就活うつを防ぐ-メンタルヘルス予防のためのストレス対処法

メンタルヘルス

就活生の売り手市場といわれる状況にもかかわらず、就活生の7人に1人が「就活うつ」になっているとのこと。内定がなかなか得られない場合、「自分が否定されているように感じる」などが「就活うつ」の原因と言われています。

就活うつになると、就職活動ができなくなるなど影響が大きくなります。就活うつにならないように、「相談する」「ストレス抵抗力を強化する」などメンタルヘルスを予防する対処方法が大切です。「就活うつ」予防法で大切なポイントは、「自分自身とのコミュニケーションの質を改善」です。

コロナウイルス感染拡大によって、内定取り消しなどが発生しています。1年前の就活生優位の状況から大幅な悪化です。「就活うつ」に関しては、さらに悪い状況が広がる可能性が高まっています。「就活うつ」を防ぐためのストレス対処方法について説明します。

【メンタルヘルスを守る人間関係改善コミュニケーションはこちら】

【目次】

 

「就活うつ」が生まれる背景

生産性向上

人手不足が深刻になる中、企業は人材確保に力を入れています。そのため就活する学生にはとても有利な状況といわれています。

しかし、人手不足なのは業界や職種によって異なり、人気のある仕事になると競争率が高くなりがちです。競争率が高い分野を志望する学生は、なかなか就職が決まらないという憂鬱な状況に陥る場合があります。

 

 

「就活うつ」とは

「就活うつ」とは、就職活動が上手くいかない原因により、メンタルヘルスが悪化して陥る「うつ」状態のことをいいます。「就活うつ」状態になると、就職活動ができなくなり、また学生生活にも支障をきたす場合があります。

そのため、「就活うつ」はさらに精神的に落ち込むという悪循環を発生させかねません。就活生の7人に1人が「就活うつ」にかかっているといわれています。食欲の低下など、大きな気分の落ち込みを感じた場合は、「就活うつ」になる前に、すぐに「誰かに相談する」が大切です。

 

 

「就活うつ」が発生するストレス要因

「就活うつ」が発生する要因はさまざまです。

・内定がなかなかもらえないため、自分の価値を否定されている気分になる

・他の就活生と比べ、自分だけが取り残されている気分になる

・何社も面接を受けるために生じる疲労感

・内定がもらえるためにどうしたら良いか悩み続けて感じる疲労感

・会社のレベルを下げていくと、人生のレベルが下がっていく感覚がする

・家族や友達からのプレッシャー

など

【メンタルヘルスを守る人間関係改善コミュニケーションはこちら】

 

 

「就活うつ」に達する要因

ストレスケア

このように就活で受けるストレスは大きなものです。しかし、同じようなストレス要因をうけても、それほどストレスに感じない人もいます。そのため、ストレス要因のとらえ方を変えると、ストレスの回避ができます。「悩む」は、悪いことではありません。しかし、悩み過ぎるとしんどくなります。

 

 

ストレスの強さは価値観が左右する

ストレスをどのような時に感じますか?一般的には危険を感じたときや、自分の価値観どおりに事が運ばない時です。つまり「ねばならない」が強すぎるとストレスを感じやすくなります。

「この会社に就職しなければならない」という想いが強ければ強いほど、ダメだった場合の反動のストレスが大きくなります。「この会社はダメ元でうけてみる」という想いの人は、ダメでもさらっと流せるため、ストレスは相対的に小さくなります。

このように書くと「強い想いを持ってはいけないのか?」と捉えられるかもしれません。そうではありません。状況に柔軟に合わせるのが大切です。

「就活うつ」になるぐらいなら・・という話です。

※何回失敗しても気にしない人がいる一方、1回の失敗をずっと引きづる人がいます。何が違うのでしょうか?誰かにそうしなさいと言われているわけではないと思います。「気にする」「気にしない」は自分で決めることができるのです。

 

 

思い込みを強化して「就活うつ」になる

心理学的なお話しです。

人は偏見を持ってしまうと、偏った視点で物事をとらえるようになります。大企業志向の人は、大企業のデメリット、中小企業のメリットを見ないようにします。

自分はダメだと思うと、ダメな部分ばかりに目が行きます。思い込んでいる通りに、物事がおきると安心するといわれています。

就活をしていて自己否定にはまり始めたら、それを強化するように思考が働き始めます。内定がとれたとしても、本当に自分で良いのだろうかと悩む場合があります。強化した結果、「就活うつ」につながる可能性が高まります。

人の心理はさまざまなので、一つの例です。大切なポイントは、「客観的に自分を見る時間をつくる」です。中立的な立ち位置にたてば、自身の思考の偏りに気づくことができます。

【メンタルヘルスを守る人間関係改善コミュニケーションはこちら】

 

 

「就活うつ」メンタルヘルス対処法

働きがい

「就活うつ」になってしまったら、お医者さんしか対処できません。そのため、「就活うつ」にならないように「予防する」が大切です。「就活うつ」を回避するためには、思い込みをいったん解除する仕組みをとりいれます。メンタルヘルス強化にオススメするのがコーチング・コミュニケーションです。

 

 

コーチング・コミュニケーションを活用する

メンタルヘルスを守るコミュニケーションにコーチングを活用することをオススメします。コミュニケーションは2つの方向があります。他人もしくは自分とのコミュニケーションです。「就活うつ」を回避するには、自分自身とのコミュニケーションを改善する必要があります。それをサポートするのがコーチングスキルです。

コーチングセッションを受ける効果は以下のようなものがあります。

・目的、目標が明確になる
・視点が広がり、ポジティブな面にも目を向けられる
・考え方が柔軟になる
・行動がうながされる
・自信が高まる
・成長がうながされる
など

人が悩むのは「わからない」からです。「就活うつ」を避けるために、「わからない」をコーチングを受けることによって、見える化していきます。コーチングセッションを自分自身に行うことをセルフコーチングといいます。

 

 

セルフコーチングでメンタルヘルスを守る

「就活うつ」対策として受けるコーチングセッションはプロコーチから受ける方が効果が高いです。しかし、セルフコーチングなら気軽に行うこともできます。自分自身に対して、コーチングで使われる質問を行います。目的を明確にするとした場合は以下のような例があります。

・どうしてその会社に就職したいのですか?そしてそれは事実ですか?思い込みですか?
・そのためにどのような努力をしてきましたか?本当にやりたい仕事ですか?
・5年後どのような仕事をしてたいですか?
・その会社で、5年後その仕事ができる理由を教えてください
・誰のために就活してますか?自分のためだとしたら重視するポイントは何ですか?
などです

そして、現状のレベルを「客観的に認識する」が大切です。その際、「自分のレベルが足りていないからダメ」という認識より「今の自分はこのレベル」というニュートラルな認識をしてください。出身大学、学部学科、部活など、学生ごとに状態はさまざまです。「良い悪い」はありません。現状を正しく認識したうえで、「これからどうなりたいか」が大切です。

【メンタルヘルスを守る人間関係改善コミュニケーションはこちら】

 

 

ストレスを回避し「就活うつ」を防ぐ

嫌われる勇気

「就活うつ」の要因はさまざまです。ストレス要因もありますが、ストレスをどのように捉えるかの性格的な要因もあります。

一概にはいえませんが、「安定した有名企業に入れないと認めてもらえない」という思い込みが強いからではないかと考えています。それは正しいかもしれませんが「大企業じゃない方が、やりたい仕事ができる可能性が高い」ということも正しい場合もあります。

どの会社に入ったから、どうなるっていうのはわかりません。だから不安になるのはわかりますが、不安から逃げることばかり考えていても追い詰められてしまいます。「就活うつ」になりかねません。不安と正しく向き合うコーチング・コミュニケーションを取り入れてメンタルヘルスを強化し、「就活うつ」を防ぎましょう。

【メンタルヘルスを守る人間関係改善コミュニケーションはこちら】