現在、多くの企業が人手不足で苦しんでいる。
 
 
今後ずっとその状況は続くのでしょうか?
 
 
私はそうは思いません。
 
 
近年、世界経済への参加者が新興国にまで広がってきているので
 
 
世界レベルで経済が動きます。
 
 
参加者が多い分、山と谷の差が激しくなってきているように感じます。
 
 
有効求人倍率がバブル期並みという状況が続いていることに
 
 
少し異常値に達しているようにも感じます。
 
 
バブルは弾けて、初めてアレがバブルだったと分かる
 
 
とよく言われます。
 
 
少し、今はバブルなのではないかと疑っています。
 
 
 
今はアメリカ発の貿易戦争により、
 
 
景気減速懸念が出始めています。
 
 
心配される方が多いですが
 
 
私は、バブルが蓄積されてきている状態から
 
 
ガス抜きしている状態になって良いのではないかと考えています。
 
 
 
 
ところで
 
 
今の会社状況はいかがでしょうか?
 
 
もしお客様は増えている。
 
 
けど人手不足だから、十分に対応できない
 
 
もしくは人件費が高騰しているから利益率を犠牲にしている
 
 
もしくは残業代が増加している
 
 
けど働き方改革が入ってジレンマに陥っている
 
 
などなど無いでしょうか?
 
 
 
 
今のお客様が増えている状況が
 
 
もし逆転し始めても耐えられる経営をしていますか?
 
 
お客様が減っても
 
 
社員は簡単には減らせません。
 
 
社員の給料も減らせません。
 
 
それでも黒字経営できますか?
 
 
 
経営環境は変化し続けます。
 
 
しかもその変化は突然来たりします。
 
 
中国ではHuaweiの下請け企業の多くが
 
 
倒産に追い込まれたというニュースを聞きました。
 
 
 
景気が悪くなると、大企業が値下げしてきます。
 
 
売上げを確保するために中小企業のお客様を奪いに来ます。
 
 
そのための準備ができていますか?
 
 
アベノミクスが始まって好景気が長く続いています。
 
 
だいぶ長くなってきたこともあり、
 
 
失われた30年だった、デフレ時代のことを忘れてないかが気になります。
 
 
最近耳にする中小企業の課題の多くが、人材確保、販路開拓がほとんどだからです。
 
 
新商品・新サービス開発、人材育成が後回しにされているように感じます。
 
 
 
最初に述べたように私は、この好景気がいつまでも続くと思いません。
 
 
人手不足状態もそうです。
 
 
AI、ロボットの進化によって、多くの仕事が奪われるとも言われます。
 
 
実際銀行では店舗の閉鎖、リストラが始まっています。
 
 
先日製薬会社や電機メーカーでも早期退職募集の話がありました。
 
 
人手不足になれば、大手は少ない人材でも大丈夫なように、生産性改善の工夫が進みます。
 
 
そうなれば、大手から人材が溢れてきます。
 
 
一時は中小企業に人材が流れてくるかもしれませんが、
 
 
人材に頼って、生産性改善に遅れた中小企業は、大企業に価格競争で負けてしまうでしょう。
 
 
 
AIやロボットの導入で人材が不要になったとしても、新しいビジネスが生れるから大丈夫という話はあります。
 
 
実際銀行も、ATMが導入されたとき、多くの仕事が奪われましたが、
 
 
証券販売など、新しいビジネスが生れて大丈夫だったとききます。
 
 
だから、おそらくそれは正解だと思います。
 
 
けど、問題は、その新しいビジネスを生むのが誰か?ということです。
 
 
他社がそのビジネスを生んだら、自社にとっては脅威になります。
 
 
最近は副業を認める会社も増えてきています。
 
 
つまり中小企業にとっては、競合が増える可能性があります。
 
 
直接的な競合でなくて、商社のようなことを始められると、ビジネスの流れが一気に変わる可能性があります。
 
 
 
いろいろ、不安になることを述べてきましたが
 
 
過剰に不安になる必要は無いと思います。
 
 
ただ、重要なことを後回しにして、目先の課題にいっぱいいっぱいになっている企業をよく見る感じがします。
 
 
いわゆるグレシャムの法則に陥っているように感じます。
 
 
確かに目先の課題を解決することは大切ですが、
 
 
目先の課題はNo2以下に任せて
 
 
経営者は経営戦略的な課題に取り組んでほしいと思います。
 
 
環境変化があったとしても勝ち残っていけるように
 
 
新事業の開発にとりかかる。
 
 
人材確保よりも人材育成にとりかかる。
 
 
などなど、今の経営環境がいつまでも続くと考えないで
 
 
しっかりとぶれない経営ができるように取り組んで欲しいと思います。
 
 
ぶれない経営をするための、経営サポートをしています。
 
 
ぜひお問い合わせください。
 
 
※経営サポート・聴く力コミュニケーション企業研修などはこちら※
 
 
※各種お問い合わせはこちら※
 
 
銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋