コーチングでクライアントが行動しない課題に対する対処法

コーチング・コミュニケーション
コーチとして活動していると、クライアントが行動しない、行動しないから結果がでなくて焦るときがあります。
 
コーチングは、クライアントの力になりたいと言う気持ちが強ければ強いほど上手くいかなくなるという難しいスキル。
 
このような時に、どのように考えるのが良いのか整理してみました。
 
 
 
 
 

クライアントが行動しない!

コーチング・コミュニケーション
 
コーチングをしていて、
クライアントが目標に向かって動かないケースについて、2つのパターンがあります。
 
 

やることが多すぎて手が回らない

 
とてもアクティブで、「あれもこれもやりたい、やらなければならない」と思っているタイプ。
 
ポジティブで行動的で目標に向かってすぐに動けそうなのですが、他が忙しくて手が回らなかったと言います。
 
コーチとしては、クライアントが目標に向かって動いてくれないので焦ります。
 
焦って「あれをやめて時間を確保したら?」とか、アドバイスに走ってしまう可能性があります。
 
目標を後回しにしている自分自身について、どのように感じているかしっかり見つめ直す時間を作ってあげてください。
 
 
 

ネガティブにとらわれて動けない

 
とてもネガティブで、「できない、自信が無い」と思っているタイプ。
 
コーチとしては「やればできるのに」と感じるのに、言い訳ばかりして行動しないタイプ。
 
こちらもコーチとしては焦ってきます。
 
「あなたならできるよ!」と言ってあげるのは良いと思います。
 
しかし言い過ぎた場合、ネガティブな状態に過度な期待はプレッシャーになる可能性があります。
 
クライアントは「あれこれ言われたくない、けど見守っていて欲しい」という状態と感じます。
 
 

コーチングでの対処法

コーチング・コミュニケーション研修
 
クライアントがなかなか行動してくれない時、どのようにすれば良いのでしょうか?
 
それで良いと思うことが大切です。
※思いすぎて何もしないのは、それはそれで問題ですが
 
 
 

クライアント自身が決められると信じる

 
まず大切なことは、「人はそれぞれ違う」ということを知ることです。
 
早く決断できる人もいれば、できない人もいます。
 
時間がどれぐらいかかるかわかりませんが、「クライアント自身で決められる」と信じることが大切です。
 
コーチとしては、決断するための場を整えてあげることが大切です。
 
その上でクライアントに合わせて質問、フィードバックなどを行いましょう。
 
 
 
 

アンカーとしての役割に立つ

 
コーチはクライアントの味方です。
 
味方だけど、絶妙な距離感を保つ必要があります。
 
共感するけど同感(賛同)しないと表現をする場合もあります。
 
クライアントと一緒に悩まない。
 
クライアントが安心して悩める場をつくる。
 
悩みの深みにはまらないように、アンカーとして支える役割になります。
 
味方だけどニュートラルという立ち位置でクライアントをサポートします。
 
 
 
 

コーチとしての課題

ストレスケア
 
コーチもビジネスである以上、結果を求められます。
 
結果を出せないと、自分のコーチング能力が否定された感じになります。
 
そして、上に書いたように結果が出るまでの時間はクライアントによってさまざまです。
 
コーチングというサービスについて、どのように考えたら良いのでしょうか。
 
 

良い意味でのあきらめが必要

 
クライアントごとに結果が出る時間は異なります。
 
コーチングはカウンセリングと比較すると、どちらかというとポジティブな人が対象です。
 
しかしコーチングを受けたいという方は、大きな壁にぶつかりネガティブに感じていることが多いです。
 
だから、行動にうつるまでの時間を必要とする場合が多いです。
 
行動までできてなくても、その課題に逃げずに向き合って悩んでいるならOKと思って良いです。
 
課題に向き合おうとコーチングを申し込んだ時点でOKです。
 
 
それでもやはり、コーチとしては「結果を出してあげなければならない」にとらわれがちです。
 
これが絶対的な正解ではありませんが、コーチとクライアントがお互い納得していれば焦る必要はないと思います。
 
オリエンテーションでの事前説明をしっかりしてください。
 
 
 

トレーニングは終わらない

 
 
コーチングは結局は「クライアントとどのように向き合うか」と感じます。
 
そしてコーチングの難しさはクライアントの性格がみんな違うということです。
 
同じ人でも課題が変われば、難しさも変わります。
 
クライアントのさまざまなタイプを経験すればするほど、コーチとしての在り方が鍛えられていきます。
 
タイプはみんな違うので終わりは無いです。
 
コーチングのテクニックも必要ですが、コーチとしての在り方の方が大切と考えています。
 
もしコーチをつけるとしたら、どちらのコーチが良いですか?
 
A:知識もテクニックも豊富で、コーチングスキルを信じているコーチ
 
B:知識やテクニックはあまり無いが、クライアントを信じているコーチ
 
どちらが良いかもクライアントによるので、正解はありません。
 
ご自身がつけたいコーチを目指す方が、コーチとしての説得力も増します。
 
 
 

コーチングで人は変えられない

コーチング・コミュニケーション
 
コーチングをしていて、クライアントがなかなか動いてくれないと
 
なんとか動いてもらおうとするときがあります。
 
その時、原則的のことを忘れています。
 
「過去と他人は変えられない、変えられるのは自分と未来だけ」
 
交流分析の有名な言葉ですが、それはコーチにもあてはまります。
 
クライアントは変えられない、変えられるのはコーチ自身。
 
コーチ自身が成長したとき、クライアントへの影響力が変わります。
 
ぜひ数多くのクライアントと向き合って、信じて見守るだけでも意外に大丈夫なんだと知ってください。