中小企業で言えば、尊敬できる経営者ってどんな人?
 
 
ってことになるでしょうか。
 
 
上司が尊敬できる人かどうかで部下のモチベーションは大きく変わります。
 
 
上司がどのようなリーダーシップをとるかですね。
 
 
反対のタイプの上司を考えると、イメージしやすいのではないかと思います。
 
 
尊敬できない上司ってどのような人でしょうか?
 
 
・いつもイライラしている
 
 
・話しをきかない
 
 
・言うことがコロコロ変わる
 
 
・何を考えているかわからない
 
 
・自信がなさそう
 
 
・口は達者だけど実績がない
 
 
・部下に責任を転嫁してくる
 
 
・その上の上司との伝書鳩でしかない
 
 
などなどが思いつくのでは無いでしょうか?
 
 
そんな上司の下についたとしたら。。。どうなるでしょう?
 
 
よっぽど好きな仕事でない限り、やる気を失ってくるのではないかと思います。
 
 
では、これらの要素を全て逆に良い方向に変えるとどうでしょう?
 
 
尊敬できる上司像に近づくのではないでしょうか。
 
 
そのような上司、経営者の下で働けたら、モチベーションが上がるのでは無いでしょうか?
 
 
だから上位職の方で、部下を抱える人は、尊敬されるようなリーダーを目指す必要があります。
 
 
もし部下にやる気を出して働いてほしいと思うなら。
 
 
じゃぁ明日から尊敬される上司になってください。
 
 
と言われても難しいです。
 
 
個人差が大きいと思いますが、普通に考えてかなり時間がかかると思います。
 
 
しかも尊敬できるかどうかは相手が決めることです。
 
 
自分が出来てると思っても、相手がそう思わないとできていないに等しいです。
 
 
だから、尊敬される上司を目指すなら焦らず目指すことが大切かと感じます。
 
 
尊敬される上司を目指す方法の提案としてコーチングスキルを身につけることをお勧めします。
 
 
コーチングスキルを身につけることによって、先ほど挙げた
 
 
尊敬できない上司の特徴を大幅に改善することが出来ます。
 
 
大企業では管理職向けのコーチング研修などがあるのではないでしょうか?
 
 
中小企業ではまだまだ注目されていませんが、早く着手するかどうかで御社の将来がまた大きく変わると思います。
 
 
では、そのコーチングスキルって何でしょう?
 
 
シンプルに応えるとコミュニケーションスキルです。
 
 
もっと言うと”聴く力”に重点を置いた聴くスキルになります。
 
 
”聴く力”は”話す力”より重要なのですが、それを逆に感じられている方が多いです。
 
 
尊敬できない上司の特徴として、”話を聴かない”ということがあります。
 
 
自信のなさから、部下には何も言わさないようにしている場合もあると思います。
 
 
”聴く力”を持つには”自己基盤”を強化する必要もあるのです。
 
 
それらを総合的に高めることが出来るのがコーチングスキルになります。
 
 
コーチングスキルを学ぶ上で知っておいて欲しいことがあります。
 
 
それは、かなりの練習量が必要ということです。
 
 
学校行ったから、研修行ったからですぐにできるようになるものではありません。
 
 
一瞬で尊敬される上司になれないのと同じですね。
 
 
コーチングを学ぶ人が最初に感じることが”聴く力”の難しさです。
 
 
学ぶ前の人にとっては”聴く”ことはとても簡単に感じることだと思います。
 
 
なぜなら普段、それなりに会話しているから。
 
 
相手の言ってることは聞こえてるからです。
 
 
ただ相手のことを言っていることを聴くのと、傾聴することでは大きく異なります。
 
 
”聴く力”にレベルがあるとすると、より高いレベルを目指す必要があります。
 
 
それをどのように測るのか。
 
 
それは相手の人がどれぐらい本音で話しをしてくれるかで測ります。
 
 
人は”聴く力”が無い人には本音でたくさん話しをしたいとは思いません。
 
 
”聴く力”が無い人との会話は表面的で薄っぺらいものになるのです。
 
 
尊敬される上司には、部下も自分の本音の想いを聴いてほしいと思うでしょう。
 
 
尊敬される上司は”聴く力”があるから、それをどんどん引き出すことができるでしょう。
 
 
それを認めてもらえた部下のモチベーションはきっと高くなっているはずです。
 
 
繰り返しますが、この”聴く力”はすぐに身につくものではないです。
 
 
意識して継続する必要があります。
 
 
その過程でいろいろな壁にぶつかると思いますが、それでも継続してほしいと思います。
 
 
その先に、尊敬されるリーダーへの道が開けてくることになります。
 
 
※Act And Actの経営相談・セミナー・研修はこちら※
 
 
※お問い合わせはこちら※