経営者を対象としたコーチングにオススメの本を紹介します。
 
 
管理職に対するコーチングでも通用するものだと思います。
 
 
その本は【ドラッカー全教え】
 
rakuten

 
 
コーチではなく、コンサルタントとして活躍したドラッカーについての本です。
 
 
ドラッカーは現代経営学の父と呼ばれ、経営コンサルタントとして活躍した人物です。
 
 
そのドラッカーがどのような考え方でコンサルティングを行っていたかがまとめられている本です。
 
 
内容を見ると、ドラッカーは質問中心に行っていたことがわかります。
 
 
コンサルティングといいながら、コーチングを行ってたんですね。
 
 
ドラッカーによる質問に答えるうちに、経営者は自ら答えを見つけ、行動し
 
 
自社を成長させていきました。
 
 
ドラッカーは「私の武器は無知」と言っています。
 
 
コーチングでも同様の考え方です。
 
 
「答えは相手の中にある」
 
 
特に自分の知識を相手に与えなくても、相手は自ら答えを見つけることが出来る。
 
 
そのコーチングスタイルで多くの成果をあげてきたドラッカーの本を読むと
 
 
経営コンサルティングでなくとも、コーチングで経営者が抱える課題は解決できるのだと証明してくれます。
 
 
 
そのドラッカーが大切にした考え方が
 
 
いろいろ整理されている本です。
 
 
エグゼクティブコーチを目指している方は一読をお勧めします。
 
 
※ビジョナリー経営導入プログラム・コーチングセミナーなどはこちら※
 
 
※お問い合わせはこちら※