中小企業の人材不足は慢性的な感じがします。
 
 
べつに中小企業でなくても、業種によっては大企業でも
 
 
人材採用に苦しんでいるようです。
 
 
人材紹介会社に頼んでも人が来ないんだけど・・・・
 
 
どうしたらいい?
 
 
って相談されることがあるのですが
 
 
人材紹介会社よりも人材を集める方法を持っているわけではないので。。(^^;
 
 
私たちは「そもそも・・・」の話に注目します。
 
 
「そもそもどうして人手不足?」
 
 
中小企業でも人材不足に苦しんでいない会社もあります。
 
 
何が違うのでしょうか?
 
 
労働者側からみたら、どうしてあなたの会社に行かないのでしょうか?
 
 
「他にもっと魅力的な会社があるから」
 
 
ではないでしょうか?
 
 
自分たちの会社の魅力を上げないまま
 
 
採用活動だけに力を入れて無いでしょうか?
 
 
やっと来た人材も
 
 
会社に入って、がっかりしてすぐ辞める。
 
 
良い人材が来なかった・・・。
 
 
そうやってまた採用活動に力を入れる。
 
 
そうして人材紹介会社にお金を貢ぎ続ける
 
 
そのような状況に陥ってないでしょうか?
 
 
 
 
その負のスパイラルから抜け出さないと
 
 
会社の状況はますます悪化していくでしょう。
 
 
魅力の高い会社が求人を強化したら
 
 
既存の社員まで持っていかれるかもしれません。
 
 
だから私たちは
 
 
「まずは会社の魅力を上げることが最優先」
 
 
を主張します。
 
 
求職者にとって、魅力的な会社とはどのようなものでしょうか?
 
 
・給料が高い
 
 
・福利厚生が充実している
 
 
・魅力的な商品、サービスを販売している
 
 
・業績が安定している
 
 
・成長を継続している
 
 
・将来性を感じさせる
 
 
・先輩がイキイキ仕事している
 
 
・ワークライフバランスがとれる
 
 
・人間関係、会社風土が良い
 
 
・経営者が魅力的
 
 
などなど
 
 
考えられると思います。
 
 
何個ぐらい当てはまりますか?
 
 
当てはまり物が少ないのであれば、人材が来なくても仕方がないかもしれません。
 
 
おそらく、「うちは中小零細だから・・」というかもしれません。
 
 
そう言われたら、求職者は何と思うでしょう?
 
 
「あ~中小零細だから、就職したら苦しそうだな。。。。」
 
 
と感じるのでは無いでしょうか?
 
 
ここは経営者としては、覚悟がいることになります。
 
 
正直「中小零細だから・・・」という言い訳はウソです。
 
 
なぜなら、どのような会社も「中小零細からスタートします」
 
 
大手の子会社でない限り、いきなり大企業から始まることは無いです。
 
 
中小零細からスタートしたとしても、
 
 
夢を語り、将来性を感じさせることによって
 
 
大手に出資してもらったり
 
 
人材確保に成功して、業績を拡大します。
 
 
それに将来性を感じて、さらに人材が集まります。
 
 
そうやって、会社が大きく成長していってます。
 
 
中小零細であっても、成長していくベンチャー企業と同じようなことをすれば
 
 
人材確保しやすい状況にできる可能性はあると思います。
 
 
 
 
 
おそらくその次に出てくる言葉が
 
 
「うちは町工場だから、、、下請けだから。。。そんなことしている余裕はない」
 
 
という言葉でしょう。
 
 
その時は求職者がその言葉をきいたらどう思うだろうか
 
 
を意識してみてください。
 
 
「あー将来性ないな。。。ずっと下請けのままなんだろな・・・」
 
 
ということで、この会社に入ってもしんどそうだなと感じるかもしれません。
 
 
そのような反応されたらどうしますか?
 
 
大きく二つのタイプの経営者に別れると思います。
 
 
「仕方がない」といって外部環境に対して恨み節を言い続ける方
 
 
「このままではいけない」といって、少しずつでも改善活動に取り組む方
 
 
 
 
前者の場合は、将来にわたっても人材採用は苦しむでしょう。
 
 
後者の場合は、改善活動の進捗状況が見えたら、将来性を感じられる会社に代わってくるでしょう。
 
 
 
ここでキーポイントになるのが「少しずつ」という言葉です。
 
 
後回しにすればするほど、大手術をする必要が出てきます。
 
 
それは大きな痛みを伴います。
 
 
だから小さな手術を少しずつしておくことが大切です。
 
 
いきなり魅力的な会社はできません。
 
 
できるところから変えて行くことによって魅力的な会社に前進します。
 
 
とは言ってもどこから手を付けたら良いか分からないかもしれません。
 
 
売上高向上、販路開拓、マーケティング、技術承継、人材育成、IT化などなど
 
 
常に経営課題は平行して存在しつづけます。
 
 
それに対して時間はみんな平等に1日24時間しかありません。
 
 
どこから手を付けるかによって経営状況が変わります。
 
 
経営の大局をつかむための、経営サポートを行っています。
 
 
人材紹介会社に貢ぎ続ける前に、当社のサービスに興味をもっていただければと思います。
 
 
※経営サポート・聴く力コミュニケーション企業研修などはこちら※
 
 
※各種お問い合わせはこちら※