人材育成方法-中小企業にもとめられる技術承継と生産性向上

コーチング・コミュニケーション

コロナウイルスの感染拡大など、中小企業を取り巻く環境は厳しさを増しています。この厳しい状況を乗り切れるかどうかは、人材にかかっています。中小企業の競争優位性は、人材育成ができるかにかかっています。中小企業の人材育成方法について説明します。

【社員の主体性を引き出すコーチングスキル】

【目次】

 

中小企業だからこそ人材育成が重要

コーチング・コミュニケーション

中小企業の場合、大企業に比べて人材育成に時間と費用をかけているところは少ないです。経営資源の問題があるので差がつくのは仕方がないかもしれません。しかし、人材育成をする大企業と人材育成をしない中小企業では、ますます差が開いてしまいます。中小企業も大企業に負けない企業体質をつくるには、人材育成が重要です。

 

生産性改善

人材育成が重要な理由は、まずは生産性改善です。1時間に1個しか作れない人材と、1時間に10個作れる人材とでは、生産性が大きく異なります。人材は成長させればさせるほど、生産性が高まります。生産性が高まると、収益性が高まり、会社の競争優位性が高まることにつながります。逆に人材育成をしないと、会社も成長しません。

 

技術承継

近年問題になっているのが、技術承継の問題です。若手社員に技術承継が進まず、廃業に追い込まれる会社も出てきています。人材育成に力を入れなかった企業は、技術者の高齢化が進み待ったなしの状態になっています。会社を存続させるためにも、若手社員の人材育成は必須の課題になります。

【社員の主体性を引き出すコーチングスキル】

 

 

中小企業の人材育成が進まない理由

コーチング・コミュニケーション

人材育成が大事とわかっていながら、人材育成に力を入れている中小企業は少ないように感じます。そもそも人材育成のための時間をとっていないところも多いです。

 

人材育成に対する意識が低い

中小企業の人材育成が進まない理由。自分自身が人材育成されたことがないため、他人の育成に気がまわらないというところがあります。「見ながら覚えるのが当然」という考え方があり、人材育成に力を入れるという考え方が薄い場合があります。そのため、若手を教えることができない、若手は教えてもらえないというギャップのまま、人材育成が進みません。

 

若手社員の責任にする

人材育成が進まない理由を若手社員の責任にする場合も目にします。最近の若い人はモチベーションが低いなどといって、育たない責任を若手社員にもってきます。おそらく、その考えをしている限りは、人材育成が進まないでしょう。必ずといっていいほど、世代間の価値観のギャップは生まれます。

若手社員の変化に合わせて、育てる側も意識を変えていく必要があります。環境変化に対応できないまま、高齢化が進む中小企業も多く存在します。

【社員の主体性を引き出すコーチングスキル】

 

 

中小企業の人材育成方法

コーチング

中小企業の人材育成方法について、大企業より力を入れられないのは仕方が無いでしょう。OJTが基本になります。中小企業のメリットは、組織のコンパクトさです。コミュニケーションを密にできることがメリットです。

 

コミュニケーションの機会を増やす

人材育成の前提として、モチベーションがとても重要になります。若手社員のモチベーションを高められるかどうかで、人材育成の効果が変わります。上司のコミュニケーション能力によって左右されます。

若手社員のタイプにもよりますが、褒められて伸びるタイプ、叱られて伸びるタイプなどさまざまです。若手社員のタイプに合わせて、コミュニケーションの取り方を柔軟に変えることが望ましいでしょう。そのためには、若手社員のタイプを知る必要があります。コミュニケーションの機会を増やすことで、若手社員のタイプを知ることができます。

 

人材育成のためのバッファをつくる

中小企業の人材育成が進まない理由に、そもそも人材育成のための時間が取れないということもあります。まずは人材育成するための余裕が必要です。そのためにも、生産性を改善し、余裕をつくります。時間が無いから人材育成ができない→人材育成ができないから収益性が上がらない→収益性が上がらないから時間が無くなる→・・このような負の循環を避けることが大切です。

【社員の主体性を引き出すコーチングスキル】

 

 

コーチング・コミュニケーションを取り入れる

コーチング・コミュニケーション

日本の会社の生産性の低さが指摘されています。そして、その責任は中小企業の生産性が低いからだといわれています。中小企業の生産性を高めるためには、人材育成が重要です。人材育成するためには、社員のモチベーションを高める必要があります。社員のモチベーションを高める組織風土になるかどうかは、コミュニケーションの質にかかっています。コーチング・コミュニケーションを取り入れて組織を活性化させましょう。

【社員の主体性を引き出すコーチングスキル】