生産性を高めるための従業員と経営者の関係性は?

中小企業
年次有給休暇取得の義務化が始まりますね。
 
 

年次有給休暇取得の義務化

中小企業は1年間猶予がありますが、残業時間の上限規制も始まります。年次有給休暇取得の義務化については、年に5日間だけが義務なので割りと楽な条件ではないかなと思います。
 
中には年間休日を5日間減らすという会社も現れそうですが。。。労働基準法ギリギリでやってるような会社はきついと思いますが、多くの会社は大丈夫ではないかと思います。
 
労基法ギリギリでやっているような会社は、ブラック企業と呼ばれたりしそうですがそのような会社は辞めたらいいのにって思います。もっと良い会社はいっぱいあるので。
 
社員に辞められたら、ブラックと言われている会社も、ビジネスできないので、いろいろ改善を考えなければならなくなると思います。普通の会社で、雇ってもらえず、仕方なくブラックと言われている会社に行っている人もいると思うので、
 
従業員側もレベルを上げていく必要はありますね。
 
 
 

経営者VS従業員

経営者と従業員、お互い努力して歩み寄る必要がありますが、経営者VS従業員の構図が良く現れる感じがします。さて、年次有給休暇取得の義務化から始まりますが、日本は働き方改革によって、どんどん、働く時間を減らそうという動きになっています。
 
労働者が減るのに、働く時間も減らす。。けど仕事は増える・・・という状況がますます進んでいく可能性があります。すごく大変な状況だと思いますが、少し仕方がないのかなとも感じています。
 
なぜなら、日本の生産性は先進国の中でも抜群に低いからです。特にサービス業は働き方改革が始まると、生産性を上げていくしかなくなります。
 
 
 

生産性向上するには

働く時間を減らして、売上げ拡大していこうと思うと、生産量を拡大するか、単価を上げるかぐらいしかなくなります。サービス業だと、同時にサービスできる人数を増やして行くこと考える事も必要ですが、単価を上げる方が優先されるかもしれません。
 
日本はサービスはタダという意識が高いので、それを変えて行くようにサービスの価値を高めることも大切ですね。働く時間が減らされると、それを取り戻すための施策をいろいろ考えなければいけません。
 
その中で、やはり重要だと考えるのは、従業員のやる気です。従業員のモチベーションです。その仕事を面白いと思っているか、面白くないと思っているかで、生産性は大きく変わります。
 
皆さんも、読書をしていたとして、面白い小説を読んでいるときと、理解できない参考書などを読んでいるときは読書への集中力は変わるでしょう。楽しいことをしているときは集中しているので時間があっという間にすぎたりしますが退屈なことをしているときは、なかなか時間がすぎなかったりします。
 
 
 

仕事は面白い?

御社の仕事を面白いと思っていていたら、勝手に”どうやったらもっと良くできるのか?”と指示を出さなくても考えるかもしれません。だから働き方改革がこれから始まりますが経営者が真っ先に取り組んだ方がいいと思うことが社員のやる気を引き出すことです。
 
モチベーションを高めるような仕組みを導入することです。やりがいを感じられるような環境を作ることです。多くの経営者や管理職の方は分かっているとは思います。
 
ただ、従業員に”やる気を出せ”とか”モチベーション上げろ”とか言うしか方法は無いと感じているのかもしれません。それだけだと、逆にやる気をなくさせる可能性があります。
 
私だったらやる気がなくなります。”頑張ってるって!”と心の中で反論されているかもしれません。
 
 
 

従業員のモチベーションを上げる方法

じゃぁどうやったら、従業員のモチベーション、やる気は引き出されるのか。その答えは、”従業員に訊いてください”です
 
御社の従業員が、どのようなことでやる気が引き出されるかは、誰もわかりません。だから本人に尋ねるのが一番です。
 
ただ、本音で答えてくれるかどうかは、経営者や管理職との信頼関係で変わります。今までブラック上司と思われていた人には、建前で答えるでしょう
 
その前に辞めてしまうかもしれません。だから経営者や管理職はコミュニケーション力を強化しておく必要があります。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】