起業アイデアをビジネスモデルにする方法

コーチング・コミュニケーション

近年、「働き方改革」「年金問題」「副業解禁」そして、「終身雇用制度」への不安などから起業を検討する人が増えてきています。起業を行う時には、まずビジネスモデルが必要になります。しかし、これまで経営経験のない人にとってビジネスモデルを考えることは安易なことではありません。なぜなら、ビジネスモデルによって、事業の継続が左右されるからです。

事業を継続させるためのポイントは、「ビジネスモデルをつくること」そして、「小さく始めること」が大切です。ここでは、起業をするときのビジネスモデルのつくり方を紹介します。

【ビジネスモデル構築のための研修セミナー】

【目次】

 

起業するときの壁

コーチング・コミュニケーション

「8割から9割の起業家は、5年以内に事業がうまくいかなくなる」といわれています。事業がうまくいかなくなる理由として、考えられる要因を見ていきましょう。

 

ビジネスを大きく始めてしまう

起業するきっかけの一つに、「良いビジネスアイデアが思いついた」という場合があります。良いアイデアと思っているので「このビジネスなら絶対いけそうだ」とビジネスに乗り出します。その気持ちが強いほど、行動が大きくなりがちです。

「商品を大量に仕入れたけど、売れずに在庫になる」
「売れると思ってマーケティング活動にお金をかけたけど、思ったように売れない」

そのような結果、資金不足に陥って失敗するケースがあります。

 

ビジネスモデルがそもそもできていない

ビジネスモデルができていない理由としては、自分の商品やサービスに自信が大きくなりすぎて、ビジネスモデルの設計を軽く見てしまうことが要因です。「いま流行っているから」「楽して儲かりそうだから」という理由だけでビジネスを始めてしまうと失敗の可能性が高まります。なぜなら「流行っている」「楽して儲かりそう」ということは、同じように考えている人が多く、競争が激しいからです。

競争が激しくなると、数多い競合の中から選んでもらえるように広告宣伝費が高くなります。高くても売れる商品でなければ価格競争になり、売上が下がります。結果赤字に陥り、資金が底を尽きるかもしれません。競合のことも踏まえて、実現性の高いビジネスモデルをつくることが大切なのです。

【ビジネスモデル構築のための研修セミナー】

 

 

ビジネスモデルとは

コーチング・コミュニケーション

ビジネスモデルとは「誰に、何を、どのように届けるか」を表現したものです。そして「その(何を)をどのように生みだす?」「収支はどうなる?」含めたビジネス全体をすみずみまで客観的な視点で評価することが大切です。

 

誰に何をどのように

「誰に・何を・どのようにして提供するか」がビジネスモデルをつくる際の基本部分になります。

誰に

ターゲットはどのような人か具体的にしなければなりません。ターゲットによって「欲しているもの」「提供する方法」が変わります。

何を

起業家が提供したい商品やサービスと、ターゲット層が欲しているものが一致しなければ購入にはいたりません。ニーズをとらえることが重要です。

どのようにして提供するか

販売方法であれば、「店舗」「移動販売」「オンライン」などがあります。また、多くの人に周知してもらうためには、宣伝・広告が必要になります。「チラシ」「ホームページ」など、商品やサービス、ターゲット層の行動にあわせた方法を選択するようにしましょう。

「誰に・何を・どのようにして提供するか」がビジネスモデルをつくる際の基本部分になります。

1.「誰に・何を」
起業家が提供したい商品やサービスと、ターゲット層が欲しているものが一致しなければ購入にはいたりません。ニーズをとらえることが重要です。

2.「どのようにして提供するか」
販売方法であれば、「店舗」「移動販売」「オンライン」などがあります。また、多くの人に周知してもらうためには、宣伝・広告が必要になります。「チラシ」「ホームページ」など、商品やサービス、ターゲット層の行動にあわせた方法を選択するようにしましょう。

 

ビジネスモデルの全体像は幅広い

「誰に、何を、どのように届けるか」はビジネスモデルの基本部分であって全てではありません。売上と費用の収支管理、「何を」をどのように生み出すか、営業やマーケティング活動など幅広い活動が必要です。ビジネスモデルの基本部分ができていることが前提として、次に重要になるのが収支です。以下のような場合、赤字となり、ビジネスとして成立しなくなります。

・商品やサービスの価格が、ターゲットにとって高額で買うことができない
・ターゲットが買える価格を考えると、原価以下になってしまう
・コストを下げたことによって品質も落としたら、ターゲットにとって魅力がなくなる

「どのようにして費用を抑えて品質の高い商品・サービスを開発するか」
「どのようにして費用を抑えてお客様に認知してもらうか」

ビジネスモデルは全体像を俯瞰しながら収支がプラスになるように設計することが大切です。

【ビジネスモデル構築のための研修セミナー】

 

 

ビジネスモデルキャンバスを活用する

コーチング・コミュニケーション研修

ビジネスモデルは全体像を俯瞰することが大切です。それを簡単にできるフレームワーク「ビジネスモデルキャンバス」を紹介します。

 

ビジネスモデルキャンバスとは

ビジネスモデルキャンバスはビジネスを9個の要素に分解します。

1:「誰に」
2:「お客様との関係性」
3:「どのように」
4:「何を」
5:「主要活動」
6:「リソース」
7:「パートナー」
8:「費用」
9:「売上」

9個の要素を配置したビジネスモデルキャンバスを下の図にあらわします。

ビジネスモデルキャンバス

◆1~4:ビジネスモデルの基本部分

「誰に」に「何を」、「どのように」届けるかを表しています。
「お客様との関係性」は単発的、継続的などの関係性。

◆4~7:ビジネスモデルの技術的部分
 差別化された特徴ある商品・サービスをどのように生み出すかをあらわしています。

「主要活動」は、「何を」を生み出すための日々の活動、事業内容。
「リソース」は、「何を」を生み出すための資格や設備など。
「パートナー」は、「何を」を生み出すためのITシステム会社など協力パートナー。

◆8~9:ビジネスモデルの収支部分
 ビジネスで利益がどれぐらい出るかをあらわしています。

「費用」は生産、マーケティング、物流などビジネス全体でかかる費用。
「売上」はビジネス全体で計上されるすべての売上。

1枚のシートでビジネスモデルの全体像が俯瞰できます。

 

ビジネスモデルキャンバスの使い方

ビジネスモデルキャンバスの使い方を紹介します。たとえば「美容院で起業したい」とします。まずはビジネスモデルの基本部分を記入してください。「誰に」を『高所得のキャリアウーマン』、「何を」を『高級感あふれるヘッドスパの体験』としたとします。『高所得のキャリアウーマン』に合わせて「どのように」は『オフィス街の路面店』、「お客様との関係性」は『お客様専属スタッフがつく』とします。

次に『高級感あふれるヘッドスパの体験』を提供するための技術的部分を記入してください。「主要活動」はお客様が『高級感あふれるヘッドスパの体験』ができるようにするために行う活動です。簡潔にいうと『日々の仕事内容』です。「リソース」は、『資格・技術・設備など』になります。「パートナー」は、『化粧品・デザイン・設備など、自社ではできないですモノを提供してくれるパートナー』です。

最後に収支部分を記入してください。
「費用」に『ビジネス全体で必要とする月々の金額』を書き込みます。
「売上」に『価格×その価格で集客できる1ヵ月の客数』を書き込みます。
「売上」-「費用」がプラスであることが重要です。

これでビジネスモデルを一旦つくったことになります。しかし、ここからの見直しが重要です。

出店する場所に競合がいるとしたら「差別化を図る」「出店候補地を変える」などが必要です。「差別化を図る」にしても、「高級化する」か「低価格化する」などにわかれます。「低価格化」すると、「費用」を下げるために「何を」を見直さなければならなくなります。「何を」を見直すと、「誰に」も「パートナー」も見直さなければなりません。

項目を一つでも変更すると、他の項目全て変更しなければならなくなります。あらゆる項目が影響し合うので、ビジネスモデルの設計はとても複雑です。しかしビジネスモデルキャンバスを使えば、その影響も俯瞰して見ることができます。はじめてビジネスモデルを設計する場合は、とてもわかりやすいです。

【ビジネスモデル構築のための研修セミナー】

 

 

ビジネスモデルをつくって小さく始めよう

コーチング・コミュニケーション

ビジネスモデルは全体像を確認しながら設計することが大切です。そしてビジネスはそれほど簡単ではありません。8割以上の起業家が失敗するといわれていることからも難しさがわかるでしょう。

「まずはビジネスモデルキャンバスを作成してみる」
「そしてビジネスを小さく始める」
「得られた結果をもとにビジネスモデルキャンバスを修正する」

これらを繰り返すPDCAサイクルを回し続けることが大切です。

【ビジネスモデル構築のための研修セミナー】