中小企業診断士でもコーチングを学んでいるという方とよくお会いします。
 
 
中小企業診断士というと、経営コンサルティングなので、コーチングというと対局にあるように感じます。
 
 
なのに、どうしてコーチングスキルが必要とされているのか?
 
 
それは、経営コンサルティングだけでは限界があるからです。
 
 
経営コンサルティングというと、経営コンサルタントの知識や知恵をクライアントに提供して
 
 
クライアントの課題を解決するというものです。
 
 
それはそれで有効的なものです。
 
 
だから多くのコンサルタントが存在している理由もそのためだと思います。
 
 
ただ、問題があるとすれば、
 
 
経営には正解が無いということです。
 
 
教科書的な知識や、一般的な正論では通用しないケースも多くあります。
 
 
他者と差別化して競争優位を築いてください。
 
 
とアドバイスされても、すぐにはできない会社が多くあります。
 
 
”できるんだったらやってる”と反論されるかもしれませんし、
 
 
そんな風に急に競争環境を塗り替えられるような、アドバイスができるコンサルタントがいれば
 
 
自分でビジネスを始めているかもしれません。
 
 
どのようなアドバイスをする場合でも、クライアントの会社の状況を正確に把握しておかないと
 
 
上手くいくはずのものも上手くいきません。
 
 
あるコンサルタント会社は、こうしたら経営が上手くいくという手法を標準化して
 
 
どのような会社にも同じ手法の導入を進めていくということをきいたことがあります。
 
 
その会社では導入が難しい手法を強制的に導入されたことによって現場がかき回されたという話でした。
 
 
効果が無ければ、コンサルタントの言った通りにしなかったからだと言われる。
 
 
という話を聞いたこともあります。
 
 
だから重要なことは
 
 
まず、クライアントの会社の状況を正確に把握して、その状況に応じたアドバイスをすること
 
 
そして、そのアドバイスに同意し、行動へのモチベーションを高めること。
 
 
です。
 
 
高度なアドバイスをしたところで、社員のレベルがついてきていなかったり、経営資源が少なかったりします。
 
 
どうしても改善策を実行に移すことは、めんどくさいことであることも多いです。
 
 
そして、効果には時間がかかることも多くあります。
 
 
それを行動に移してもらわない限り、成果につながらないので、モチベーションを高めることが重要です。
 
 
あと持論ですが
 
 
経営コンサルタントがいかに経営に対して知識があったとしても
 
 
会社の経営者以上に、自社の状況、自社の業界のことなどを知っている経営コンサルタントはそれほどいないのではないかと思います。
 
 
というわけで、
 
 
経営コンサルタントと言えど、経営者から会社の状況や業界のことを引き出したり、経営者が行動に移すモチベーションを高めるスキルが必要になってきます。
 
 
そのためのコミュニケーションスキルがコーチングスキルです。
 
 
コーチングの語源と言えば、馬車になります。
 
 
現代で言うとタクシーです。
 
 
クライアントが望む場所まで連れて行く。ということが語源になっています。
 
 
行き方を教えてあげるコンサルティングではないと、クライアントはそこにたどり着けないのではないか
 
 
と思われる方も多いと思いますが。
 
 
行き方を考えてもらうコーチングでも、たどり着くことは可能です。
 
 
しかもその行き方は、コンサルティングよりも選択肢が増える可能性が高いです。
 
 
このコーチングの手法をマスターしておくとコンサルタントにもメリットがあります。
 
 
コーチングは”答えが相手の中にある”を前提としているため、基本教えないというスタンスで行きます。
 
 
だから、コーチが知らない分野でも対応できるということです。
 
 
コンサルティングはコンサルタントの知ってる知識や知恵までしか与えられません。
 
 
しかも与え終わったら、終わってしまいます。
 
 
その点、コーチングの方が長期の視点で関わっていけると思います。
 
 
コンサルタントでも長期に関わっておられる方は存在します。
 
 
おそらく、コーチング的なかかわり方が自然とできている方なのではないかと思います。
 
 
相手から引き出すコミュニケーションが少し苦手だなと感じる方は
 
 
ぜひコーチングを学んでみてください。
 
 
※ビジョナリー経営導入プログラム・コーチングセミナーなどはこちら※
 
 
※お問い合わせはこちら※
 
 
銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋