4月から新入社員が入ってくる会社も多いのではないでしょうか。

そして、3割ぐらいが3年以内に辞めてしまうらしいです。

辞めてしまう理由は色々あると思いますが、

思っていたような仕事ではなかったということもあるのではないでしょうか?

この前、メンタリストDaiGoさんの講演を聴きにいってきました。

他のところでも話題になったのですが

自分に向いている仕事って何だろう?

自分に向いている仕事とやりたい仕事は別だったりすることがあります。

最初からその仕事に対して情熱があってその仕事についた人

その仕事を継続しているうちに情熱が高まってくる人

DaiGoさんによると、後者の方がほとんどだそうです。

そしていろいろな書籍からも、体感的にもわかることですが

その仕事に情熱が高まらないかぎり、生産性はあがりません。

やる気が出ない仕事をやってても、生産性を高めようという意識も働きにくいです。

いろいろな情報から感じられること。

その仕事に適性があるかは、3年ぐらい、思いっきり取り組んでみないとわからないということです。

DaiGoさんも、すぐ自分に向いていないと判断して、次々と転職繰り返す人はもったいないと言っていました。

ほんとに辞めた方がいい会社の場合もあるので、ケースバイケースですけどね(^^;

ただ、今は労働者の売り手市場なので、転職しやすい環境にはありますね。

雇用側、上司は、逆にせっかく育成した社員が辞められると大きな損害になります。

社員の情熱が高まるように、仕事を与えていく必要があります。

仕事の中には、重要だけど、誰でもできるような単純な作業もあると思います。

誰もやりたがらないけど、誰かがやらなければならないような仕事もあると思います。

そのような仕事も社員に割り当てていくこともあるかと思います。

そのような仕事を割り当てられた社員はどのようにモチベーションを上げましょう?

もしかしたら、期待してないから、そのような仕事を割り当てられたのだと感じているかもしれません。

そんなことやるために、この会社に入ったのではないのにと思っているかもしれません。

そのような仕事を割り当てた上司に対して不信感をもっているかもしれません。

そのような社員のモチベーションをどのように高めましょう?

おそらく何もしていないというのが現状ではないかと思います。

このような場合、何よりも重要なのがコミュニケーションです。

まず、経営者や上司が、その仕事を重要なものだと心の奥から信じることです。

上司がその仕事を、仕事ができないやつがやるものだと思っていたら

たとえ建前で、この仕事が重要だと伝えても、嘘だと伝わります。

他の仕事をしている人との対応に差を感じるので(^^;

次に、部下の想いをしっかり聴くことです。

今の仕事の不満、やりたいこと、などなど

すぐにできるできないは別にして、一旦すべて受け止めることです。

不満は消えることはないと思いますが、上司は自分の気持ちを分かってくれていると感じることができるかもしれません。

自分の気持ちを分かってくれていると感じてくれていたら、上司がその仕事についてどのように思っているかも、部下はしっかり聴いてくれると思います。

上司も部下も人であって、個性もバラバラですので、

それがすぐできる場合、ものすごく時間がかかる場合があります。

時間がかかったとしても、継続して信頼関係を構築していくことは大切です。

お互いに信頼関係ができれば、その、やる気が出ないような仕事をどのようにすれば、もっと良い感じでまわせるのか

相談しあえる環境ができるかもしれません。

そこまでできたら全体的に業務の改善が進み、生産性が上がるかもしれません。

そういうことができたら、仕事にやりがいが生まれてくる可能性が高まります。

その仕事が向いているかどうかは、やりがいを感じるかどうかが重要だと思います。

そのやりがいが生まれるかは、職場でどのようなコミュニケーションをとっているかに左右されると考えています。

仕事にやりがいを感じないから会社を辞めると言い出した時、上司の責任は重たいです。

ぜひ職場のコミュニケーション力を高める取り組みをしてください。

 

 

 

※ビジョナリー経営導入プログラム・コーチングセミナーなどはこちら※
 
 
※お問い合わせはこちら※
 
 
銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋