コーチングスクールも大小さまざま存在し
 
 
企業研修も多く行われています。
 
 
コーチングを学べる入り口は増えています。
 
 
だけどどれが良いかは、
 
 
なかなか見えないところだと思います。
 
 
そして実際、コーチングを習うところによって
 
 
内容も重点を置く場所も異なります。
 
 
コーチングそのものについてはシンプルなのに
 
 
最初にどう伝えるか変わるのが面白いところです。
 
 
だから、正直体験してみるしか無いです。
 
 
そして体験講座的なものに参加することをお勧めします。
 
 
コーチングが何か分からない人にとっては
 
 
コーチング体験講座をいろいろ受けてみることによって
 
 
コーチングとはこのようなもの
 
 
ということが、多角的にわかると思います。
 
 
それだけコーチングには多くの効用があるということなので
 
 
学んでおいて損は無いと思います。
 
 
だから、一度軽い気持ちで、体験セミナーを
 
 
受けてみてください。
 
 
ただ、そのあとの本講座への売り込みがきついところがあるので
 
 
注意してください。
 
 
それさえ、無心で振り切れるなら、
 
 
本を読むより、コーチングというものが分かりやすいと思います。
 
 
コーチングの効果について
 
 
私が特に感じたことですが
 
 
〇クライアントに与える効果
 
 
「クライアントの成長を促す」
 
 
〇自分自身に与えられた効果
 
 
「考え方の柔軟性が増した」
 
 
「他人を認められるようになった」
 
 
「自分自身を認められるようになった」
 
 
 結果「自分も成長した」
 
 
のような効果を感じてます。
 
 
自分自身に対する効果が多い(^^;
 
 
クライアントに与える効果について
 
 
コーチングは、コンサルティングやティーチングと異なり
 
 
原則、「教える」や「アドバイス」がありません。
 
 
だからクライアント自身が考え
 
 
クライアント自身で決めて
 
 
クライアント自身が行動する
 
 
成功も失敗もクライアント自身が受け止めて
 
 
また考えて次の行動を決めて実践していく
 
 
ということを繰り返します。
 
 
そのため、
 
 
クライアントは考える力がつき
 
 
実行力がつき
 
 
自分でできるという自信がつき
 
 
その経験の積み重ねによって
 
 
上のステージのチャレンジに取り組んでいく
 
 
その実践の積み重ねによって
 
 
クライアントは成長していきます。
 
 
「教える」や「アドバイスする」方が
 
 
成果を出すには早いかもしれませんが、
 
 
クライアント自身の成長を考えたとき
 
 
自分で考えるという時間を大切にした方が良いと考えます。
 
 
「教えてもらってないから、できない」
 
 
とか
 
 
「教えてもらった通りにやっても、できなかったから先生が悪い」
 
 
と、周りのせいにしている限り、なかなか成長できません。
 
 
そして、クライアントの将来の正解は、誰にも教えることはできないと考えます。
 
 
だから自分自身で考えていく必要があると思います。
 
 
 
そのため、コーチングを学ぶことによって
 
 
得られた効果も自分自身の成長だと思います。
 
 
自分自身で考えて、意思決定し、行動する大切さを知って
 
 
実践するようになったので。
 
 
そのように自分自身が行動できるように
 
 
コーチングは何をしているのか。
 
 
まず、将来のビジョンと現在の状況をより具体的にします。
 
 
将来良くなればいいなと想いは、
 
 
割りと曖昧であることが多いです。
 
 
どこに向かっていきたいのか
 
 
それをより明確にしていきます。
 
 
本気で向かっていきたいという将来のビジョンを。
 
 
それをワクワク感が沸くぐらい、鮮明に描きます。
 
 
そしてモチベーションを上げます。
 
 
そして現状。
 
 
なりたい姿があるのに、そこに向かって進めないのは
 
 
現状をよく見ることができていないから
 
 
人はよく分からないモノに不安を覚え
 
 
動けなくなるのだと分かってきます。
 
 
だからビジョンに向かって、
 
 
具体的に何を実践していけば良いのか明確にします。
 
 
そして、そのハードルをより手の付けやすいところから
 
 
実践していくことにより、確実に前進していけます。
 
 
実践することにより、経験が蓄積され、
 
 
できたという経験が自信に変わっていきます。
 
 
失敗という経験も視点を変えることにより、学びになると知ります。
 
 
その結果、自分自身が成長します。
 
 
コーチングの効果として
 
 
「良いところも見ることができるようになる」
 
 
ということがあります。
 
 
将来にむかって踏み出せない理由も
 
 
人間関係が改善しない理由も
 
 
物事の一面だけしか見てないから
 
 
ということがよくあります。
 
 
何か物事をやる時
 
 
やったときの失敗を恐れて動けないことはあるかもしれません。
 
 
失敗したときに得られるメリットが見えてないのかもしれません。
 
 
実行しない方のデメリットも見えてないのかもしれません。
 
 
そういったことを総合的に判断できないと、あいまいに先延ばしにされてしまいます。
 
 
人間関係も
 
 
人は相手の欠点が先に目がつくと
 
 
その欠点に相手の印象がひっぱられ
 
 
中立に相手を見ることが出来なくなりがちです。
 
 
人は確かに欠点もありますが、良い点もあります。
 
 
欠点すら、状況によってはよく働くことがあります。
 
 
ポジティブだから成功することもありますし、
 
 
ポジティブだから無謀になることもあります。
 
 
ネガティブだから、何も動けなくなるかもしれませんし
 
 
ネガティブだから、慎重に失敗せずできるのかもしれません。
 
 
多角的に物事をみれるようになると
 
 
不安も減ります。
 
 
コーチングを学ぶ効果は他にもありますが
 
 
本当に様々です。
 
 
そして、一度学んだらどんなシーンでも使えるスキルです
 
 
人間は一生考えて行動し続けないといけないので。
 
 
 
もし興味がありましたら
 
 
コーチング研修など行っていますので
 
 
お問い合わせください。
 
 
 
※経営サポート・聴く力コミュニケーション企業研修などはこちら※
 
 
※各種お問い合わせはこちら※