時々、社員のモチベーションを上げるために
 
 
社員にコーチングセッションできるか?
 
 
ときかれます。
 
 
できるけど、一旦NO!と答えます。
 
 
おそらくモチベーションの内容が違うからです。
 
 
言っている側は
 
 
会社側が与えた仕事に対してモチベーションを上げてほしい
 
 
という意味で言っているのだと思います。
 
 
そういう意味だと、正直まだできるか分からないからです。
 
 
コーチングはよく勘違いされますが、
 
 
コーチの思い通りに人を操るスキルではありません。
 
 
本当になりたい姿を引き出し、それに向かっていくモチベーションを高めるためのスキルです。
 
 
もし本当になりたい姿が、この会社では成れないと気づいたら
 
 
会社側が思うモチベーションとは、全く逆の転職へのモチベーションが高まります。
 
 
社員にコーチングするときは、そのようなリスクがあると必ず伝えるようにしています。
 
 
 
 
社員にコーチングセッションを受けさせるときは
 
 
それなりに会社側としても覚悟が必要です。
 
 
もし社員のモチベーションが上がって
 
 
「もっとこんなお店が出したい!」
 
 
って盛り上がってきたときどうしますか?
 
 
「駄目だ!」
 
 
と言ったらモチベーションが下がります。
 
 
けど会社側としては、その社員の言うお店はコンセプトと異なります。
 
 
こうなった場合、
 
 
社員は自分がやりたいことを実現するためには、会社を離れるしかなくなります。
 
 
もしくは、じっくり話あって、お互い納得いくポイントを見つけるようにしなければなりません。
 
 
社員にコーチングセッションを受けさせることは
 
 
このようなリスクがあります。
 
 
そういうと社員にコーチングセッションを受けさせることが怖くなってきたでしょうか?
 
 
 
 
私はそれでも、社員にコーチングセッションを受けさせる意義は大きいと考えます。
 
 
なぜならモチベーションの低い社員を抱えているよりはマシだからです。
 
 
モチベーションの低い社員を抱えていると、会社全体のパフォーマンスが低下します。
 
 
だから、思いを一つにできる社員が集まるように、少しずつでも変えて行く方が良いと思います。
 
 
 
それに、離職のリスクはありますが、全てではありません。
 
 
確率は分かりませんが、それで会社でやりたい目標に気がつけば
 
 
主体性を持って動き出すかもしれません。
 
 
そうすると会社の望むような効果につながります。
 
 
 
 
ただし主体性を持って動き出した時に
 
 
ブレーキをかけるのは、その上司だったりするので注意が必要です。
 
 
結局、上司がモチベーションを下げたら、結局もとに戻ります。
 
 
部下が望むような主体性を持って行動するようになったら
 
 
上司はそれを受け止める覚悟が必要です。
 
 
これも最初の例に近いかもしれません。
 
 
部下の意見と会社側の意見が異なる場合です。
 
 
 
 
通常は、会社側の決めたことに、社員は従うことが当然と言えば当然だと思います。
 
 
そのために、会社は人を雇うので。
 
 
わざわざ会社がやってほしい事をやりたくないという人を雇うようなことはしません。
 
 
だから社員側は自分のやりたいことが出来る会社に行けば良いと思います。
 
 
会社側も、会社の思い通りに動いてくれる人だけ採用できればいいですが
 
 
そんな人はほとんどいません。
 
 
だから会社側は社員と話し合いながら、折り合いをつけていく必要があります。
 
 
社員も、やりたい仕事と思って入ってくるとは思いますが
 
 
社員も人なので、心が変わってくる可能性は十分にあります。
 
 
入って思っていた仕事と違ったという話はよく聞きます。
 
 
そうなって連鎖退職を起こされ
 
 
会社側は人手不足で悩む。。
 
 
という図式が生まれたりします。
 
 
 
 
こんなとき、重要になるのがコミュニケーション能力です。
 
 
認める力聴く力が必要になってきます。
 
 
会社側、社員側双方に感謝の気持ちが必要だと思います。
 
 
そして会社側に大切な考え方だと思いますが
 
 
経営理念の軸になる思いは必要だと思いますが
 
 
今の仕事のやり方が正しいかは常に変化すると知ることが大切だと思います。
 
 
会社側はよく、これまでの成功体験から
 
 
”こうやれば上手くいく”という考えで凝り固まっていきます。
 
 
外部環境が変化したとしても。。
 
 
そして、時代に取り残されていくということがよくおきます。
 
 
だから、社員がいろいろ新しい考え方
 
 
会社とは異なる価値観の考え方を出してくることは
 
 
感謝することだと思います。
 
 
 
一旦、その話を聴くだけきいて吟味すれば
 
 
あたらしい展開が考えられるかもしれません。
 
 
そうやってお互い聴く意識をもてば、
 
 
社員にコーチングセッションを受けさせても
 
 
良い効果が生まれると思います。
 
 
コーチングセッションについてもっと知りたければ
 
 
コーチングに関する企業研修など行っています。
 
 
ぜひお問い合わせください。
 
 
 
※経営サポート・聴く力コミュニケーション企業研修などはこちら※
 
 
※各種お問い合わせはこちら※