中小企業の人材育成を強化する教育訓練の取り組み

コーチング・コミュニケーション

人材育成のための社内教育を強化する会社の目的と課題と対策方法について説明します。人材育成は重要です。社員が成長しない限り、会社の業績は高まらないからです。

人材育成は、上司や先輩が行う社内教育がメインになります。しかし、社内教育にはメリット・デメリットが存在し、人材育成効果を高めるにはメリット・デメリットを念頭に置いて行う必要があります。社内教育のメリット・デメリットも併せて説明します。

【社員のモチベーションをアップするコミュニケーションスキルについて】

【目次】

 

人材育成には社内教育の強化が大切

コーチング・コミュニケーション

人材育成の方法として、大きくOJTとOFF-JTにわかれます。社内教育はOJTに該当します。教育訓練費が大きく取れない中小企業は社内教育が主となります。

 

社内教育による人材育成の目的

社内教育による人材育成の目的は、仕事に直接的なノウハウをマスターしてもらうことです。社外教育の場合、体系的なことが学べますが、現在の仕事に関係の無いことも存在します。

社内教育であれば、すべて現在の仕事に関係あることを教えられます。社内教育することによって、同じ仕事ができる人材が増え、生産性の向上が素早くできるのです。

 

社内教育による人材育成のメリット・デメリット

社内教育による人材育成のメリット・デメリットは上述したものを含めて、以下のようなものがあります。

【メリット】
・仕事に直接的なことを教えることができる
・自社のノウハウを教えることができる
・生産性向上に直結する
・仕事を止めずに教育できる
・社外教育に比べてコストが安い

【デメリット】
・体系的な知識が学べないため、社内の情報に知識が偏る
・教育者である上司や先輩の教えるスキルに効果が左右される

【社員のモチベーションをアップするコミュニケーションスキルについて】

 

 

人材育成に社内教育の効果が生まれない理由

コーチング・コミュニケーション

中小企業が行っている人材育成は、社内教育であることが多いです。しかし、社内教育のメリットよりもデメリット面が現れるケースがみられます。人材育成に社内教育の効果が生まれない理由を説明します。

 

社内教育による人材育成の課題

社内教育による人材育成の課題は、上述したデメリットに沿うものになります。社内の情報に偏ることがあります。昔からやってきたことが、会社では当たり前となります。たとえ、他の会社では時代遅れになっていたとしても、成功体験から離れられず、昔のやり方を次の世代にも教え続けます。社内教育に偏ると、逆に変われない企業体質に陥る場合があります。

また、教える上司、先輩の教える能力に左右されます。多くの技術系の中小企業では、見て覚えろで育った世代は、自分も教わっていないので教えることができません。新しい世代は、教えてもらわないとやりません。そのため、社内教育が進まず、技術承継問題などが表面化しはじめています。

 

組織風土、人間関係が大きく影響する

社内で教育することから、組織の風土が大きく影響します。そもそも人材育成に対する意識の高い会社か、低い会社により、社内教育の効果は大きく差が開きます。また、社内で教育するということは、教える側、教わる側の人間関係が大きく影響します。もし上司が嫌い、部下が嫌いということが発生したら社内教育がうまく進まないでしょう。

社内教育による人材育成の効果を高めるには、組織風土、人間関係を改善することが大切です。

【社員のモチベーションをアップするコミュニケーションスキルについて】

 

 

社内教育による人材育成の効果を高める方法

コーチング・コミュニケーション

社内教育による人材育成の効果を高める方法について説明します。上述したように組織風土、人間関係改善することが大切です。組織風土の点では、新しい方法を受け入れる風土にすることも大切です。

 

職場内のコミュニケーションを活性化する

組織風土、人間関係は職場内のコミュニケーションを活性化することが大切です。つまり、なんでも発言しやすい環境を整えることが大切です。新しい提案をすぐ否定されるのであれば、社員も発言しづらいでしょう。すぐ怒る上司や先輩がいたら、社員も相談しづらいでしょう。コミュニケーションが活発に行われる職場づくりが重要です。

 

教育者のコミュニケーション能力を強化する

上述したように、社内教育では、教育者である上司、先輩のコミュニケーション能力が重要です。発言しやすい職場づくりをするためにも上司の役割が大切です。上司が発言しにくいピリピリした空気をつくっているのであれば、なかなか改善が進まないでしょう。まずは上司のコミュニケーション能力を強化することが大切です。そのコミュニケーション能力の中でも「聴く力」です。多くの上司となる人は、「話す力」はすでに強化されています。

【社員のモチベーションをアップするコミュニケーションスキルについて】

 

 

コーチング・コミュニケーションを取り入れよう

コーチング・コミュニケーション

中小企業での人材育成は社内教育が主となります。そして、社内教育の効果を高めなければ、人材育成効果が上がりません。

人材育成は重要です。社員が成長しない限り、会社も成長しないからです。人材育成の効果を高める方法として、社内の組織風土、人間関係を改善することが大切です。そのためには、上司の聴く力コミュニケーション能力強化がもとめられます。

聴く力コミュニケーション能力を強化する方法として、コーチング・コミュニケーションのセミナーを行っています。ぜひコーチング・コミュニケーションを取り入れて、社内教育の人材育成の効果を高めてください。

【社員のモチベーションをアップするコミュニケーションスキルについて】