会社を元気にするコーチング・コミュニケーション

コーチング・コミュニケーション
あなたの会社は元気ですか?
 
 
忙しさに疲れてたりしませんか?
 
 
業績に憂鬱になっていたりしていませんか?
 
 
会社が元気ではなくなってきたときに変わってくるもの
 
 
コミュニケーションがどんどん暗くなってきます。
 
 
元気でなくなる⇒コミュニケーションが暗くなる⇒さらに元気でなくなる⇒
 
 
の負のスパイラルに入ります。
 
 
それを止めるには明るいコミュニケーションをする必要があります。
 
コーチング・コミュニケーション
 
 
 

〇無理やり明るくするのは大変

 
何か問題が起きたとき
 
 
「あぁ。。やっぱりだめか。。」と落ち込むチームもあれば
 
 
「こんなこともあるって!」と気持ちを切り替えるチームもあります。
 
 
何が違うのでしょうか?
 
 
ケースバイケースですが
 
 
落ちて行かないチームになるには後者の方が望ましい。
 
 
違いは、チームのもつ風土、雰囲気が違います。
 
 
会社で言えば、組織風土になります。
 
 
御社はどのような組織風土でしょうか?
 
 
メンバー同士、非難し合うギスギスした組織もあれば
 
 
信頼し合って高め合う組織もあります。
 
 
どちらの方が生産性が高いかはイメージできるでしょう。
 
 
多くの方が信頼しあえる、仲の良い組織にした方が良いと思うでしょう。
 
 
じゃぁしてください!
 
 
って言われてできるのか?
 
 
おそらく無理でしょう。
 
 
チームの雰囲気を変えたいとか、
 
 
会社の組織風土を変えたいとなれば
 
 
多くの時間を要します。
 
 
会社レベルになると、10年ぐらい必要します。
 
 
もし、すぐ変わらないならと後回しにすると
 
 
それだけの年数、他社に出遅れることになります。
 
 
企業間競争があるなかで、会社の在り方としてどうするか?
 
 
それはリーダー次第になります。
 
 
経営者の意思決定次第で組織風土も大きく変わります。
 
 

 
 
 

〇大変なのは価値観を変えることが難しいから

 
 
経営者の考え方次第で、組織に与える影響は変わります。
 
 
「社員を雇ってあげている」という経営者もいれば
 
 
「社員に助けてもらっている」という経営者もいます。
 
 
この価値観は長年の経験から染みついたものなので、すぐに変えられません。
 
 
上司も部下も立場が違ってもそれは存在します。
 
 
上司も部下もそれぞれ、
 
 
「部下はこうあるべき」
「上司はこうあるべき」
 
 
という思い込みがあります。
 
 
その「べき」が強ければ強いほど、チームの中は不満でいっぱいになります。
 
 
ただその価値観は急には変わりません。
 
 
よっぽどの衝撃的な気づきなどがあれば別ですが。
 
 
基本的に多くの人は「自分が正しい、相手が考え方を改めるべき」と思っています。
 
 
それを変えるにはコーチングを受けることをお勧めしますが
 
 
今回はトライ&エラーを繰り返すことをお勧めします。
 
 
コミュニケーション
 
 

〇良いコミュニケーションをするにはトライするしかない

 
 
良いコミュニケーションをするためにはチャレンジの連続です。
 
 
そのチャレンジとは、
 
 
「自分と異なる価値観を認める」というチャレンジです。
 
 
普段は、「自分の価値観を相手におしつける」というコミュニケーションをやってきたかもしれません。
 
 
それをすると、価値観のぶつかり合いだけで平行線になります。
 
 
一旦、「そういう考え方もあるんだな」って認めることが大切です。
 
 
「その考え方正しいね」と賛成する必要はありません。
 
 
賛成するわけでは無いけど、意外に最初は大変でした。
 
 
私は。
 
 
「考え方を一度受け止めると」相手もこちらの話を聴く準備ができます。
 
 
本当にこれはトレーニングが必要です。
 
 
すぐにできなくて当たり前と思ってください。
 
 
けど1年ぐらい意識して続けているとできてきます。
 
 
できてくればできてくるほど、あなたの考え方は柔軟になります。
 
 
「こんな考え方もそんな考え方もいろいろあっていいんだな」
 
 
と分かってきます。
 
 
分かってくると思考の幅も広くなりますし、
 
 
イライラすることもなくなります。
 
 
アンガーマネジメントの効果もあります。
 
 
ただ、時間がかかるので、多くの方が諦めます。
 
 
諦めたら一生悩むだけなので、もったいない。
 
 

 
 
 

〇相手を認める練習はコーチング・コミュニケーションで

 
 
相手の価値観を認め、きちんと話しを聴く練習にオススメなのが
 
 
コーチング・コミュニケーションです。
 
 
コーチングスキルを活かしたコミュニケーションです。
 
 
コーチングスキルは「認める」と「聴く」を駆使して
 
 
相手に本音でいっぱい話してもらうことを目的にしています。
 
 
それを磨くことによって、コミュニケーションが良くなります。
 
 
良いコミュニケーションができるチーム・組織は元気になります。
 
 
 
会社を元気にするためにもコーチング・コミュニケーションを学んでみませんか?
 
 
 
 
よろしくお願い致します
 
 

※※コーチング・コミュニケーション企業研修はこちら※※

 

※各種お問い合わせはこちら※