10連休いかがでしょうか?

当初、長すぎて様々な問題が発生するのではないかと

いろいろ不安にされていましたが、無事に終盤を迎えました。

この様子だと何事もなく連休明けを迎えることができそうですね。

それよりも問題になりそうになってくるのが、

休みすぎて、もう会社に戻りたくないって気持ちが強くなっていることでしょうか。

そして無気力感へとつながる五月病の懸念でしょうか。

もし社員が会社に戻りたくて楽しみでウズウズしているなら、その会社はうまくいってるでしょうね。

もし社員が早く会社に戻って仕事をしなきゃと焦っているなら、その会社は働き方を見直す必要があるかもしれません。

会社に戻りたくなくなるってことは、職場が楽しくないってことが大きいのではないかと思います。

新入社員の方たちは連休に入って、同級生で集まって、入社してどうだった?って情報交換してるでしょう。

そして友達の会社と比較して、このままの会社でいいのかな?って疑問に思う。

”隣の芝生は青く見える”ってなるんですよね(^^;

実際は、どこの会社でも、そこはそこでいろいろ課題はあると思うのですが

そう思ってしまうのは止められないと思います。

そうなっても、今の会社が働きやすいわって思ってもらえてたら、あまり心が揺らされたりすることは無いでしょう。

今の会社が良いわって思ってもらえるには何が必要でしょうか?

同級生の集まりでは、

・どれだけ給料で、待遇面はどうか?

・どれだけ残業しているのか?

・どんな上司がいて、どんな同僚がいるのか?

・仕事面白い?

などなどが話題になるでしょう。

給料や待遇面は管理職の権限では変えられないものでしょう。

それ以外なら上司次第で大きく変えられるところだと思います。

今の社員は、残業時間があったり、休みが少なかったら嫌になる場合があります。

それを解消するためには、生産性の改善に取り組む必要があります。

仕事のやり方を工夫して、無駄を省いて生産性を上げる。

管理職の大切な仕事ですね。

今年から年次有給休暇取得の義務化も始まっています。

労働時間を減らしても、生産量を増やすような仕組みを取り入れることが必要になってきます。

ECRSの原則で今の仕事を見直してみてはいかがでしょうか?

もし、「上司が嫌い、同僚が嫌だ」と思われているとしたらどうしましょう?

そんな部下はいらないって思うならそれはそれで構わないし、ケースバイケースでしょう(^^;

ただ、もし自分の部下だけ、社員が入ってきてはすぐ辞めるという状況が続いたらどうしましょうか?

もう一つの「仕事が面白くない」も上司による影響が大きかったりします。

あの上司は仕事のやる気をなくさせるという話もたまに聞きます。

社員のモチベーションを大きく左右するのは、上司のリーダーシップのあり方であることが多いです。

部下のチームワークを高めるリーダーシップ。

部下のやる気を引き上げるリーダーシップ。

どのようなことを意識されて行動していますでしょうか?

ここで必要になるのが上司・リーダーのコミュニケーション能力です。

その中でも”聴く力”です。

どのような声がけが、部下のやる気を引き出すかとか

部下のやる気を引き出すトーク術など

コミュニケーション力というと”話す力”が注目されがちですが

”聴く力”の方が重要です。

多くの管理職の方は”話す力”はあります。

”話す力”があるから、管理職になれているのだと思います。

ただ管理職になったときからは”聴く力”が重要になってきます。

なぜなら、部下がやる気をなくすのは”聴いてもらえないとき”だからです。

仕事を頑張ってもレスポンスが何もなければ、面白くありません。

それどころか怒られたり、否定されたりばかりだとやる気を失います。

それは同僚であってもそうです。

話を聴かない上司の部下は、同じような部下になります。

そしてチーム全体が殺伐とした雰囲気になってくるかもしれません。

休み明けにそのような職場に戻ると思うと憂鬱になりますよね

部下がそのような思いにならないように

ぜひ”聴く力”を強化してください。

その方法として、コーチングスキルの習得をお勧めします。

 

 

※ビジョナリー経営導入プログラム・コーチングセミナーなどはこちら※
 
 
※お問い合わせはこちら※