経営判断のスピードをアップするエグゼクティブコーチング

コーチング・コミュニケーション

外部環境の変化が激しさを増しています。ブレグジット、米中貿易戦争、アメリカとイランの衝突、新型コロナウイルスの感染拡大など、目まぐるしく変わります。そのたびに、経営者は経営判断に迫られます。経営判断次第で、会社の将来が大きく変わります。

経営判断力を高めるために、エグゼクティブコーチングをオススメしています。エグゼクティブコーチングについて説明します。

【部下のモチベーションを引き出すコーチングスキルについて】

【目次】

 

判断力が問われる経営者

マネジメント

経営者にとっての大きな役割は意思決定することです。その判断力によって会社の将来が変わります。迷って決められないとなると、会社が窮地に追い込まれる場合があります。

 

外部環境変化が激しい

競争環境がグローバルに広がり、激しくなっている。また、各地のカントリーリスクによって、さまざまな影響を受ける。そのスピードが速くなっています。その瞬間瞬間、経営判断が求められます。

 

権限委譲するかしないか

会社の規模が大きくなって来ると、経営者が全て判断するわけにはいけません。権限委譲していくことも大切になってきます。自分がやった方が早いと権限委譲をしなければ、部下は成長しません。そして、仕事を抱えすぎすことによって、すべての意思決定が中途半端になってきます。

【部下のモチベーションを引き出すコーチングスキルについて】

 

 

経営判断が遅れる理由

ストレスケア

経営判断が、会社の業績を大きく左右されます。知識や経験があれば会社の業績が上げられるのかというとそうではありません。高学歴の社員が集まっている会社でも業績不振に陥るのは経営判断力が無いからです。

 

失敗への恐れ

経営判断を妨げる要因の一つとして、失敗への恐れがあります。自分が意思決定したことによって、会社に損害を与えたらどうしよう。と失敗を恐れることで、意思決定を先延ばしにします。そして、「先延ばしにする」という意思決定が失敗ということも多々あります。

 

こだわりの強さ

こだわりが強すぎることも判断を遅らせる要因になります。時代が変化しているのに、こだわりすぎていると時代に取り残されていきます。こだわりの強さは、その業界でのトップクラスの機能と品質を確保できる可能性はありますが、外部環境が変われば不要なものにかわります。今後、自動車のエンジン部品に強みのある会社も、モーターへの転換に備えて、変化が求められています。

【部下のモチベーションを引き出すコーチングスキルについて】

 

 

経営判断力に効くエグゼクティブコーチング

コーチング・コミュニケーション

経営判断力を高めるためには、何をすれば良いのか。外部のエグゼクティブコーチをつけることをオススメします。

 

エグゼクティブコーチングとは

エグゼクティブコーチングとは、経営者を対象としたコーチングです。経営者の意思決定の精度を高めるために行います。コーチときくと、指導されるようなイメージを持つかもしれませんが、コーチングはアドバイスを原則行いません。経営者自身の自問自答をサポートする触媒のような役割をします。たとえば、経営が安定しているときから、貿易戦争や、ウイルス感染などの問題が起きたらどうするのか?などの質問を投げかけます。

 

エグゼクティブコーチングの効果

エグゼクティブコーチングの効果は、意思決定の精度を高めることです。どうしても、急に経営判断をもとめられると短絡的になり、場当たり的になります。とても視野が狭くなりがちです。意思決定を先延ばしにするにしても、そのメリット、デメリットの両面を意識する必要があります。人、モノ、カネ、情報、マクロ、ミクロ、未来、過去、さまざまな視点から物事をとらえることによって、意思決定の精度を高められます。

【部下のモチベーションを引き出すコーチングスキルについて】

 

 

欧米の経営者の7割はコーチをつけている

リーダーシップ

欧米の経営者の7割はエグゼクティブコーチをつけているといわれます。経営幹部たちのインセンティブとしてエグゼクティブコーチが存在する会社もあるそうです。それぐらい、欧米ではエグゼクティブコーチを重視しています。なぜなら、どんなに優れた経営者であっても、成功体験を積み重ねるごとに視野が狭くなることを理解しているからです。YESマンばかり揃えていると、視野が狭くなります。視野を広げるためにも、エグゼクティブコーチが必要とされています。

【部下のモチベーションを引き出すコーチングスキルについて】