主体性を引き出すコミュニケーション研修セミナー

コーチング・コミュニケーション

企業を取り巻く環境が大きく変化してきています。

最近まで人手不足と悩んでいた企業が、コロナウイルスの感染によって人員調整に迫られていたりします。

会社が企業間競争に勝っていくためには、社員のモチベーションを高めて主体性を引き出すことが重要になります。

社員の主体性を引き出すためには上司のコミュニケーション能力の強化がもとめられます。

そのための、コーチング・コミュニケーション研修を実施しています。

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】

 

【目次】

 

 

社員の主体性を引き出さなければならない

コーチング・コミュニケーション

会社は社員の主体性を引き出さなければなりません。

その理由はさまざまですが、大きくは次の2つです。

 

 

上司に仕事の負担が集中する

部下に主体性が無ければ、いちいち細かいところまで上司が指示を出さなければなりません。

場合によっては、自分がやった方が早いからと、上司自身が仕事をやってしまう場合があります。

それを繰り返していると、上司にますます仕事が集中します。

上司がプレーヤーになってしまうと、重要なマネジメントができなくなります。

そのため、会社が成長できなくなるのです。

 

 

生産性を高めるために

生産性を高めるためにも、社員が主体性を持って働くことは重要です。

社員が自分自身で考えて行動するのと、上司からの指示を待って仕事をするのではスピードが異なります。

部下が多ければ多いほど、順番待ちが発生してしまいます。

そして、その間上司の仕事ができなくなります。

会社の生産性を高め、収益性を改善するためにも社員の主体性を引き出さなければなりません。

 

 

 

社員の主体性が引き出せない理由

コーチング・コミュニケーション

社員の主体性を引き出さなければならないことはわかっているのですが、現実的に難しいようです。

実際、日本の生産性は、他の先進国の企業に比べて低いです。

社員の主体性を引き出せない理由を説明します。

 

 

社員が保守的になっている

日本の企業の特性として、全体的に保守的になっていると言われています。

主体性を持って行動することは、同時に責任も伴います。

失敗を恐れるために、主体性を持って行動できないのです。

上司から指示されて、失敗したのであれば、上司に責任転嫁できるからです。

失敗を恐れなくて済む仕組みが必要です。

 

 

上司が原因になっている

保守的になっている理由として、会社や上司が原因になっていることがあります。

社員が保守的になっている要因は、会社や上司が失敗に対して罰を与えるからです。

主体的に動いて失敗してペナルティを与えられるよりも、何もしない方が安全だからです。

社員のモチベーションを下げる上司もいます。

否定や批判、怒ってばかりいる上司の元では、モチベーションが下がるでしょう。

 

 

 

社員の主体性を引き出すコミュニケーション研修

コーチング・コミュニケーション

社員の主体性を引き出せるかどうかは、上司の関わり方が重要です。

近年は、1on1ミーティングという手法を導入して、社員の主体性を引き出そうという取り組みをする会社が増えています。

 

 

主体性を引き出す1on1ミーティングを活用する

部下の主体性を引き出す1on1ミーティングとは、上司と部下の1対1の面談のことをいいます。

ただし評価面談とは異なります。

大きく異なるのは、目的と頻度です。

目的は、部下の主体性を引き出すことです。そのため、指示命令は行わず、部下のやりたいことを引き出します。

1回で主体性が引き出せるわけではないため、高頻度で継続的に繰り返します。

週1回~月1回の頻度で1on1ミーティングを行います。

 

 

1on1ミーティングの効果を高めるコーチング・コミュニケーション

社員の主体性を引き出す1on1ミーティングですが、誰がやっても同じ効果が出るかというと、そうではありません。

上司のコミュニケーション能力に左右されます。

1on1ミーティングの効果を高めるには、上司のコミュニケーション能力を強化する必要があります。

そこでオススメするのが、コーチング・コミュニケーションのトレーニングです。

「聴く力」の強化を目的としたコーチング・コミュニケーションを取り入れることで、上司のコミュニケーション能力を強化できます。

 

 

 

コーチング・コミュニケーション入門セミナー実施中

コーチング・コミュニケーション

企業間競争がグローバルに広がっています。

成功したいという意欲に燃えている外国人と、今の生活レベルを落としたくない日本人。

主体性は企業間競争力に現れます。

社員の主体性を引き出すことは、上司にとって必須の課題です。

上司がコミュニケーション能力を強化することによって、部下の主体性を引き出すことができます。

そのための、コーチング・コミュニケーション入門セミナーを実施しています。

ぜひご参加ください。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】