日本企業の三種の神器

 
日本企業独特の
 
「終身雇用」
「年功序列」
「企業内組合」
 
は三種の神器と呼ばれ、日本独特のものでした。
 
それが、高度経済成長期、日本が大きく飛躍した要因だと考えられています。
 
ただし、現代では、それらが逆にお荷物となって、時代に取り残されつつあります。
 
これからどうなっていくのか。
 
製造業
 
 

〇三種の神器の崩壊

 
「年功序列」は、もう崩壊が始まっているように感じます。
 
会社によっては年下の上司などは当たり前になってきていると思います。
 
「年功序列」「終身雇用」は経済成長期ではとても役立つ制度でした。
 
「会社が一生面倒見てくれる」という制度でしたので、社員は特にリスク冒してまで他の会社に移ろうとはしません。
 
だから会社側としては、人材を安定的に確保しつつ、自社にあった人材を長期計画で育成出来ました。
 
会社側、社員側双方にとって、メリットのある制度でした。
 
 
しかし、時代が変わって、経済成長がほとんど止まっている状態になりました。
 
しかも、外部環境が激しく変わるため、市場動向にあった、長期的な人材育成が難しくなってきました。
 
外国企業のように、必要なスキルを持った人材を必要な時に採用して、人材を流動化させる方が望ましいようになってきました。
 
 
競争環境が激しく変わる現在、企業も柔軟に組織を見直さなければなりません。
 
その時、「終身雇用」「年功序列」が大きな負担になってきたのです。
 
 
AI(人工知能)の進化により、多くの仕事が不要になると言われています。
 
「終身雇用」の場合、AIに変えた方が安く済むのに、負担の大きい人材を抱えなければならなくなります。
 
「年功序列」のため、そのような人材ほど、賃金が高かったりします。
 
「終身雇用」「年功序列」が日本企業の競争力の足を引っ張る形になってきています。
 
 
また、「年功序列」は、頑張らなくても給料が上がる仕組みとも言えます。
 
頑張ってる若手よりも、頑張らないシニア層の方が給料が大きいとなれば、
 
若手のモチベーションにも影響します。
 
 
このような状況をシニア層は死守したいでしょう。
 
だから「企業内組合」で自分たちの利権を守ろうとします。
 
「企業内組合」のすべてを否定するわけでは無いですが
 
会社が成長して初めて意味がある組合という意識が必要です。
 
 
会社の負担を大きくして、競争に負けてしまったら、失うものの方が大きいので。
 
 

 
 

〇新たな三種の神器

 
日本企業を再度成長させるために、新たな三種の神器があるとすれば何だろう?
 
いろいろな考え方はあると思いますが。
 
私は「リーダーシップ」「モチベーション」「コミュニケーション」の3つを強化するものを提案します。
 
組織の三要素を並べただけな形になっていますが(;^_^A
 
これから日本は、ますます格差が大きくなって来るでしょう。
 
そして、世代間の争いも大きくなってくる感じがします。
 
「新しいことにチャレンジしたい若者」「定年までややこしいことに手を出したくないシニア」
 
シニア層が力を持っていると、チャレンジできない会社になり
 
若手のモチベーションを下げ離職を促し、企業の高齢化を進めてしまうかもしれません。
 
逆に言えば、これらの問題を解決し、逆転するような制度を採り入れたら
 
若手もシニアもWin-Winの関係を築けると思います。
 
すべての世代の「モチベーション」が高まる仕組みを取り入れるのが重要です。
 
その前に、「コミュニケーション」が重要になります。
 
「モチベーション」のタネが人それ異なるからです。
 
その、それぞれの違いをまとめていくのが「リーダーシップ」です。
 
 
多様な人材のモチベーションを引き出し、まとめていく。
 
そして、会社をあるべき方向へ引っ張っていく。
 
 

 
 

〇まとめ

 
古い三種の神器
 
「終身雇用」
「年功序列」
「企業内組合」
 
はもうすぐ力を失っていくでしょう。
 
トヨタ自動車の社長が終身雇用は続けられないと発言していたのを覚えている方も多いと思います。
 
 
新しい三種の神器
 
「リーダーシップ」
「モチベーション」
「コミュニケーション」
 
それぞれを強化する仕組み
 
私の考え方であり、抽象的であいまいではあります。
 
おそらく、この方法が正しいというものは、もう現れないのでは無いかと思います。
 
会社、組織、チーム毎に、最適なやり方が変わると思います。
 
メンバーのタイプによっても、規模によっても変わるでしょう。
 
その変化に柔軟に対応できる。
 
そのような組織を作れる会社が今後成長していくのだと思います。
 
 
「リーダーシップ」
「モチベーション」
「コミュニケーション」
 
をそれぞれ強化していくお手伝いを私たちはしています。
 
ぜひサービスについておといあわせください。
 
 
 
 

※各種お問い合わせはこちら※