”聴く力”とは何でしょうか?

コラム「コミュニケーションを活性化する」の続きからお話ししようかと思います。

”ちゃんと聴きなさい!”

”ちゃんと聴いてたのか?”

”聴く力”と言うと、どうも話し手の話を理解できているのか?

そんな意味で使っていないかなと感じます。

それだと、どんなに聴く力があったとしても、興味のない話や

知らない話だとチンプンカンプンになってしまいます

聖徳太子のように10人同時の話を理解できるというものでも無いと思います。

それでは一般的に”聴く力”をつけなさいとはどのようなことを言うのでしょうか?

コーチングスキルの中では”聴く力”とは

”相手に本音でたくさん話してもらう力”としています。

”聴く力”が強くなると、本音度や話す量が大きくなります。

コーチングは”聴く力”を高めないとできないスキルなので、コーチングを学ぶと”聴く力”を高めることにつながります。

私がコーチングスキルを身につけることをお勧めする理由です。

では、コーチングとは何でしょう?

コーチングとは。。について、各コーチング教育機関ごとに定義がことなるので、明確なものはありません。

私も時と場合によって言い方が変わることがありますが、大ざっぱにいうと

「思考の整理を手伝って、意思決定を早めるもの」だと考えています。

人はだれでも選択に迫られる時があります。そして迷います。

場合によっては先延ばしにしたりすることも多いかと思います。

もし、それが早く意思決定できたら、物事がどれだけ進むだろう。

それを支援するものがコーチングです。

コーチングの語源は馬車(COACH)になります。

現在で言うタクシーですね。

お客さんが行きたい場所に連れて行くものです。

コーチングにおいて、お客さんの行きたい場所とは、市場シェアの拡大、組織力の向上など抱えている課題の解決です。

お客さんの行きたい場所を”聴く力”で引き出しながら、整理してもらいます。

整理しているうちに、「あ、これならやってみる価値あるかも」などの気づきが生まれます。

それに気づいたら行動する意思が生まれます。

このように意思決定を早めていくお手伝いしていくのがコーチングの仕組みになります。

追い詰められて意思決定するのと、早め早めに意思決定して行動していくのでは結果が異なります。

目標達成の可能性を高めていくのに、コーチングスキルが必要なのです。

ただ、このコーチング。スキルだけでは機能しません。

何故なら”聴く力”で話を引き出しますが、”本音の話”でないと機能しないからです。

嫌いな上司がいくら”聴く力”を駆使して、話を聴いてきても”本音”で話をしようと思わないかもしれません。

これまで怒ってばかりいたりとか、否定ばかりするとか、部下の成果を奪ってしまうとかしてきた上司には不信感しか無いでしょう。

コーチングの企業研修を受けたけど効果が無いとよく言われますが、このようなことが要因ではないかと思います。

コーチングスキルを身に着けるには多くの訓練が必要だからです。

逆にいうと、コーチングスキルを磨き、部下が本音で話しをしてくれるようになったとき、その上司が発揮するリーダーシップは強いものになります。

コーチングスキルはリーダーにとって必須のスキルとも言えます。

コーチングは信頼されていないと機能しませんし、

信頼されているリーダーでないとチームをまとめることはできません。

コーチングと似たものに、

コンサルティング・ティーチング

カウンセリング

セラピー

など、様々な手法があります。

TPOについてお話しするときにまわしたいと思いますが

コーチングがすべてのシーンで活用できるわけではありません。

状況によって使い分ける必要があります。

対象者のレベルによっても異なります。

新入社員であったら、ティーチング(教える)方が多めの方が良いでしょう。

中堅以上であれば、コーチングの方が多めの方が良いでしょう。

また、コーチングは原則教えるものではありません。

教えなくて、クライアントの問題解決するのか?

と疑問に思われることは多いです。

コーチングだけですべてが解決するとは思っていませんし、それは先にお話しした通り状況によって使い分ける必要があると思います。

ただ、クライアントのモチベーションの種や、目指したい成長の方向性、得意なことなどなど、それを知っているのはクライアントだけです。

逆に、どんな業種業態であって、どんな人材がいる会社であっても、絶対的な経営に関する問題解決方法を教えられるコンサルタントがどれぐらいいるでしょうか?

いるとしたら不況も怖くない名経営者になるでしょうね。

コーチングの面白さは、体験してみないとなかなか伝わらないかもしれません。

ぜひ、コーチングスキルに興味をもっていただきたいなと思います。

 

 

※ビジョナリー経営導入プログラム・コーチングセミナーなどはこちら※
 
 
※お問い合わせはこちら※