コーチングスキルを学ぶには、どのようなスタイルがオススメですか?
 
 
コーチングの体験セミナーでも良く聞かれる質問です。
 
 
その時、いつもオススメするのが【セミナーで資格取得】です。
 
 
コーチングスクールで講師してるからやろ?
 
 
って言われそうですが(^^;
 
 

 
 
そのように本気で思っているから講師をしているというのもあります(^^)
 
 
そのように思う理由を書きたいと思いますが、一つの理由と捉えてもらえたらと思います。
 
 
セミナーをオススメする理由はシンプルです。
 
 
『コーチングのスキルアップには練習とフィードバックが必要』
 
 
だからです。
 
 
本で学んだ方でも
 
 
熱意のある方は練習できると思います。
 
 
ただ、まだ慣れてないうちは、練習相手を質問攻めにしてしまったりして
 
 
コーチングを良く知らない練習相手にはしんどい場合があります。
 
 
また、よく知っている友達や同僚、家族が最初の練習相手になることが多いですが
 
 
コーチングが機能するために大切なマインドが弱くなってしまう傾向があります。
 
 
だから、コーチングのことを理解している、一緒に学んでいる人同士で
 
 
最初は練習を繰り返すことが上達の要かと考えています。
 
 
だから練習環境が整えられるなら、【本で学ぶ】のもアリだと思います。
 
 
付け加えて、セミナーがオススメという理由について
 
 
そのコーチング正しいの?
 
 
をチェックする仕組みが必要だからです。
 
 
練習が大切です。
 
 
ただ、それは正しい方法で練習する。
 
 
という意味です。
 
 
間違ったコーチングを何回練習しても間違ったコーチングがレベルアップしてしまいます。
 
 
変な癖がついてしまうと、直すのが大変です。
 
 
スクールでもティーチングが染みついた企業の管理職の方々は正しいコーチングを身に着けるのに苦労されることが多いです。
 
 
だから講師から、現状のコーチングで見直した方がいい部分を指摘してもらい改善していくということを繰り返す必要です。
 
 
ただ、そのフィードバックは講師のレベルに左右されます。(^^;
 
 
【本で学ぶ】より【セミナーで資格取得】をオススメとしていますが、
 
 
セミナーで資格取得の欠点はそこかなと思います。
 
 
講師のレベルもありますが、講師よって、コーチングのスタイルが少しずつ異なります。
 
 
学んできたコーチングスクールによってもコーチングの内容が異なりますし、
 
 
同じスクールで学んできても、少しずつコーチングの考え方が異なります。
 
 
コーチングって何ですか?
 
 
という質問に対する回答は、コーチ毎に異なると思います。
 
 
だから、セミナーで学んでも、ご自身が期待したものではなかったとなるかもしれません。
 
 
そしてコーチングセミナーは費用が高額であることが多いです。
 
 
だから、コーチングセミナーで学ぶことはある程度慎重であることも大切かなとは思います。
 
 
そう考えるとまずは【本で学ぶ】から入るのもアリかもしれません。
 
 
コーチングの基本を本で学んで基礎知識を付けた上で、コーチングの学校選びをするのも良いかと思います。
 
 
各コーチングスクールでは無料のWEB講座やメール講座を実施しているところが多いです。
 
 
本を買わなくても、それでも十分基礎的な知識は得られると思います。
 
 
もっと詳しく直接聴きたいという場合は、体験セミナーを開催しているところが多くあります。
 
 
銀座コーチングスクール心斎橋校でも開催しています。
 
 
ぜひ参加して、疑問点は解消していただければと思います。
 
 
【資格取得】をオススメするのは、卒業後も【コーチ】としての意識を持ち続けてほしいからです。
 
 
資格を取得してもらって、【コーチ】としての意識を持ち続けてもらわないとやはり使わなくなる方が多くなるように感じます。
 
 
コーチングは学びはじめると分かりますが、コーチングは思っていた以上に難しいです。
 
 
最初の数年はかなり意識し続けないと、コーチングのスキルを成長させることができません。
 
 
【コーチ】としての意識が抜けてしまうと、せっかく学んだスキルが消えていく傾向が感じられます。
 
 
だから【資格取得】しといた方が良いのではないかなと感じています。
 
 
以上、コーチングを学ぶ方法について、私の考え方を紹介しました。
 
 
※Act And Actの経営相談・セミナー・研修はこちら※
 
 
※お問い合わせはこちら※
 
 
銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋