中小企業が人材育成を強化する手法とメリット

コーチング・コミュニケーション

コロナウイルスの感染拡大で、中小企業の人材を取り巻く環境は大きく揺れています。

これまで人手不足だからと必死に人材を確保していた会社は、急に人余りの状態になっているかもしれません。

人件費という大きな固定費で苦しむことになるかもしれません。

中小企業は、少ない人数で大きな利益を上げる、いかに生産性を高めるかが課題です。

生産性を高めるには人材育成の強化が欠かせません。

人材育成を強化する手法とメリットについて説明します。

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】

 

【目次】

 

 

中小企業が人材育成を強化するメリット

コーチング・コミュニケーション

中小企業に限らず企業の経営の基盤を支えるのは人材です。

そのため、人材育成の強化はとても重要な意味を持ちます。

中小企業が人材育成を強化したときに得られるメリットについて説明します。

 

 

生産性の改善

生産性は人材のスキルレベルによって左右されます。

1時間に1個しかできない新入社員と1時間に100個できるベテラン社員では、生産性が大きく異なります。

人材のスキルが上がれば上がるほど、コストダウンできることを意味します。

作業が短時間で終われば、新しい商品の開発などにも手が回ります。

人材育成を強化することで、会社の収益性を高めるための生産性改善が進みます。

 

 

技術承継の課題解消

近年、中小企業ではベテラン技術者の技術の承継が課題になっています。

技術承継が進まずに廃業に迫られる企業も存在します。

会社を持続的に成長させていくためには技術を承継する人材育成を強化することが大切です。

技術承継が進むことにより、一人に経営を依存する体質からも脱却できることになり、経営の安定化が進みます。

人材育成を強化することで、技術承継の課題が解消されます。

 

 

 

中小企業の人材育成が進まない理由

コーチング・コミュニケーション

中小企業では人材育成の強化がもとめられていますが、進まない企業も多いのが現状です。

中小企業の人材育成が進まない理由について説明します。

 

 

人材育成の時間が取れない

まず、人材育成の時間が取れないということがあります。

生産性が低いので、生産を止めてまで人材育成に時間をかけることができません。

仕事を止めずに作業を教えるOJTが基本になります。

作業を止めてじっくり教えなければならない、熟練技術になると人材育成が進みません。

体系的な知識を得るOFF-JTを受けられる社員はほとんどいないでしょう。

 

 

人材育成の大切さを理解していない

中小企業の人材育成が進まない理由は、人材育成に対する意識の低さもあります。

また、昔ながらの「見て覚えろ」で育った世代は、教えることが苦手です。

若手社員が育たないことを若手社員の責任にするため、改善が進みません。

人材の高齢化がかなり進んでから、危機意識を持ちますが、高齢化が進んだ会社には若手社員がなかなか入ってきません。

常に人材育成の大切さを意識することが大切です。

 

 

 

中小企業の人材育成を強化する手法

コーチング・コミュニケーション

中小企業にとって人材育成を強化することは、会社を持続可能な状態にするためにも大切です。

中小企業の人材育成強化する方法について説明します。

 

 

ビジョンを明確化する

まず会社のビジョンを明確化することが大切です。

人材育成とは関係ないように感じるかもしれませんが、社員のモチベーションに影響します。

モチベーションの高い社員と低い社員。

人材育成の効果があらわれやすいのは、モチベーションの高い社員です。

モチベーションを高めるためには、会社の将来性を感じさせることと、自分自身の仕事の意味を感じさせることです。

そのためには、まず会社がビジョンを明確にすることが大切です。

 

 

人事戦略を立てる

会社のビジョンが明確になれば、人事戦略が立てられます。

どの様な人材が、どのくらいの人数、いつ頃に必要になるかが明確になります。

それに合わせて、人材の採用、育成計画が立てられるようになります。

人事戦略が社員に浸透していれば、ベテラン社員も人材育成の責任を感じるようになるでしょう。

人材育成を強化するために、人事戦略を立てましょう。

 

 

 

人材育成の大切さを理解することが最も重要

コーチング・コミュニケーション

コロナウイルスの感染拡大など、会社を取り巻く状況は目まぐるしく変わります。

そのときに、指示待ちの人材か、主体的に動いてくれる人材かで会社が危機を乗り越えられるかが変わります。

組織力を強化するためには人材育成が欠かせません。

人材育成を強化するためには、まずは「人材育成が重要」という認識を全社員で共有することです。

「人材育成が重要」という認識がないと、いくら仕組みがあっても活用されません。

経営者はまずは、人材育成の大切さを社員に理解してもらうことが重要です。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】