ビジネスコミュニケーションのスキルアップのポイント

コーチング・コミュニケーション

AIやIT技術の進化により、ますますビジネスの世界のスピードが速くなっています。しかし、どんなに技術が発展しても人間同士のコミュニケーションのスピードがボトルネックになります。

生産性を高めるには、ビジネスコミュニケーション能力強化が必要です。ビジネスコミュニケーションのスキルアップのポイントについて説明します。

【ビジネスの生産性を高めるコーチング・コミュニケーションについて】

【目次】

 

ビジネスコミュニケーションとは

コーチング・コミュニケーション

ビジネスをしていると、あらゆるところでコミュニケーション能力を高めなさいと言われます。それだけビジネスにおけるコミュニケーション能力の必要性が高いということです。
ビジネスで使うコミュニケーションというとどのようなものが考えられるでしょうか。

 

報告・連絡・相談

会社に入って、まずもとめられるのが「報告」「連絡」「相談」の報連相です。報連相が無いとスムーズが進まないからです。問題が見つかっても、報告がされなければ、上司は問題に気がつきません。

上司が問題に気がつかないと、問題解決が後手に回ることになります。

 

自分自身の考えを伝える・営業など

会社に入ると、自分自身の考えをしっかり伝えることももとめられます。営業など、自社商品の魅力を、お客様に伝えることも同様でしょう。どんなに素晴らしいアイデアなどを持っていても、相手に正しく伝えられなければ無いのと同じです。

そのため、スピーチやプレゼンテーション、交渉力などが必要になります。

【ビジネスの生産性を高めるコーチング・コミュニケーションについて】

 

 

コミュニケーション不全が発生するポイント

コーチング・コミュニケーション

多くの方がコミュニケーション能力をトレーニングしています。しかし、いまだにコミュニケーション不全が発生しています。

コミュニケーション能力強化を必要とされているのですが、いつまでも改善しないのはコミュニケーション能力について正しく理解していないためです。

 

コミュニケーション能力とは

多くの方が、「会話」と「コミュニケーション」の違いを説明できません。コミュニケーションの目的は「共有」するです。自分の考えを相手にも「共有」してもらうことが目的です。

そのためには、相手にわかる言葉を使わないといけません。どんなに頭の良い学者が専門用語を使いながら丁寧に説明しても、子どもはわからないでしょう。子どもに合わせてコミュニケーションをとらなければなりません。

 

「話す力」だけでなく「聴く力」も

コミュニケーション不全が発生する理由は、「これぐらいなら相手がわかってくれるだろう」という思い込みで話すからです。「なるべく早く」ということも、具体的に伝えないと、相手のなかの「なるべく早く」とズレが生じる場合があります。伝える前に、相手の価値観や理解レベルを先に理解しなければならないのです。

そのために必要な力が「聴く力」です。「聴く力」の必要性を十分に理解しなければなりません。コミュニケーションは通信です。「話す力」と「聴く力」の双方向があって初めて成り立つのです。

【ビジネスの生産性を高めるコーチング・コミュニケーションについて】

 

 

「聴く力」を強化するポイント

コーチング・コミュニケーション

それでは、「聴く力」を強化してください。ということになるのですが、多くの方が「聴く力」の強化方法を知りません。

「どうやって伝えるか」の必要性ばかりに意識が向いて、聴くを忘れてきたからです。

 

コーチングスキルを学ぶ

「聴く力」の強化方法として、コーチングスキルをオススメしています。コーチングとは、聴くに重点をおいたコミュニケーションスキルです。コーチングスキルは、「傾聴」「質問」「フィードバック」で構成されています。これらをトレーニングして強化することで、「聴く力」の強化が行われます。

 

コーチングスキルのトレーニングを徹底する

コーチングスキル、聴く力を強化する上での注意点は、ものすごくトレーニングが必要ということです。

いきなり「話す力」が上達しないのと同様に、「聴く力」も上達まで時間がかかります。コミュニケーションは日本語で行われるため、聴く力が無くても分かった気になります。そのためトレーニングを辞めてしまう方も多いですが、それでは上達しません。徹底的にトレーニングが必要です。

【ビジネスの生産性を高めるコーチング・コミュニケーションについて】

 

 

コーチング・コミュニケーションを取り入れる

コーチング・コミュニケーション

ビジネスでのコミュニケーション能力強化は必須です。どんなにIT技術が進化して処理速度が速くなっても、人間同士の通信速度がボトルネックになるからです。

人間同士の通信速度を速めるためには、「聴く力」がカギとなります。「聴く力」を強化するためには、コーチング・コミュニケーションを取り入れることをオススメします。

【ビジネスの生産性を高めるコーチング・コミュニケーションについて】