人事評価制度-目標設定の方法

コーチング・コミュニケーション

人材の流動性が高まる中、優秀な人材の囲い込みが大切です。

そのため、社員のモチベーションを高めるように、人事評価制度を工夫することが必要です。

評価する側と評価される側、対立関係になりかねません。

社員のモチベーションを高めるような目標設定の方法について説明します。

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】

 

【目次】

 

 

人事評価制度は社員のやる気を左右する

コーチング・コミュニケーション

人事評価制度は、永遠の課題に感じます。

絶対的な正解は無いでしょう。

常に試行錯誤を重ねながら、ブラッシュアップすることが大切です。

人事評価制度の目的は、「公平に評価し、やりがいにつなげる」を満たすことだけは最低限必要です。

 

 

公平性があること

もし、人事評価制度が無かったとしたら、社長の主観により、給料が決められることになります。

その評価基準がブラックボックスになってしまうと、何をやったら給料が上がるのかわかりません。

時として、自分より仕事をしていないのに、社長と仲が良いからというだけで評価が上になっている場合もあるかもしれません。

不公平感を感じると、人はモチベーションが下がります。

仕事をしてない人より給料が低いなら、その基準に合わせて仕事を抑えます。

それは会社にとってとても致命的なことになります。

そこで、社員を公平に評価し、何をしたら評価が高まるのかを明確にすることが大切です。

 

 

やりがいにつながること

何をしたら評価が高まるのかが明確になると、基準ができます。

評価が高まるごとに、成長を実感できるようになります。

自身の成長と会社への貢献、顧客への貢献が結びついていることが実感できれば、やりがいを感じるようになります。

モチベーションが高まり、それが成長につながり、それがやりがいを高め、モチベーションを持続させる。

そのような好循環を生み出す人事評価制度がもとめられます。

 

 

 

人事評価制度の目標設定が難しい

コーチング・コミュニケーション

人事評価制度において、まず難しいのが目標設定です。

目標管理制度も近年デメリット面が指摘されるようになっています。

それは目標達成と給料決定が結びついているからです。

 

 

目標は高すぎても低すぎてもダメ

目標設定は高すぎても低すぎても問題があります。

目標は多くの場合、給料と結びついている場合、低めに目標設定した方が社員に有利になります。

社員側としては低く目標設定したいですが、会社としては問題となります。

高すぎると「どうせ無理だと」やる気を失います。

会社も社員も納得する目標に設定する必要があります。

 

 

不公平感があってもダメ

目標設定は他の社員との公平感も必要です。

他の人よりも自分だけ厳しい目標になっていても納得いかないでしょう。

不公平感は社員のやる気をなくさせます。

会社からの期待感と社員との受け取り方にギャップがあってもミスマッチが発生します。

日ごろからコミュニケーション取ることが大切です。

 

 

 

目標管理制度のデメリットを考慮する

コーチング・コミュニケーション

目標管理制度は、目標設定を社員側に決めさせることによって、「自分で決めた目標だからやる気出すはず」という制度です。

しかし、実際は目標は会社側が決めることが多いので、前提が崩れます。

また、社員側としてはできれば低い目標にした方が、達成確率が高くなります。

そのため、ミスマッチが発生し、社員のモチベーションを下げてしまいます。

 

 

結果だけでなくプロセスも評価する

目標設定のレベルが高くなればなるほど、やる気をなくすかもしれません。

仕事は成果が大切ですが、プロセスもしっかり見ることが大切です。

よく会社側は「イノベーションを起こせ」と言いますが、イノベーションは「これまでに無いこと」なので失敗がつきものです。

失敗したら、給料下がるのであれば、「イノベーションを起こせ」といいながら、「イノベーションをさせない」仕組みになっています。

失敗すらも、チャレンジたという行動力を評価する仕組みが必要です。

もちろん、取り返しのつかない失敗は避ける必要があります。

 

 

期待することを日ごろからコミュニケーションをとる

人事評価制度に不満が生まれるのは、上司と部下の信頼関係が無いからともいえます。

この上司は自分のことを正しく評価してくれないと感じるから不満につながるのです。

目標設定について、上司から押し付けられると上司への不信感が大きくなります。

しかし、上司も会社側の目標を達成する為に、部下に目標を達成してもらう必要があります。

そのことを日ごろからコミュニケーションをとっておくことが大切です。

信頼関係を構築しておかないと、不信感が多きくなり、モチベーションを下げます。

 

 

 

1on1ミーティングとうまく組み合わせる

コーチング・コミュニケーション

社員のモチベーションを高める、エンゲージメントを高めるなどがもとめられています。

その方法の一つとして、人事評価制度を工夫するということがあります。

絶対的な正解は無いので、社員とコミュニケーションをとりながらブラッシュアップすることが大切です。

目標設定はどうしても会社主導になるため、近年は1on1ミーティングを組み合わせて、社員のモチベーションを高める取り組みがあります。

コミュニケーションを密にしながら、上司と部下の信頼関係を強化してください。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】