経営者や管理職にとって、
 
「職場に一体感を作りたい」というのは共通の想いです。
 
団結力の有無で、仕事の成果、業績が大きく変わるからです。
 
 
 
 
 
 

「職場の一体感」がある状態

コーチング
 
「職場の一体感を醸成する」という言葉はありますが、具体的にどうなったら「できた」となるのでしょうか?
「職場の一体感」について書きたいと思います。
 
 

スポーツチームで考える

 
職場の一体感を考えるよりも先に、一体感あるチームを考えて見ましょう。
 
例えば野球チームで、一体感あるチームとはどのようなものでしょうか?
 
団結力のあるチームと言い換えることができるかもしれません。
 
・みんなが勝ちたいと思っている
・勝つためにはお互い協力しようと思っている
 (足を引っ張りたくない)
・気づいたことはお互い指摘して助け合っている
 
そのような特徴がイメージできるのではないでしょうか?
 
 

組織の三要素

 
団結力のあるチームの特徴は組織の三要素で考えることが出来ます。
 
組織の三要素とは経営学者バーナードが組織に必要な3つの要素として提唱したものです。
 
組織の三要素とは次の3つです。
 
・共通目的
・貢献意欲
・コミュニケーション
 
先に書いた、団結力のあるチームの特徴と共通します。
 
団結力の強いチームはこの3つが強いのです。
 
 
 
 

職場の一体感が崩れる状態

ストレスケア
 
職場の一体感が無い職場とは、どのような状態でしょうか?
組織の三要素から考えてみます。
 
 

共通目的がない

 
何を目的に仕事をしているか分からない状態です。
 
業績を上げることが目的に見えるかもしれませんが、何のために業績を上げるのかわかっていません。
 
組織としての目的が分からない状態なので、社員は自分の目的を優先します。
 
いかに楽をして、給料を多くもらうか。
 
社員それぞれが自分勝手に行動したら一体感は生まれませんね。
 
 

モチベーションが低い

 
いかに楽をして、給料を多くもらうかが一番の目的だとしたら、仕事に対するモチベーションは低くなります。
 
仕事のやる気が低い社員がいると、頑張る社員は疲れます。
 
結局やる気を出さない方が得という認識がついてしまうと、チームワークは生まれませんね。
 
 
 

コミュニケーションが無い

 
仕事を協力して進めないといけない場合、コミュニケーションが無いと、ミスが多くなります。
 
他の人に仕事を頼むことができず、抱え込んでしまうかもしれません。
 
何のために仕事をするのか、共通目的を共有できずに、社員が自分勝手に行動する原因になります。
 
 
 
 
 
 

組織の一体感を醸成する

嫌われる勇気
 
職場の一体感を醸成するには、組織の三要素を意識して強化していけば良いのです。
リーダーシップとコミュニケーションを強化します。
 
 

リーダーシップ強化

 
共通目的を作り、発信するリーダーシップが重要です。
 
リーダーがいないと、社員はどこに向かって頑張ればよいか分かりません。
 
まずはメンバーが何のために仕事を頑張るのか、共通目的を明確にしてください。
会社全体であれば、経営理念であることが多いです。
 
そして、その共通目的をメンバーに伝えたとき、メンバーが素直に受け入れてくれるようなリーダーになってください。
そのためにできることはコミュニケーション力の強化です。
 
 

コミュニケーション強化

 
共通目的をメンバーに浸透させていくには、コミュニケーション力が必要です。
 
コミュニケーション力の無いリーダーの場合、伝えたつもりで終わることが多いです。
 
共通目的がメンバーに浸透しない限り、一体感は生まれません。
 
コミュニケーション力強化が職場の一体感を高めるために最も重要です。
 
 

モチベーションは?

 
魅力的なリーダーであれば、メンバーはそれだけでモチベーションが高まります。
 
魅力的な共通目的があれば、メンバーは働きがいが高まります。
 
魅力的な仲間と活発なコミュニケーションが行われたら助け合う環境が生まれます。
 
リーダーシップとコミュニケーションが強化されたらモチベーションは高まります。
 
 
 
 

組織づくりは一日にしてならず

チームビルディング
 
 
職場の一体感を強化するには組織の三要素を強化すれば良いです。
 
しかし、コミュニケーション力の強化はすぐにはできません。
 
すぐに効果が現れないからあきらめる方が多いです。
 
逆に言えば、あきらめなかったとき、必ずコミュニケーション力は強化されます。
 
ぜひ、隣の職場よりも一体感のある職場を作ってください。