リーダーシップの重要性-リーダーの意思決定によって将来が決まる

コーチング・コミュニケーション

地政学リスクがころころ変わり、新しいビジネスが次々と誕生し、競争環境の変化が激しいです。その荒波の中、リーダーの責任はとても重いものとなります。発揮するべきリーダーシップの重要性について説明します。

【社員のモチベーションを引き出すコミュニケーションスキル】

【目次】

 

リーダーシップは重要

コーチング・コミュニケーション

リーダーシップが重要。あらためて言われなくてもわかっていることだと思いますが、「具体的にリーダーシップとは何なのか?」と訊かれると定義が曖昧だったりします。そこで改めてリーダーシップについて説明したいと思います。リーダーシップ理論はさまざまありますが、シンプルに考えると次の2つです。

 

方向性を判断すること

リーダーの役割は、方向性を示して、そこへ向かう過程で意思決定を行うことです。方向が間違っていたり、迷って意思決定できないとなると、メンバーは不安になります。そもそも方向が間違ってしまうと、どんなに優秀なメンバーがいてもチームは失敗します。方向性を判断し、正しい意思決定を行うリーダーの責任は大きいです。

 

メンバーがついてきてくれること

リーダーはメンバーがついてきてくれてこそ、その力を発揮できます。どんなに素晴らしい方向性をもっていたとしても、メンバーがついてきてくれなかったら実行できません。メンバーにリーダーと認められて、初めてリーダーシップをとることができます。メンバーとの信頼関係構築するコミュニケーション能力がもとめられます。

【社員のモチベーションを引き出すコミュニケーションスキル】

 

 

リーダーシップが発揮できない理由

コーチング・コミュニケーション

リーダーシップが重要とわかっていながらリーダーシップが発揮できない理由はどのようなものがあるのでしょうか。大きくは次の2つがあります。

 

失敗への恐れ

まず、失敗への恐れです。最初の頃は果敢に攻めて、チャレンジして出世してきた上司も、ある程度成功すると守りに入り始めます。近年は、外部環境が目まぐるしく変化し、さまざまな競合企業も現れます。そのため、判断に迷うケースがよくあると思います。その際、戦略的に様子を見るのか、迷って決められないのかで大きく異なります。失敗を恐れて迷って決められずに、後手後手に回って、結局失敗するリーダーがいます。

 

コミュニケーション能力不足

メンバーがついてこないのは、コミュニケーション能力不足によるものです。リーダーは方向性を示したり、意思決定の結果をメンバーに伝えなければならないのです。伝えたけどメンバーがついてこないのであれば、信頼関係が構築されていないことが原因です。メンバーとの信頼関係ができていないのは、コミュニケーションの質の問題です。上から命令ばかりしていたら、メンバーはうんざりしているかもしれません。コミュニケーションの質の改善がもとめられます。

【社員のモチベーションを引き出すコミュニケーションスキル】

 

 

リーダーシップ力を強化するために

コーチング・コミュニケーション

リーダーシップ力を強化するための提案はコーチングを取り入れることです。コーチングを受ける、学ぶ両方の効果を取り入れることでリーダーシップを強化できます。

 

コーチングを受ける

コーチングとは、クライアントの視点を広げつつ、意思決定をサポートするものです。そのコーチングを受けることで、経営判断の精度とスピードがアップします。リーダーと言えども、やはり成功体験などの価値観に縛られます。中間管理職になると、失敗を恐れます。チャレンジして失敗するのと、チャレンジしなかったことで失敗するのとどちらが望ましいのかなど、視点を広げ自問自答します。必ず意思決定と行動がセットになるので、リーダーとしての成長が促されます。

 

コーチングを学ぶ

コーチングを学ぶことで、コミュニケーション能力の強化がはかれます。コーチングとは「聴く力」に重点をおいたコミュニケーションスキルです。コミュニケーション能力は「話す力」と「聴く力」があって、初めて成り立ちます。リーダーは基本「話す力」は強いです。しかし、「聴く力」のトレーニングを行ったことが無い人が多いです。「聴く力」が無いリーダーには、メンバーはついていこうとしないことが多くなります。

【社員のモチベーションを引き出すコミュニケーションスキル】

 

 

コーチング・コミュニケーションを取り入れる

コーチング・コミュニケーション

リーダーシップを発揮するためには、さまざまな要因が複合的に絡み合うのでわかりにくくなります。しかし、シンプルに考えると、「方向性を示し意思決定すること」と「メンバーがついてくること」の2つです。どちらもコミュニケーション能力がカギとなります。そこで、組織全体にコーチング・コミュニケーションを取り入れることをオススメします。普段のコミュニケーションからコーチングの考え方を取り入れることをいいます。セミナーを開催していますのでぜひご参加ください。

【社員のモチベーションを引き出すコミュニケーションスキル】