慢する
 
 
その口コミが一番の宣伝になります。
 
 
おそらく母校の先生に
 
 
会社の様子を話すことがあるのでしょう。
 
 
友達にも話をするでしょう。
 
 
そしたらそれを聴いた人が
 
 
自分も働きたいと思ったり
 
 
紹介したいと思ったりするでしょう。
 
 
だから、もし
 
 
採用に力を入れたかったら
 
 
御社に”働きがい”と”働きやすさ”を
 
 
アピールできるようにしてください。
 
 
ただ、問題は
 
 
それを作り出すのには
 
 
とても時間がかかるということです。
 
 
本気で取り組んでも
 
 
3年ぐらいはかかるのでは?
 
 
と思ってしまいます。
 
 
だから本気で大企業に採用活動で
 
 
勝ちたいと思うのであれば
 
 
今日から環境づくりに
 
 
取り組んでいただければと思います。
 
 
 
 
 
 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋