コーチング研修セミナー[モチベーションマネジメント方法を学ぶ]

コーチング・コミュニケーション

管理職になると、部下のモチベーションマネジメントに試行錯誤します。

部下がモチベーション高く働いてくれるかに成果が左右されるからです。

そこで、コーチング研修セミナーが注目されています。

コーチングとはクライアントのモチベーションを高め、行動を促すスキルといわれているからです。

弊社もコーチング研修セミナーを行っています。

コーチングの基本について説明します。

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】

 

【目次】

 

 

コーチングとは

コーチング・コミュニケーション

コーチングとは、セッションを通じて「クライアントの気づきを引き出し、成長を促すもの」です。

ティーチングやコンサルティングと目的は同じですが「教える」を原則行いません。

「聴く力」を駆使して、クライアントの中から「気づき」を引き出します。

コーチングの効果はさまざまです。

コーチングを受ける効果とコーチングを学ぶ効果の両方がありますので紹介します。

 

 

コーチングを受ける効果

コーチングを受ける効果は次のようなものです。

・目標が明確になる
・行動が促される
・迷いがはれる
・自信がつく
・モチベーションが高まる
・考える力がつく
・視点が広がる
・判断力が強化される
・主体性がつく

これらの効果の結果「成長」が促されます。

部下の人材育成にコーチングを活用、経営者の経営判断力強化のために活用されます。

 

 

コーチングを学ぶ効果

コーチングを学ぶ効果は、コーチングを受ける効果と同じです。

そしてコーチングを学ぶとさらに得られる効果があります。

・ポジティブな面に気がつきやすくなる
・他人の価値観を認められるようになる
・傾聴力が高まる
・質問力が高まる
・フィードバック力が高まる

これらの効果の結果「コミュニケーション能力」が強化されます。

 

 

 

コーチング研修セミナーで学ぶこと

コーチング・コミュニケーション

弊社のコーチング・コミュニケーション研修は、目的はコーチングを学ぶ効果の「コミュニケーション能力強化」です。

コミュニケーション能力強化が目的ですが、学ぶことは「コーチングの基本」となります。

 

 

コーチングの基本

コーチングの基本について説明します。

コーチングの目的は上述したように、「クライアントの気づきを引き出し、成長を促すもの」です。

コーチングスキルを駆使して、目的を達成します。

コーチングスキルとは、「傾聴」「質問」「フィードバック」で構成されるものです。

【傾聴】相手が本音で話しやすい環境をつくる

【質問】相手の視野を広げ、気づきを引き出す

【フィードバック】コーチが客観的に感じたことを返し、気づきを引き出す

これらのスキルを学び、「聴く力」を強化します。

クライアントがなんでも本音で話せることを目指します。

 

 

コーチングセッションの方法

コーチングは、コーチングスキルを駆使して、コーチングセッションというものを行います。

コーチングスクールでは一般的に30分間のコーチングセッションを行います。

コーチングセッションの流れは一般的にGROWモデルというフレームワークに沿って行われます。

GROWモデルとは以下の単語の頭文字をとったものです。

Goal(ゴール)
Reality(現状)
Option(選択肢)
Will(意思)

1.どのようになりたいのかゴールを確認する
2.ゴールに対して現状どうなのかを確認する
3.ゴールと現状が明らかになれば、何が足りないか(選択肢)が明確になる
4.まずどの選択肢から着手するか意思を示してもらい、行動を促す

このコーチングセッションを定期的に行います。

コーチングとは「コーチングセッション⇒行動⇒コーチングセッション⇒行動⇒コーチングセッション⇒・・・」の一連の流れを呼びます。

PDCAサイクルを回すイメージです。

 

 

 

コーチングスキルを活かす

コーチング・コミュニケーション

コーチングスキルにはさまざまな効果があります。

よく使われる場面としては1on1ミーティングなど部下のモチベーションマネジメントになるでしょう。

また、聴く力が強化されるため、コミュニケーション能力強化にもつながります。

 

 

モチベーションマネジメント方法

部下のモチベーションマネジメントに、1on1ミーティングが活用されるケースが増えてきました。

「やる気を出せ」といわれたからといって「モチベーション」は高まらないからです。

1on1ミーティングも話の進め方はほぼコーチングセッションと同じです。

1on1ミーティングのデメリットとしては、モチベーションマネジメント効果は実施する上司のスキルに大きく左右されるということです。

部下のモチベーションマネジメント効果を高めるために、コーチングスキルのトレーニングを行うことはとても有効です。

 

 

コミュニケーション能力強化

コーチングを学ぶ効果として、コミュニケーション能力強化があります。

弊社では、コミュニケーション能力強化目的で研修を行っています。

1on1ミーティングも良いですが、上司の負担が大きすぎるように感じます。

部下が2,3人なら良いですが、10人近くいたら上司が仕事する時間が無くなります。

社員全員のコミュニケーション能力強化を目指した方が、チームワークが強化されます。

コミュニケーションの質が改善するとメンタルヘルスの問題や、離職率の問題が改善されます。

 

 

 

詳しくはコーチング・コミュニケーション入門セミナーへ

コーチング・コミュニケーション

部下のモチベーションマネジメント効果を目的として、コーチング研修セミナーが注目されています。

管理職にとっては、部下がモチベーション高く働いてくれるかどうかによって、自身の成果がかわるからです。

コーチングには、部下のモチベーションマネジメントだけでなく、コミュニケーション能力強化にもつながります。

なんでも発言しやすいチームにすることによって、チームワークが強化されます。

良い人間関係を構築できるメンバーと働くことが、もっともモチベーションアップにつながると考えています。

詳しくはコーチング・コミュニケーション入門セミナーで説明しています。

ぜひご参加ください。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】