若手社員の連鎖退職の問題。

企業にとっては大きな悩み。

採用して早々、思っていたのと違った

といって退職する若手社員。

GW連休明けも退職リスクがあると言われていましたが

無事に切り抜けられたでしょうか?

これらの問題を解決する方法として、

ネット上で様々なコラムが投稿されています。

私たちが提案することはコミュニケーション力の改善

そのための自己啓発としてお勧めしているのがコーチングスキル

 

コーチングスキルが身につく職場のコミュニケーション力強化研修なども行っています

その理由は後で書いていこうと思います。

 

人手不足になったこともあり、

社員が相対的に強い立場になった影響かもしれません。

・連鎖退職されそうな上司の立場?

・連鎖退職する方法が知りたい部下の立場?

 

どちらにしろコミュニケーション力は一生使えるスキルなので、

部下の立場であっても高めておいて損はありません。

いずれ上司になるでしょうから。

また、組織の中でも、優先的に出世していくのは

コミュニケーション力の高い人であることが多い。

コミュニケーション力の高い部下と低い部下。

どちらと関わっていくことが上司側にメリットがあるでしょう?

考えてみると、部下という立場であっても

コミュニケーション力を高める必要性は感じるのではないでしょうか?

 

上司側に話しを戻します。

連鎖退職を防ぐ方法として、繰り返しになります。

他人はすぐに変えられないということが前提。

ご自身のコミュニケーションスキルを強化してください。

もっと言えばコーチングスキルを身につけてください。

 

なんで上司がコミュニケーションスキルを強化せなあかん?

逆では?って言われそうですが

上司の方がコミュニケーションスキルを強化した方が、スムーズです。

理由は下に書いていこうと思います。

 

 

連鎖退職の話。

不況の時代は、どうやって社員に辞めてもらおうかと悩んでられた方たちが

今はどうやったら辞められないようになるかを悩まれています。

一人辞めたのをきっかけに、

他の社員の辞めたい気持ちに火が付くことがあります。

辞めようか迷っている社員の背中を押してしまいます。

 

会社としては、ダメージが大きい。

抜けられることで、仕事が他の人に負担が行く。

連鎖で複数人同時に辞められてしまうと、そのしわ寄せがひどい。

これまでに育成にかかったお金も無駄になる。

新しい人材を採用して、同じレベルにまで

育てるのが大変ですし、大きなコストがかかる。

機会損失まで加えると大きな損害です。

 

こういった連鎖退職を防ぐにはどうすれば良いか。

単純に、「この会社で働きたい!」って気持ちにさせることです。

同時に「この会社、しんどい!」って気持ちを減らすことです。

繰り返しますが、人の気持ちを変えるにはものすごく労力が必要です。

一瞬で変わるとは思わないことも大切。

「この会社、しんどい!」を作り出す要素は

”会社を辞める理由ランキング”や

”会社で感じるストレスランキング”

を検索してみてください。

それを裏返して良いものにすれば、

「この会社で働きたい!」に変わります。

「職場の人間関係が悪い」のであれば、

「職場の人間関係を良くすれば良い」に変えればいいのです。

ただ、「職場の人間関係」が悪いとは、お互い表面上はいい顔をするので、

感じにくいかもしれないですけど。

 

しかし、現実的に常に上位にくるものが「上司との人間関係」

上司と部下のコミュニケーションに問題があることがわかります。

上司と部下のコミュニケーション、どちらからの改善アプローチの方が効果があるか?

もちろん上司からです。

 

だから上司側から、コミュニケーション力の強化が必要なのです。

人間関係は、いかに密なコミュニケーションがとれているかで判断できるかなと思います。

会社を辞める理由としてあがる他のものとして「給料が低い」というものもあります。

「給料が低い」は「給料が高い」に変えればいいと思いますが

変えられない会社も多いです。

 

だから、その他の項目を優先的に改善してもらえればと思います。

給料が低くても「この会社で働きたい!」って思ってもらうにはどうすれば良いか?

多くの場合、言われるものが

”やりがい”

給料が低くても”やりがい”のある仕事を与え続けてくれるなら

「この会社で働きたい!」の気持ちは強くなります。

 

 

御社の社員が感じる”やりがい”は何ですか?

それは、御社だけでしか感じられないものですか?

 

ところでこの”やりがい”についても重要なことがあります。

それは、何かからのフィードバックが無い限り、強く感じることができないということです。

どんなに頑張っても、誰も反応してくれなかったら”やりがい”は感じません。

反応といえば。。。

コミュニケーション

 

相手にやりがいを感じてもらうためにもコミュニケーションが必要なのです。

尊敬される上司。嫌われる上司。

その違いは何でしょうか?

その違いを見ようとしない限り、連鎖退職の不安は消えないでしょう。

ぜひ、改善するための行動をとってください。

職場のコミュニケーション力強化研修なども行っています

ぜひお問い合わせください。

 

 

※ビジョナリー経営導入プログラム・各種企業研修などはこちら※
 
 
※お問い合わせはこちら※
 
 
銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋