社員が仕事に必要なコミュニケーション能力を強化する方法

コーチング・コミュニケーション

仕事を取り巻く環境が目まぐるしく変わります。コロナウイルス感染拡大による影響で、今までにないほどの影響をうけている会社は多いでしょう。これほど大きい影響は無いでしょうが、大なり小なり地政学リスクの影響は毎年のようにやってきます。その時、社内の様子はいかがでしょうか?

社員が疑心暗鬼に陥って不安になっている職場、社員同士が助け合って乗り切っていこうとコミュニケーションを行っている職場。さまざまな職場があると思いますが、どのような時も仕事ではコミュニケーションスキルの質が生産性を左右します。仕事でのコミュニケーションスキルの強化方法について説明します。

※仕事のコミュニケーションスキルを学ぶセミナー

【目次】

 

仕事でコミュニケーションスキルがもとめられる理由

コーチング・コミュニケーション

会社が社員にもとめるスキルとしてコミュニケーションスキルを挙げています。それは仕事ではコミュニケーションが欠かせないからです。仕事を頼む場合も、成果を渡すときもコミュニケーションスキルが欠かせないからです。

 

コミュニケーションで生産性が決まる

仕事では報連相のコミュニケーションスキルが欠かせません。もし、問題が見つかっても報連相が行われない場合は、問題が隠蔽されます。改善されないまま、時間がたってしまうと問題が大きくなります。改善されないことが競争力を落とすことになるかもしれません。

また新しいアイデアの提案などのコミュニケーションスキルも無い場合は、仕事が発展せず生産性向上が行われません。活発に発言が行われるコミュニケーションスキルを身につけることが大切です。

 

コミュニケーションで人間関係が決まる

仕事上のストレス要因、退職理由で常に上位に上がるのが人間関係の悪化です。人間関係はコミュニケーションスキルの低さによって発生します。逆に人間関係を良くするためには、社員個人個人のコミュニケーションスキルアップをはかる必要があります。社員同士の人間関係が良くなると、ストレスが少なくなり、退職理由も解消されます。

社員同士の人間関係が良くなると、発言しやすい組織風土になります。報連相やアイデア提案が活発に行われるため、生産性が向上するでしょう。人間関係を良くするために、質の高いコミュニケーションスキルを身につけることが大切です。

※仕事のコミュニケーションスキルを学ぶセミナー

 

 

仕事で必要なコミュニケーションスキル

コーチング・コミュニケーション

仕事で必要なコミュニケーションスキルについて、報連相やアイデア提案などの積極的な発言と述べてきました。しかし、報連相やアイデア提案を行わない社員が悪いにしてしまうと負担が大きすぎます。仕事でもとめられるのは、報連相やアイデア提案などの発言のしやすい空気をつくるコミュニケーションスキルです。

 

自由な発言がしやすいかが仕事の生産性を決める

部下が発言しない、報連相をしてこない、指示されるまで動かないなどの上司の不満話を耳にすることがあります。上司も部下もさまざまなタイプがいることから、その話は本当かもしれませんし、間違ってるかもしれません。

部下が発言しないのではなく、上司が発言させないようにしている可能性もあります。すぐ否定する、すぐ怒る、自慢話しかしないなどがあれば、部下は話しかけるのがうんざりになります。

部下のタイプはさまざまなのは確かですが、上司になった以上、部下の発言しやすい環境を作る役目があります。なぜなら、上述したように、発言しやすい環境をつくれるコミュニケーションスキルがあるかで、チームの成果が変わるからです。

 

自由な発言がしやすいかは聴く力で決まる

部下が自由に発言しやすい環境を作れるコミュニケーションスキルとは何でしょうか?多くの人がコミュニケーションスキルというと、報連相をしない、発言しないといった「話す力」に焦点が当たります。

そして、多くの人が、スピーチ力、プレゼン力、交渉力などを磨こうとします。いくら上手に話させるようになっても、発言させない雰囲気が漂っていては、気軽にコミュニケーションが発生しません。

コミュニケーションスキルは「話す力」と「聴く力」の両方が存在して初めて成り立ちます。いくら「話す力」だけトレーニングしたとしても、片手落ちになるのです。

「聴く力」はいかに、相手が自由に発言しやすい環境を作れるかというコミュニケーションスキルです。

※仕事のコミュニケーションスキルを学ぶセミナー

 

 

聴く力コミュニケーションスキル強化方法

コーチング・コミュニケーション

聴く力コミュニケーションスキルの強化方法について説明します。多くの方が「話す力」ばかり意識がとられ、「聴く力」の強化をしてきませんでした。そのため、「聴く力」の強化方法がかわりません。「聴く力」の強化方法としてオススメなのがコーチングスキルを学ぶことです。

 

コーチングスキルを学ぶ

コーチングとは、聴くに重点をおいたコミュニケーションスキルです。コーチングセッションでは、クライアントの話を「聴く」に専念して、クライアントのモチベーションを引き出し行動を促します。コーチングセッションで活用されるものがコーチングスキルです。コーチングスキルは、「傾聴」「質問」「フィードバック」で構成されるものです。

これらのスキルを強化することによって、聴く力コミュニケーションスキルが強化されます。聴く力の注意点は、「日本語なので聴けてる気分になる」ことです。「聴く力」の強化は、「話す力」と同じぐらいトレーニングが必要なのです。

 

 

コミュニケーションスキルアップはトレーニング量が必要

コーチングスキルのトレーニングとして、コーチングセッションを繰り返しているうちに、「聴く力」コミュニケーションスキルが強化されてきます。しかし、それはコーチングスクールに通っても1年ぐらいかかるものと考えてください。上司や先輩という立場になればなるほど、我慢して聴いてられなくなる傾向を感じます。すぐ相手の話を遮って、自分の考えを述べてしまいます。

そうなると、相手にとって「安心して自由に発言できる場」ではなくなります。発言しやすい環境を作るには、「安心して自由に発言できる場」をつくるコミュニケーションスキルが必要です。社員があまり発言しないと感じているなら、「聴く力」を強化する価値はあるでしょう。

※仕事のコミュニケーションスキルを学ぶセミナー

 

 

コミュニケーションスキルを強化して仕事の生産性を改善

コーチング・コミュニケーション

コロナウイルス感染拡大による影響で、社員は多くの不安を抱えているでしょう。その不安の程度は、会社内でどのようなコミュニケーションが行われてきたかに左右されます。人間関係が希薄な会社では疑心暗鬼が渦巻いているかもしれません。人間関係が良好な会社では社員同士助け合って乗り切ろうとしているかもしれません。コミュニケーションスキルで社内の組織風土は大きく変わります。社員のコミュニケーションスキルを強化して仕事の生産性を改善しましょう。

※仕事のコミュニケーションスキルを学ぶセミナー