大阪府中小企業家同友会で”経活”という言葉を流行らそうとしている。

単に”経営活動”の略ですが。。(^^;

就活

終活

婚活

妊活

などなど

〇活って言葉が広まってるのに便乗した感じですね(^^;

けどそれで”経営活動”ってことに意識が高まるなら

それはメリットのあることだと思います。

これから”経活”のことを書きますが

あくまで持論です。

大阪府中小企業家同友会の意見とは関係ないのでよろしくお願いします。

”経営活動”ってある意味内容的には曖昧で

多くの経営者が”経営活動”をしているというよりも、

成り行き経営になっているケースが多いのでは無いでしょうか。

”経営活動”と一言でいっても、内容はいろいろです。

経営に関わる活動は多岐に渡るからです。

・経営資源の調達から配分

・人材育成

・事業開発、商品、サービス開発

・生産管理

・在庫管理

・情報システム管理

・販売管理

・経営戦略策定

などなど

細かく挙げればきりが無いでしょう。

あまりにも多岐に渡るので、

人材の少ない中小企業には抜けが生じがちです。

だから経営者にとっての”経活”とは

権限移譲することだと思います。

経営者の役割とは何でしょう?

多くの場で語られることだと思います。

”意思決定すること”と言われる言葉はよく聞く感じがします。

けど”意思決定”は末端の社員までする必要があると思います。

現場現場与えられた役割の中で常に意思決定を求められるので。

”意思決定する”は正解だと思いますが、すこし矛盾があるなと思います。

この前、セミナーで聴いたので

おもしろいなと思ったのが

経営者・リーダーの役割とは、同じレベルの人材を2名育てること

と言っていました。

なるほど!と思いました。

一人の経営者では限界があっても、二人になれば、それだけ事業を拡大できます。

だから会社を維持成長させていくためには、自分以上の人材をに2名育てることが必要です。

それはそうだなと思いました。

私の考えも近いものがあります。

経営者の役割とは、”組織をつくる”ことだと思います。

組織とは、

経営者が一人では手が回らなくなって

人を採用するところから始まります。

採用した時点から、組織づくりが経営者の役割になるのです。

と考えています(;^_^A

だから経営者の仕事は

会社の目的に向かって、どれだけ効率的に推進できる組織を作り上げるかによって

経営目標の達成スピードが変わります。

だから、私の思う”経活”は、どれだけ目的に向かって一丸となれる組織を創るかです。

では、そんな組織はどのように作っていくのでしょう?

組織づくりには3つの要素が必要です。

組織の三要素

・共通目的

・貢献意欲

・コミュニケーション

です。

まずどこに向かうか、共通認識が無いと

みんなバラバラになりますよね。

だから一丸になるためには共通目的が必要です。

ただ共通目的があったとしても、誰もそれを知らなければ、意味がありません。

だから、組織メンバーに認知してもらうためにコミュニケーションが必要です。

ただし、共通目的を知っていたとしても、

それに”だから?”って感じで、興味なかったとしたら

何の意味もありません。

それに向かって協力したいと思える貢献意欲が必要なのです。

それでは、貢献意欲を持ってもらうためには何が必要なのか。

多くの場合、給料や福利厚生、ボーナスなど待遇面を与えることによって

貢献意欲を持たせようとします。

ただ、それだと弱いのです。

会社が苦しくて、待遇面が維持できないとき、組織のメンバーが離反します。

中小企業に良い人材が集まらないということも、そのような要因を重視して、組織のメンバーの貢献意欲を引き出そうとしているから

待遇が低いと感じられたら人材の集まりは悪くなります。

だから貢献意欲は、待遇面以外で引き出す必要があるのです。

では、何が必要なのか、

それもまた”コミュニケーション”です。

モチベーションを引き出すコミュニケーションです。

リーダーの言葉にどれだけ魅力があるか。

またリーダーだけではありません。

このチームメンバーと一緒に仕事をするのが楽しいって思えたら、貢献意欲は高まります。

お金とは違う価値で、組織の一体感、推進力がでます。

このような組織を創っていくことが

”経活”ではないかと思います。

このような組織づくりのサポートをしています。

もし興味がありましたら、ぜひお問い合わせください。

 

 

※ビジョナリー経営導入プログラム・コーチングセミナーなどはこちら※
 
 
※お問い合わせはこちら※
 
 
銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋