SDGsという言葉を耳にしたことありますか?

大阪万博開催決定のときに、よく見かけたので

聞いたことがあるという人は多いと思います。

けど中身についてはあまり知らない方が多いのではないでしょうか?

外務省のホームページより

『持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます』

と紹介されています。

2030年までに、17のゴールを目指していこうというものですが、

大企業は徐々に周知をすすめ、取り組み始めていると思います。

逆に中小企業はまず自社をどうにかしないとという意識が強いのか、SDGsにはまだまだ関心が薄いように感じます。

確かに、SDGsを意識しすぎて、会社がダメになるのは本末転倒ですが

SDGsを全く意識せずに経営していくことも今後問題になるのでは無いかと思います。

商品・サービス以外の面からも、社会から必要だと認識してもらえる企業であることは、メリットしかないと思います。

社員にとっても、自社が誇りに思えるようになりますし、

学生にとっても働きたい会社になるかもしれません。

人材の定着率にもプラスに働きますし、営業面でも社会貢献度の高い会社の商品・サービスを選ぼうという流れがますます強くなってくる可能性があります。

また、中小企業であれば、補助金、助成金など、国からの支援も得られやすくなる可能性があります。

SDGsを経営のプラスになるように活用していくことが望ましいです。

17の目標・ゴールについて

1.貧困をなくそう
あらゆる場所で、あらゆる形態の貧困に終止符を打つ

2.飢餓をゼロ
飢餓に終止符を打ち、食料の安定確保と栄養状態の改善を達成するとともに、持続可能な農業を推進する

3.すべての人に健康と福祉を
あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する

4.質の高い教育をみんなに
すべての人々に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する

5.ジェンダー平等を実現しよう
ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図る

6.安全な水とトイレを世界中に
すべての人に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保する

7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに
すべての人々に手ごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する

8.働きがいも経済成長も
すべての人のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)を推進する

9.産業と技術革新の基盤をつくろう
強靭なインフラを整備し、包摂的で持続可能な産業化を推進するとともに、技術革新の拡大を図る

10.人や国の不平等をなくそう
国内および国家間の格差を是正する

11.住み続けられるまちづくりを
都市と人間の居住地を包摂的、安全、強靭かつ持続可能にする

12.つくる責任 つかう責任
持続可能な消費と生産のパターンを確保する

13.気候変動に具体的な対策を
気候変動とその影響に立ち向かうため、緊急対策を取る

14.海の豊かさを守ろう
海洋と海洋資源を持続可能な開発に向けて保全し、持続可能な形で利用する

15.陸の豊かさも守ろう
陸上生態系の保護、回復および持続可能な利用の推進、森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の阻止および逆転、ならびに生物多様性損失の阻止を図る

16.平和と公正をすべての人に
持続可能な開発に向けて平和で包摂的な社会を推進し、すべての人に司法へのアクセスを提供するとともに、あらゆるレベルにおいて効果的で責任ある包摂的な制度を構築する

17.パートナーシップで目標を達成しよう
持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する

となっています。

数が多いので、中小企業にはできること、できないことがあると思います。

自社の経営理念と価値観の合うところから始められたら良いのではないかと思います。

これから国を挙げて、取り組んでいく課題になりますので、後手後手に回らないように取り組んでみてください。

 

 

※ビジョナリー経営導入プログラム・コーチングセミナーなどはこちら※
 
 
※お問い合わせはこちら※