大阪経済大学主催の中小企業の

事業承継に関するセミナーに参加しました。

いろいろ感じたこともあるので書いてみたいと思います。

特に印象に残ったところは

・日本は、後継者不足と言われているが
 実際はいるかもしれないということ。
 
・国は小規模事業者支援を強化しているらしい。
 私はそれを感じていないですが、
 その小規模事業者支援の制度を作った方の話だったので
 熱は伝わってきました。

ということです。

特に前者については、興味深い話でした。

後継者がいないといわれている会社にしても

社長は実際は子どもに継いでほしいという気持ちがあったり

子どもも、実際は継いでもいいかなって思っていたりすることも多いそうです。

その迷いの部分は

会社自体の業績

社長はこんな会社を継がせることは、大変ではないかと感じている。

なんでそう感じるかというと

会社の実態が見えていない「どんぶり勘定」だからということでした。

自社のことがよくわかってないから

大丈夫なのか不安になっているということでした。

小規模事業の経営者は

ご自身の商売のセンスだけで、

会社をマネジメントしてきてるところが多く

原価管理や資金繰りなど

財務諸表すら見てない人も多いとのことでした。

コンサルタントの立場からすれば

それで経営できているのは

ある意味すごいと思うのですが(^^;

SWOT分析をとりいれたり

財務分析をすることによって

会社がどこに力を入れて、

どんな無駄を省けば業績が良くなるか

それを明確にすることによって

自社に対して自身ができてくるそうです。

それをしていない会社があまりにも多いということでした。

そのために小規模事業者のための支援

経営力向上計画や小規模事業者持続化補助金などを

作ったそうですが、、、、

知る人ぞ知る制度にとどまっているということでした。

事業承継に大切なことは

まず会社の実態を把握すること

その上で、事業承継について

後継者候補と話をしておくことです。

準備しておくことが大切とのことでした。

ほとんどの小規模事業者で

その準備をしていないことが多い

現社長と後継者候補が、会社の将来のことを

話し合う時間がほとんどないそうです。

だから、そのコミュニケーションの時間を

早い段階からしているだけでも状況は変わるそうです。

多くの会社は、突然経営者が亡くなって

慌てて対応に追われているそうです。

そうなると事業承継後に会社が失敗してしまうことがあります。

会社のことをよく知らないから

取引先との契約書をよく読まずにハンコを押してしまうこともあるそうです。

事前にそういったことも含め

会社のことをよく話し合う時間を設けるだけで

状況は大きく変わるそうです。

それができるようにするために

中小企業診断士など、経営コンサルタントを上手に活用してほしい

とのことでしたが、そこに対して、まだまだどのように活用していいかわからない

それが課題だと感じました。

支援を拡大するために、

支援の制度を充実させてきてはいます。

支援者の人数も増やしているそうですが、

その実感が無いのが、支援者の立場としては残念に感じました。

制度も、お金をもらうために

という目的志向が強いために

経営実態を知るためとか

経営力を改善するためにという方向に働いていないように感じます。

ダイレクトに中小企業診断士を雇うお金を半額補助

とかにしてくれた方が効果あるのではないかと思うのですが。

どちらも利権とかで、公的機関に関わっている人が有利な制度になりそうですが。。(;^_^A

中小企業がどんぶり勘定していることは、よくわかります。

決算書が読めない経営者も多いです。

そういったことが問題であるということの啓発活動と

それを知るために中小企業診断士の活用を促すような

流れが起きてほしいと思っていますが。。。

それを国に頼らず起こすことが中小企業診断士としての課題です。

とりあえず、中小企業の経営者に知ってもらいたいことは

一度は、経営分析を体験してみてほしいということです。

自社のことをよく知らないまま経営するのと

自社のことをよく理解して経営するのでは

時間的な無駄が大幅に違うからです。

ぜひ中小企業診断士の活用をご検討ください。

 

 

※経営サポート・聴く力コミュニケーション企業研修などはこちら※
 
 
※各種お問い合わせはこちら※